ロードバイクの情報を発信しています!

UCIのブレーキレバー角度規則についてプロの意見は?

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

UCIが打ち出した、ブレーキレバーの内側への傾き角度の規制について、Lotto-Dstnyのヴィクトール・カンペナールツは痛烈に批判していた。

 

ツアー・ダウンアンダーからブレーキレバーの角度を測っているけど、レースに参加しているライダーは規制についてどう考えているのだろうか?

 

スポンサーリンク

ロベルト・ヘーシング Team Visma | Lease a Bike

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Robert Gesink(@robertgesink)がシェアした投稿

 

昨年のツアー・ダウンアンダーでは、第1ステージから骨折してしまったロベルト・ヘーシング。

 

今年は、プロ生活最後のシーズンとなるが、UCIのブレーキレバーの角度についてどう考えているのか答えている。

 

一般的には良い決定だと思う。ただ、かなり極端な調整が行われた。ブレーキレバーは、明らかにブレーキングとバイクコントロールのために設計されている。

ある調整が安全でない状況につながるのであれば、対策が取られるのは良いことだ。

 

検査については、どうでしたか?

私たちは今、最初の測定を見た。これが最終的な測定方法になるかどうかはわからないが、プラスチックの装置でかなりスペースが空いていて、まだ少し不器用に見えた。

しかし、チェックするための良い第一歩であることは間違いない。

 

クイン・シモンズ Lidl-Trek

 

まず第一に、安全性を高めるためなら、どんなことでも大賛成だ。

私たちのスポーツがいかに危険であるかは馬鹿げているし、実際、スポーツ全般が限界を超えていると思う。危険すぎるし、状況を変える必要がある。

今回のようなことで、大きく変わるわけではない。危険なフィニッシュや危険なコースでオーガナイザーがやり過ごすことがクラッシュの原因なんだ。

少なくとも今からは、超極端なものはなくなるだろう。1度ずれていても、彼らが愚かなことを始めないことを祈るばかりだ。本当にクレイジーなものだけを強制するのであれば、大丈夫だ。

 

クイン・シモンズもプレーレバーを内側に傾けて走っていたライダーの一人だ。逃げのアドバンテージは減るけれども、これよりももっと大事なことがあるだろうと言っている。

危険すぎるコースや、設備など本当に事故に繋がる問題的を解決せずに、小手先のことばかりしてもダメだと言いたいのだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました