ロードバイクの情報を発信しています!

WorldTour初の女性スポーツディレクター誕生

海外情報
Photo by Antonino Visalli on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

男性のWorldTourチームでスポーツディレクターとしての役割を果たす最初の女性となったのは、Cherie Pridham

Israel Start-Up Nationのスポーツディレクターに就任する。

彼女の経歴とは?

 

スポンサーリンク

初の女性ディレクター

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Israel Start-Up Nation(@israelcyclingacademy)がシェアした投稿

 

Cherie Pridhamは、元プロライダー。

2011年、彼女は英国で最初の女性スポーツディレクターの一人となり、英国のチームであるローリーのマネージャー兼ディレクターを務めた。

数年後、チームはVitus ProCyclingとなり彼女はオーナーに就任。チームを世界中のレースで勝利に導く。また、3人のトラック世界チャンピオンを生み出している。

だが、コロナにより財政難に陥り、Vitus ProCyclingは2020年閉鎖されてしまう。

Cherie Pridhamは、男性チームを率いる経験は十分にあり、今回Israel Start-Up Nationのディレクターに就任したということだ。

スポーツディレクターはチームに何人もおり、その一人ということになる。

 

photo alex Duffill&velouk

 

Israel Start-Up Nationの2021年のDIRECTEUR SPORTIFSのメンバーは

  1. Rene Andrle (Czech Republic)
  2. Claudio Cozzi (Italy)
  3. Dirk Demol (Belgium)
  4. Zak Dempster (Australia, head of continental team)
  5. Oscar Guerrero (Spain)
  6. Lionel Marie (France)
  7. Dror Pekatch (Israel)
  8. Cherie Pridham (UK)
  9. Nicki Sorensen (Denmark)
  10. Eric van Lancker (Belgium)

この中の一員に加わることになる。

ツール・ド・フランスなどでサボートカーに乗った彼女の姿が見れるかもしれないですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました