ロードバイクの情報を発信しています!

INEOS Grenadiersのカルロス・ロドリゲスがセップ・クスにひかれる衝撃の映像

海外情報
UnsplashBen Hersheyが撮影した写真
この記事は約3分で読めます。

2023ツール・ド・フランス第20ステージの、バロン・アルザスの下りでカルロス・ロドリゲスが落車。

それにセップ・クスが乗り上げてしまった。二人は血だらけで完走。

 

テレビカメラではとらえられていなかったが、ユーザーがまじかで撮影。この落車の様子は衝撃的だ。まさに紙一重でカルロス・ロドリゲスは頭部外傷を免れている。

 

スポンサーリンク

ペッリョ・ビルバオのハンドリング

 

上記の動画見て貰うと、後半にスローがあるけど実にギリギリで大惨事を避けている。

カルロス・ロドリゲスは、ヨナス・ヴィンゲゴーの後ろを走っている。

 

上記動画より 以下同様

 

カルロス・ロドリゲスが転倒した後に、セップ・クスは、背中を引いてしまった。これだけでも痛そう。

 

 

問題はこのシーン。後ろを走っていたBahrain Victoriousのペッリョ・ビルバオはカルロス・ロドリゲスの顔に向かっている。

 

 

カルロス・ロドリゲスが転がっているのもあるけれど、ペッリョ・ビルバオのハンドリングも凄い。

 

 

セップ・クスは、宙をまった後にすぐに立ち上がっているけど、脳震盪プロトコルもくそもなく走り去っている。

 

 

問題はこの場面だ。オマール・フライレがバイクを持っており、カルロス・ロドリゲスが立ち上がって、歩いているのだけど、どうみてもふらついている。

UCIは2020年に脳震盪プロトコルのルールを作成している。

 

今回、すぐに走りだしているけど、陪審員は何をしていたのかと、言わざるを得ない。通常は、手順に沿って、脳震盪の症状がないかチェックしないといけない。

何事もなくゴールしたから良かったけれど、途中で倒れていたらと思うとゾッとする。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました