ロードバイクの情報を発信しています!

選択することで強さを示すマチュー・ファンデルプールとミハウ・クフィアトコフスキ

海外情報
Photo by Kelly Sikkema on Unsplash
この記事は約8分で読めます。

ミハウ・クフィアトコフスキは、7年前のアムステルゴールドレースでの初優勝した時と同じレース状況で勝負するつもりはなかった。

この時には、レインボージャージを着ており、当時18人いたライダーの中で最も強いスプリントで勝った。

2014年の世界タイトルに続き、アムステルゴールドレースでの勝利は、24歳のミハウ・クフィアトコフスキが、最高のワンデーライダーの一人に数えられることを意味した。

2017年のストラーデビアンケとミラノ~サンレモでの勝利は、その地位をさらに確固たるものにする。

だが、Team SKYに移籍してからはのミハウ・クフィアトコフスキは選択を迫られることになる。

 

スポンサーリンク

登りを鍛えるために

 

2014年Team SKYに移籍し、クラシックライダーとして成功したいという思いが強まる。

そして、もっとクライミングに集中したいと、自ら経営陣の門を叩いた。クリス・フルームの山岳トレインでの活躍が実を結び始めた2018年、ゲラント・トーマスがツール・ド・フランスを制した。

トーマスがフランドルクラシックのライダーからラウンダーに変身したのは、彼も望んでいた夢のステップだった。

2018ティレーノ・アドリアティコ、ツアー・オブ・ポーランド、ツアー・オブ・アルガルヴェでの総合優勝は、ミハウが総合でも強いことを証明した。しかし、その後のグランツールでは、それを確認することなく終わっている。

 

昨年、30歳になったミハウ・クフィアトコフスキは、自転車競技の頂点に立つことは、自分には無理だと悟ったのだ。

彼は再びチームのドアをノックした。今回は、初恋の相手であるクラシックに、再び完全に挑戦できるかどうかという問題で。

チームは、この選択に満足していた。それによって、トム・ピドコック、ディラン・ファンバーレ、ミハウ・クフィアトコフスキを中心に、ワンデーレースの強力なブロックが構築される可能性があるからだ。

 

勝つためのレシピ

 

ミハウ・クフィアトコフスキは、チームの中で信頼を得ており、アムステルゴールドレースで2度目の優勝を果たしたのである。

意識して選択することが、5年ぶりに大きなワンデーレースを制するためのレシピだったのだ。

彼は、レース前に勝つライダーだとは思われてなかった。山岳アシストを目指したのも後悔していない。あえて何かに挑戦することで、その後、挑戦しなかったことを後悔することはないからだ。

 

より多くの偉大な王者にとって、選択することはますます重要になる。

昨年の冬、ワウト・ファンアールトはすでにこの決断をしていた。シクロクロス世界選手権も、ストラーデビアンケも、ティレーノ・アドリアティコやパリ~ニースでの総合にも出場しない。

 

それは、フランダースクラシックで、良いパフォーマンスを発揮するために必要なこと。

E3サクソバンク・クラシックでの勝利で、正しいタイミングでピークに達することができることを証明した。

だが、残念ながらロンド・ファンフラーデレンの3日前にコロナで欠場となってしまったけれど。

 

スポンサーリンク

マチュー・ファンデルプールの場合

 

マチュー・ファンデルプールも、昨年の冬、必然的に、選択することが報われることを知った。特に長いリハビリ期間は、もはや何でもできるわけではないことを認識させた。

シクロクロスの予定が詰まっていない冬は、無意識のうちに彼に良い影響を与えたのかもしれない。

ある大きな目標に向かって冷静に取り組むことは、あらゆる機会で左から右へと得点を狙うよりも大きなリターンをもたらす。

 

クラシックのために特別に準備する時間があったので、おそらくこれまでで最高の準備だったと思う。

シクロクロスのシーズンが終わっても焦らず、ロードバイクを手に入れた。レース中は調子がいいし、強い。

 

ミハウ・クフィアトコフスキが現在31歳であるのに対し、ワウト・ファンアールトとマチュー・ファンデルプールは27歳の若さだ。

どちらも純粋に才能に頼ることが少なくなってくる年齢だとも言える。

 

物理的ピーク

Image by Ales Krivec from Pixabay

 

生理学者のユルゲン・ファン・ティーフェレン博士は、サイクリストは25歳頃に身体のピークを迎えると強調する。

30歳を過ぎると、最大心拍数は低下し、最大酸素摂取量も減少する。

主にパワーに必要な速筋繊維も少なくなる。サイクリストは、体力の衰えを経験やトレーニングで補うことはできるが、より慎重な方法で強さを使用しなければならない。

 

昨年は、マチュー・ファンデルプールだけでなく、ワウト・ファンアールトもプログラム過多ですべてをこなせないことが、痛いほどよくわかった。

また、科学が発達した現在の自転車競技では、いくつかの目標に向かって具体的に努力することが必要であるという結論に達するだろう。選択しなければならないのだ。

実は、アムステルゴールドレースのスタート前に、彼はすでにこのことを示唆していた。

マチュー・ファンデルプールは、前週、ロンド・ファン・フラーデレンにすべてをかけていたため、脱力していた。

登りでは、遅れることもしばしば。100%とは、決していえないコンデションだった。

しかし、マチュー・ファンデルプールにとって、このアムステルゴールドレースは本命ではなく、2つの石畳のモニュメントの中間的な存在だったのも事実。

決勝でうまくいけば、間違いなく優勝を逃すことはないだろう。

しかし、今回のようにINEOS Grenadiersのミハウ・クフィアトコフスキとトム・ピドコックの間に挟まれたときは、戦術は難しくなる。

今回は、次の日曜日のパリ~ルーベのための良いトレーニングができたはずだ。

 

ロードを選択

 

マチュー・ファンデルプールは、2024パリオリンピックでのマウンテンバイクレースにチャレンジすることを今もなおほのめかしている。

しかし、マウンテンバイクからレーシングバイクへの柔軟な移行は、今後ますます困難になることを認識しなければならない。

もちろん、彼はマウンテンバイクを愛している。しかし、この8ヶ月間に負ったすべての怪我の後、そのMTBアドベンチャーへの代償が非常に大きいことに気づくだろう。

マチュー・ファンデルプールが5月のジロ・デ・イタリアに出場することは、マウンテンバイクが後回しにされていることの最初の兆候となる。

来月には、アルブシュタットとノヴェ・ミェストで開催されるクロスカントリーワールドカップがある。

例年目標にしていたテスト。だが、これらMTBのレースに出ることはないだろう。

5月6日にブダペストで開催されるジロに参加することが決まったのは、ロードが絶対的に優先されることを示す最初のサインでもある。

その点で、マチュー・ファンデルプールは「選択しなければならない」ことも学んでいる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました