ロードバイクの情報を発信しています!

Soudal – Quick Stepは、U23オランダ王者ペピン・レインデリンクと28人目の契約

海外情報
UnsplashArtem Shubaが撮影した写真
この記事は約4分で読めます。

ウルフパックが2024年シーズンの戦うメンバー28人を決定した。

最後の契約となったのは、ペピン・レインデリンク(Pepijn Reinderink)。本当はもう一年Development Teamで走る予定だったけれど、1年前倒しとなった。

 

スポンサーリンク

2025年までの3年契約

 

ペピン・レインデリンクは、2019年からベルギーのマアチュアチームAcrog – Balen BC Juniorに所属。

この有名なユースチームには、後にプロのペロトンに成長する才能が何人もいる。例えば、レムコ・エヴェネプール、ジャスパー・フィリップセン、シアン・エイテブルックスなどなど。

2021年から2年間Development Team DSMで走っていた。Soudal – Quick Step Dev Teamに加入したのは2023年。

2023年シーズン、ペピン・レインデリンクが注目を集めたのは一度や二度ではない。

例えば、トリプティック・アルデネ(Triptyque Ardennais)のオープニングステージで優勝し、ジロ・ネクストジェンでは2度のトップ10入りを果たした。

そして、オランダ選手権U23ロードでは優勝を飾る。ペピン・レインデリンクは、今月末、チャレンジ・マヨルカ(1月24~28日)でベルギーのスター選手としてデビューする予定だ。

まずは、チャレンジ・マヨルカの5日間でどんな走りを見せるのか注目しておきたい。

 

ペピン・レインデリンクのコメント

ずっと憧れていたチームでプロになれるなんて、特別な気分だよ。Development Teamでの素晴らしい経験を経てここに来ることになったが、そこでは大きな成長を遂げることができた。

僕を信頼してくれたチームに感謝したい。最高レベルで走れることに興奮しているし、スタートを切るのが待ちきれないよ。

 

Soudal – Quick Stepはレベルダウンなのか?

Soudal – Quick Stepは、非常に多くの主力メンバーを放出した。

  • ファビオ・ヤコブセン Team dsm-firmenich PostNL
  • ダヴィデ・バッレリーニ Astana Qazaqstan Team
  • レミ・カヴァニャ Movistar Team
  • ティム・デクレル Lidl-Trek
  • ドリースデヴァイナンス リタイヤ
  • マウロ・シュミット Team Jayco AlUla
  • フロリアン・フェルメルシュ Arkéa – B&B Hotels
  • ヤニック・シュタイムレ Q36.5 Pro Cycling Team
  • スタンファン・トリヒト Alpecin-Deceuninck
  • イーサン・バーノン Israel – Premier Tech

チームの主力がごっそりと抜けていている。

加入したワールドツアーライダーは、ミケル・ランダとジャンニ・モスコンだけだ。これでどうやってグランドツアーや、ワールドツアーを戦っていくのだろうか。

勝利数が減りそうな感じがするけど、どうなるだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました