ロードバイクの情報を発信しています!

サム・ベネットが15万円のアルミフレームで開幕戦を走る?

海外情報
Photo Ide Schelling instagram
この記事は約4分で読めます。

Deceuninck QuickStepとBora Hansgroheの何名かは、フレーム価格15万4千円のアルミニウムSpecialized Allez Sprint Discを使用して開幕戦を迎える。

これは、サントス・ツアーダウンアンダーに先駆けておこなわれる、シュワルベ・クラシックでアルミニウムSpecialized Allez Sprint Discを使用して走るというものだ。

まあ、Specializedの宣伝のためでしょうね。

 

スポンサーリンク

Specialized Allez Sprint Disc

こちらはSpecialized Allez Sprint Discの公式サイトのビデオ。

Allez 1

実は、これは昨年も行われていてサガンとチームメイトの一部がアルミニウムフレームでカスタムペイントされたSpecialized Allez Sprint Discに乗って走っている。

サガンがアルミニウムのフレームに乗って走ったとなればスゴイ宣伝になりますからね。

 

シュワルベ・クラシックは毎年恒例の、UCI非公式前哨戦クリテリウムで顔みせクリテリウムだ。

サントス・ツアーダウンアンダーの前に開催される。シュワルベはドイツのタイヤメーカーでスポンサーとなったようだ。昨年までダウンアンダークラシックと呼ばれていた。

昨年はシクロクロス形式で1時間で終了という不明確な距離だったが、今年はきっちりと1.7㎞の周回コースを30周走って51kmの距離が決まっている。

 

Specialized Allez Sprint Discに乗ってレースするライダーは

Deceuninck QuickStep
  • サム・ベネット
  • イーリョ・ケイセ
  • シェーン・アーチボルト

 


BORA – hansgrohe
  • エリック・パシュカ
  • ジェイ・マッカーシー
  • イデ・シェリン

イデ・シェリンがインスタグラムStoriesに投稿したSpecialized Allez Sprint Discもカスタムペイントされており、とても15万円のフレームには見えない。

 

Photo Specialized

フレームは、アルミニウムを使用するが、その他は通常のShimano Dura-Ace R9170ディスクブレーキと、CeramicSpeedを装備したRoval CLX ホイールで装備される。 

 

今回のシュワルベのコースは全くのフラットだ。平地の場合にはバイクの重量はほとんど関係がない。それについては以下の記事で少し書いているのでご参考までに。

 

Specializedとしては、安いアルミニウムのバイクフレームで良い成績を上げてくれるとスゴイ宣伝となるでしょうね。

 

サム・ベネットが実際に使用 Photo: Rob Arnold

 

追記

ツアーダウンアンダーコレクションとして、Specialized Allez Discがサイトに出てました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました