ロードバイクの情報を発信しています!

アレクサンダー・クリストフがノルウェーの古巣に戻る

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

これも噂通り、Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxのアレクサンダー・クリストフがUno-X Pro Cycling Teamに移籍を発表した。

アレクサンダー・クリストフは35歳であり、母国ノルウェーのチームで最後に走ることになりそうだ。

 

スポンサーリンク

3年契約

 

Uno-X Pro Cycling Teamとの契約は3年。35歳のアレクサンダー・クリストフと38歳までノルウェーのチームで走る。

スプリンターなので、年齢的にも引退まで走ることは確実と言っても良いだろう。

アレクサンダー・クリストフのパルマレスは素晴らしい。

  • ツール・ド・フランス ステージ4勝
  • 2014 ミラノ~サンレモ優勝
  • 2015 ロンド・ファン・フラーデレン 優勝
  • 2019 ヘント〜ウェヴェルヘム 優勝
  • ツール・ド・オマーン ステージ9勝
  • ツアー・オブ・ノルウェー ステージ9勝

 

2020ツール・ド・フランス第1ステージではスプリントを制してマイヨジョーヌも獲得している。

 

Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxに移籍した2022年もクラシカ・デ・アルメリアで優勝。

 

 

更に、地元ツール・ド・ノルウェー第6ステージでも優勝している。

 

35歳となっても3勝を積み重ね、キャリア84勝まで伸ばしている。Uno-X Pro Cycling Teamとは、昨年の夏に接触があったことを明かした。

だが、その時には具体的な話はすすまなかった。Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxにも未練はあるが、Uno-X Pro Cycling Teamのように3年契約という提案は当然ない。

アレクサンダー・クリストフの目標は、チームがグランドツアーに招待されるように活躍して後押しすることだ。

 

アレクサンダー・クリストフはインタビューで以下のように語る。

今後もパフォーマンスを続けられることを願っている。それが野心だが、年を重ねると簡単にはならない。

しかし、チームは私と一緒により多くの PR を生み出していることも理解していると思う。また、チームの若いライダーに私の経験を伝えたいと思っている。

これまで3年契約にサインしたことはない。

Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxもそこまで行きたくなかった。オッサンに3年契約を与えたいという自信の表れだ!

 

アレクサンダー・クリストフは、プロチーム所属となったが、来年春からの活躍を期待せずにはいられない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました