ロードバイクの情報を発信しています!

2024 サントス・ツアー・ダウンアンダー第2ステージ 歴史を作る男となるのか?

海外情報
Photo credit: denisbin on VisualHunt
この記事は約18分で読めます。

第1ステージは、BORA – hansgroheに移籍したサム・ウェルスフォードが勝利。

ダニー・ファンポッペルという強力なリードアウトを見事に生かせてみせた。第2ステージでは、どうだろうか。スタートから登っており、純粋なスプリンターが残るのは難しい。

そうなると、リーダージャージは他者に移ることになる。

 

スポンサーリンク

第2ステージ  ノーウッド~ロベサル  141.6km

コースプロフィール photo tourdownunder

 

第2ステージは35kmのローカルサーキットを3周。フォックス クリードの登りは3回あり、最後の登りでパンチャーが飛び出す可能性に期待したい。

さて、誰がゴールに最初に飛び込んでくるだろうか?

 

  1. 2級山岳 Ashton   10km・4.3%
  2. スプリントポイント  Woodside
  3. 2級山岳 フォックス クリード 1.6km・7.5%
  4. スプリントポイント Lobethal
  5. 2級山岳   フォックス クリード 1.6km・7.5%

 

2人の逃げ

最初の登りから、二人が逃げている。

  1. ジャルディ・クリスティアン EF Education-EasyPost
  2. ルーク・バーンズ Australia

 

2級山岳 Ashton   10km・4.3%

ここは流石にワールドツアーライダーが先着。

 

集団は3分28秒差。ジュリアン・アラフィリップは、集団後方にいる。

 

山岳ポイントの3位通過は、オーストラリアのトリスタン・サンダース。

  1. ジャルディ・クリスティアン EF Education-EasyPost 7ポイント
  2. ルーク・バーンズ Australia 5ポイント
  3. トリスタン・サンダース Australia 3ポイント
  4. リアム・ウォルシュ Australia 1ポイント

 

残り118.6kmで5分49秒差。

 

スプリントポイント  Woodside

ここも、ジャルディ・クリスティアンがトップ通過。

 

ただ集団トップは、アイザック・デルトロだった。

UAE Team Emiratesでは、19歳のアントニオ・モルガドと並んで期待の星だ。

 

  1. ジャルディ・クリスティアン EF Education-EasyPost 3ポイント
  2. ルーク・バーンズ Australia 2ポイント
  3. アイザック・デルトロ UAE Team Emirates 1ポイント

 

残り104.5kmで5分41秒差に。

 

集団は5分36秒差で通過。ここがゴールラインのようだ。

 

2級山岳 フォックス クリード 1.6km・7.5%

あららっ、ここではルーク・バーンズが先着した。これで16ポイント獲得なので、山岳賞トップに。

 

集団のトップは争いがなく通過。

  1. ルーク・バーンズ Australia 7ポイント
  2. ジャルディ・クリスティアン EF Education-EasyPost 5ポイント
  3. マイケル・ヘップバーン Team Jayco AlUla 3ポイント
  4. フィリップ・マチエユク BORA – hansgrohe 1ポイント

 

スプリントポイント Lobethal

ここはジャルティ・クリスティアンがトップ通過。

 

そして、後続はなんとカレブ・ユアンが中間スプリントに顔を出してきた。調子が上向きになってきたのだろうか。

  1. ジャルディ・クリスティアン EF Education-EasyPost 3ポイント・3秒
  2. ルーク・バーンズ Australia 2ポイント・2秒
  3. カレブ・ユアン Team Jayco AlUla 1ポイント・1秒

 

INEOS Grenadiersのエリア・ヴィヴィアーニがバイク交換して走りだした。

 

エリア・ヴィヴィアーニは無事に復帰。隣はAlpecin-Deceuninckのスタンファン・トリヒト。

 

先頭を走る、ジャルディ・クリスティアンがメカトラだ。

 

バイク交換して走りだしたけれど、これは痛い。先頭まで追いつかないと。次の山岳ポイントを取らないと今日の山岳賞ジャージはない。

 

ルーク・バーンズは、少しペースを落として待っていたようで無事に復帰。

 

2級山岳   フォックス クリード 1.6km・7.5%

山岳ポイントまで1km。後続は2分48秒離れているので、二人の戦いだ。これで山岳賞ジャージが決まる。

 

残り200mでジャルディ・クリスティアンが仕掛けたけれど、ルーク・バーンズがかわした。

 

これでルーク・バーンズは、山岳賞ジャージ決定だ。

  1. ルーク・バーンズ Australia 7ポイント
  2. ジャルディ・クリスティアン EF Education-EasyPost 5ポイント
  3. マイケル・ヘップバーン Team Jayco AlUla 3ポイント

 

残り20.6km。タイム差はなくなった。

 

残り20.4kmで二人は捕まる。

 

カレブ・ユアンはパンクなのかバイク交換。

 

カレブ・ユアンが無事に集団復帰。隣はUAE Team Emiratesのアイザック・デルトロ。

 

スプリンターは全員残っており、これはスプリントになるのか。

 

Bahrain Victoriousのヒィル・バウハウスが脱落。

 

先頭では、ルーク・プラップが集団を引きのばす。後ろはジュリアン・アラフィリップ。

 

残り8.5km。ルーク・プラップがチャレンジだ。

 

リーダージャージのサム・ウェルスフォードも遅れた。

 

残り8km。ルーク・プラップにINEOS Grenadiersのヨナタン・ナルバエスだけが追従。

 

二人は登りで抜け出した。残り6.8kmだけど、逃げ切れるのか。

 

ルーク・プラップがアタック!

 

だが、ヨナタン・ナルバエスは逃がさない。

 

しかし、二人は捕まってしまった。

 

ルーク・プラップも一旦は集団に。

 

残り4.4kmでLidl-Trekのクイン・シモンズがアタック!

 

二人の逃げとなる。

  1. クイン・シモンズ Lidl-Trek
  2. バスティアン・トロンション Decathlon AG2R La Mondiale Team

 

後方の集団からUAE Team Emiratesのアイザック・デルトロがスパートだ。

 

前を走るクイン・シモンズとバスティアン・トロンションを一気にパス。

 

アイザック・デルトロは、1.3km先のゴールまで駆け抜けるのか?

 

集団は後ろにいるけど、距離が開いている。

 

なんというスピード!   集団を100m以上引き離している。

 

Israel – Premier Techのコービン・ストロングとステューブン・ウィリアムズが迫る。

 

だが、まだ距離があるぞ。アイザック・デルトロは、後ろを確認。

 

 

アイザック・デルトロは、ゴール前から手をあげる余裕の走り。

 

  

なんと、まだ20歳の若者がプロ入り初のステージレースで、優勝を飾ってしまった。しかも、ワールドツアーレースだ。

こういった走りが出来るのは一握りのライダーだけだ。マチュー・ファンデルプール、ワウト・ファンアールト、タデイ・ポガチャルを彷彿とさせる凄まじいスピード。

今年は、著しい成長がなければグランドツアーへの挑戦はないと言われているけれど、タデイ・ポガチャルのデビューよりも早く勝利まであげてしまった。

山岳でどれだけ走れるのか。ひょっとして総合も狙える位置で最後までいくかもしれない。

 

スポンサーリンク

リザルト

第2ステージリザルト

ステージ優勝したアイザック・デルトロのコメント

これは本当に信じられない、クレイジーだ……本当にわからない。

どういう意味?どういう意味なんだろう?昨年はすでに想像を絶するものでしたが、今回は……すみません、本当になんと言っていいかわかりません。

ステージ優勝を夢見ていた。本当に素晴らしい気分だ。ツアー・ダウンアンダーは素晴らしいレースだ。チームは素晴らしい仕事をしてくれたし、雰囲気も本当に素晴らしい。

チームからのサポートをすごく感じるよ。正直なところ、最後の1キロは本当に5キロのように感じた。すでに成功したラウンドを振り返ることができるし、今加わった他のすべてはボーナスだ。

 

2位のコービン・ストロングのコメント(公式サイトより)

勝利を逃すのは本当に悔しい。今日のチームは本当に非常に良い走りをして、2位と3位でフィニッシュした…それはほろ苦い。私たちはこのステージを本当にうまくやっていたので、今日は本当に勝ちたかった。

しかし、私たちはデル・トロを祝福しなければならない。彼が決勝でやったことはとても素晴らしかった。

チームは本当に強力で、我々全員がそれを信じている。これからのステージに向けて意欲的に取り組んでいけると思う。ツアー・ダウン・アンダーに向けて、私の調子はすでに良好だった。今は平坦なステージがいくつかあるが、それは週末に実際に起こるだろう。最終週末を良いポジションでスタートしたいと思っている。

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 DEL TORO Isaac
UAE Team Emirates 60
11″
3:29:37
2
 STRONG Corbin
Israel – Premier Tech 40
6″
,,
3
 WILLIAMS Stephen
Israel – Premier Tech 30
4″
,,
4
 GIRMAY Biniam
Intermarché – Wanty 25   ,,
5
 EWAN Caleb
Team Jayco AlUla 20
1″
,,
6
 BOVEN Lars
Alpecin – Deceuninck 15   ,,
7
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team 10   ,,
8
 VAN POPPEL Danny
BORA – hansgrohe 8   ,,
9
 KANTER Max
Astana Qazaqstan Team 5   ,,
10
 PITHIE Laurence
Groupama – FDJ 2   ,,
11
 TESFATSION Natnael
Lidl – Trek     ,,
12
 PARET-PEINTRE Valentin
Decathlon AG2R La Mondiale Team     ,,
13
 BONNAMOUR Franck
Decathlon AG2R La Mondiale Team     ,,
14
 FERNÁNDEZ Rubén
Cofidis     ,,
15
 MARIAULT Axel
Cofidis     ,,
16
 SERRANO Gonzalo
Movistar Team     ,,
17
 TRONCHON Bastien
Decathlon AG2R La Mondiale Team     ,,
18
 MORGADO António
UAE Team Emirates     ,,
19
 TREZISE Declan
Australia     ,,
20
 VADER Milan
Team Visma | Lease a Bike     ,,
21
 LAPEIRA Paul
Decathlon AG2R La Mondiale Team     ,,
22
 BERTHET Clément
Decathlon AG2R La Mondiale Team     ,,
23
 LÓPEZ Juan Pedro
Lidl – Trek     ,,
24
 FLYNN Sean
Team dsm-firmenich PostNL     ,,
25
 GAZZOLI Michele
Astana Qazaqstan Team     ,,
26
 BARRENETXEA Jon
Movistar Team     ,,
27
 ONLEY Oscar
Team dsm-firmenich PostNL     ,,
28
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers     ,,
29
 BARRÉ Louis
Arkéa – B&B Hotels     ,,
30
 RYAN Archie
EF Education – EasyPost     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 40 ▲39
 DEL TORO Isaac
UAE Team Emirates 10
11″
6:55:22
2 4 ▲2
 STRONG Corbin
Israel – Premier Tech  
9″
0:02
3 3
 GIRMAY Biniam
Intermarché – Wanty  
4″
0:07
4 66 ▲62
 WILLIAMS Stephen
Israel – Premier Tech  
4″
,,
5 5
 ZIMMERMANN Georg
Intermarché – Wanty  
3″
0:08
6 6
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates  
3″
,,
7 7
 BARRÉ Louis
Arkéa – B&B Hotels  
2″
0:09
8 9 ▲1
 EWAN Caleb
Team Jayco AlUla  
1″
0:10
9 8 ▼1
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers  
1″
,,
10 11 ▲1
 VAN POPPEL Danny
BORA – hansgrohe     0:11
11 10 ▼1
 KANTER Max
Astana Qazaqstan Team     ,,
12 23 ▲11
 BOVEN Lars
Alpecin – Deceuninck     ,,
13 25 ▲12
 PITHIE Laurence
Groupama – FDJ     ,,
14 21 ▲7
 TRONCHON Bastien
Decathlon AG2R La Mondiale Team     ,,
15 33 ▲18
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team     ,,
16 26 ▲10
 MARIAULT Axel
Cofidis     ,,
17 29 ▲12
 VADER Milan
Team Visma | Lease a Bike     ,,
18 41 ▲23
 FERNÁNDEZ Rubén
Cofidis     ,,
19 38 ▲19
 BERTHET Clément
Decathlon AG2R La Mondiale Team     ,,
20 43 ▲23
 MORGADO António
UAE Team Emirates     ,,
21 49 ▲28
 BONNAMOUR Franck
Decathlon AG2R La Mondiale Team     ,,
22 51 ▲29
 PARET-PEINTRE Valentin
Decathlon AG2R La Mondiale Team     ,,
23 31 ▲8
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious     ,,
24 30 ▲6
 HUBY Antoine
Soudal – Quick Step     ,,
25 32 ▲7
 CALMEJANE Lilian
Intermarché – Wanty     ,,
26 52 ▲26
 SERRANO Gonzalo
Movistar Team     ,,
27 36 ▲9
 SWEENY Harry
EF Education – EasyPost     ,,
28 16 ▼12
 GARCÍA CORTINA Iván
Movistar Team     ,,
29 46 ▲17
 RYAN Archie
EF Education – EasyPost     ,,
30 47 ▲17
 SMITH Dion
Intermarché – Wanty     ,,

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 3 ▲2
 GIRMAY Biniam
Intermarché – Wanty 41
2 7 ▲5
 STRONG Corbin
Israel – Premier Tech 39
3 4 ▲1
 EWAN Caleb
Team Jayco AlUla 37
4  
 DEL TORO Isaac
UAE Team Emirates 31
5 1 ▼4
 WELSFORD Sam
BORA – hansgrohe 30
6 2 ▼4
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious 25
7 8 ▲1
 VAN POPPEL Danny
BORA – hansgrohe 24
8 6 ▼2
 KANTER Max
Astana Qazaqstan Team 24
9  
 WILLIAMS Stephen
Israel – Premier Tech 22
10 5 ▼5
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers 18

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 3 ▲2
 BURNS Luke
Australia 23
2  
 VAN DER LEE Jardi Christiaan
EF Education – EasyPost 17
3 1 ▼2
 BARRÉ Louis
Arkéa – B&B Hotels 6
4 2 ▼2
 ZIMMERMANN Georg
Intermarché – Wanty 4
5  
 HEPBURN Michael
Team Jayco AlUla 4
6  
 HODEG Álvaro José
UAE Team Emirates 3
7  
 SAUNDERS Tristan
Australia 3
8 4 ▼4
 MARIAULT Axel
Cofidis 2
9 6 ▼3
 BAYER Tobias
Alpecin – Deceuninck 1
10 5 ▼5
 LEMMEN Bart
Team Visma | Lease a Bike 1

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 6 ▲5
 DEL TORO Isaac
UAE Team Emirates 6:55:22
2 5 ▲3
 PITHIE Laurence
Groupama – FDJ 0:11
3 4 ▲1
 TRONCHON Bastien
Decathlon AG2R La Mondiale Team ,,
4 7 ▲3
 MORGADO António
UAE Team Emirates ,,
5 2 ▼3
 VACEK Mathias
Lidl – Trek ,,
6 8 ▲2
 ONLEY Oscar
Team dsm-firmenich PostNL ,,
7 9 ▲2
 GAROFOLI Gianmarco
Astana Qazaqstan Team ,,
8 13 ▲5
 PALENI Enzo
Groupama – FDJ ,,
9 14 ▲5
 TREZISE Declan
Australia 0:36
10 18 ▲8
 TARLING Joshua
INEOS Grenadiers 0:51
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

  1. 毎日読者K より:

    ものすごいスピードと持久力。クリテリウムの活躍は偶然じゃなかったんですね。以前の記事で本人はクライマーと言ってましたっけ?笑

    UADのスカウトの目利きはすごい。ポガチャルもうかうかしてられませんね。

    • ちゃん より:

      若手のミニ・ツール・ド・フランスと呼ばれるレースで総合優勝。山岳も強いようなので、ウィランガヒルが楽しみですね。

      ほんと、早くからUAE Team Emiratesは目をつけてますね。しかもColnagoのバイクまで提供しているのだから。
      キャンプで、ポガチャルのホイールについていけたのは、アントニオ・モルガドとアイザック・デルトロだったとか。数年先にどうなっているでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました