ロードバイクの情報を発信しています!

ワウト・ファンアールトはストラーデ・ビアンケを逃し、二つのモニュメントの勝利を狙う

海外情報
Photo by engin akyurt on Unsplash
この記事は約6分で読めます。

Team Jumbo-Vismaのチームプレゼンテーションは当初の予定とは違いアリカンテからオンラインで行われた。

ワウト・ファンアールトは、シクロクロス世界選手権、ストラーデ・ビアンケもパリ~ニースにも出場しない。

自分の最も重要な目標を実現するために、より良い選択をすることを過去の経験から学んだという。

ワウト・ファンアールトは、その野心を隠さず、ロンド・ファン・フラーデレンやパリ〜ルーベでの勝利、それが2022年春の彼の大きな野望だ。

 

スポンサーリンク

二つのモニュメントに照準

 

過去4年間で4位という最悪の成績だった、ストラーデ・ビアンケ(2020年は優勝)から出場してみてはいかがでしょうか? 

近年は、クラシックの終わりよりも春先の方が調子がいいという感覚を常に持っていた。

その時は、努力した分、回復が少し遅くなっていた。だから、今はワールドカップのシクロクロスを除いて、長い準備期間を選んでいるんだ。

そうすることで、私のベースがもう少し広くなることを期待している。オムループ・ヘット・ニュースブラッドとパリ~ニースが最初のレースだが、どちらも準備レースとして使っている。

ストラーデ・ビアンケは、自分が乗りたいと思ったときに、そこで優勝争いができるように、一人で走らなければいけないと思っている。

それは、状態を改善するためのレースではない。ミラノ~サンレモでは、最高のコンディションでスタートできるようにしたいですね。

 

だから、春に向けてより集中した選択をするのですか。27歳という年齢もあり、より目標に向かって努力しなければいけないということでしょうか?

私のシーズンは、いつもたくさんの目標で埋まっている。2021年の教訓は、いくつかの主要なゴールにおいて、ハングリーさと精神的な新鮮さが少し失われていた、あるいは過剰だった。

より集中できるものを選ぶことで、今はそのスーパーな感覚をより適切なタイミングで味わえるようにしたいと思っている。

 

ワールドカップのシクロクロスやストラーデ・ビアンケをプログラムから外すのは大変だったのでは?

確かに難しかったですね。ロンド・ファン・フラーデレンやパリ〜ルーベで報われることを期待している。私はこの2つのモニュメントを目指す。

この発言は、後から厳しく批判される可能性があることは承知している。しかし、ビジョンを持ち、あえてある目標を選択することは、私が全面的に支持するところなんだ。

これでレースで少しでもパーセントを上げることができればと思う。

 

もうひとつの選択肢で、昨年のティレーノ〜アドリアティコでは、総合でどこまで行けるか試してみたかったんですね。タデイ・ポガチャルに次ぐ2位は、あなたにもその資質があることを強調したものです。それなのに、もうその話はないんですか?

あの選択が失敗だったとは思っていない。しかし、3月中旬というのは、シーズンを通してみると、クラス分けを目指すには時期尚早だということもわかっていた。

春は、クラシックを目指して頑張りたいですね。しかし、今後はこの経験を生かして、ドーフィネやベネルクスツアーなど、他のステージレースにも挑戦してみたいと思っている。クラス分けのライディングは、シーズンの別の時期にぜひ手に入れたいものだ。

 

精神的な問題なんですね。物理的にはそのような展開にはならなかったのですね。

そう、肉体的にもね。しかし、2021年秋の世界選手権を振り返ってみると、物理的には私はトップコンディションにあった。しかし、それ以外の部分では力を出し切れず、それは精神的に疲れていたせいかもしれない。

 

クラシック班の強化

YouTube動画より

 

ティシュ・ベノート、クリストフ・ラポルト、トッシュ・ファンデルサンドと、3人の本格的な補強が行われ、春にはより良い環境であなたを迎えることができるようになりました。その差はどれくらいなのでしょうか?

この3人の加入で、クラシックの核が非常に強化されたと思う。近年は、一部の例外を除き、決勝戦はほとんど自分一人だった。

今のクオリティなら、間違いなく3、4人で決勝に臨むべきでしょう。その差が試合の行方を大きく左右することもある。

 

クラシックを支えてくれるような魅力的な選手が3人もいることは、ある種のプレッシャーになるのでしょうか。

いや、自信がついただけだね。。私はすでに給料をもらっているし、リーダーとして扱われているので、レースに勝つためにレースをしている。

そのとき、チームに期待することのひとつは、できるだけ私を囲んでくれることだ。これは、私がJumbo-Vismaに在籍している当初から、実はMerijn Zeeman(スポーツディレクター)と話し合っていたことなんだ。

また、クラシックへの準備も、ツール・ド・フランスに向けたチームの取り組みとは明らかにレベルが違うと思っていた。その点については、現在対応中だ。クラシックの重要性がより高いレベルになる。

 

石畳のレースでQuick-Step Alpha Vinyl Teamのウルフパックに対抗できるほど、幅が強くなったのでしょうか?

クイックステップの真似をしたり、同じように強くなることが私たちの野望ではないと思っている。私たちが目指すべきは、レースに勝つこと。クイックステップの戦術的なアプローチから学ぶことができると思う。

誰が勝つべきか、事前に明確になっていないこと。チームのフレミッシュ・クラシックでは私が先鋒を務めるが、今はそれを完遂できるメンバーもいる。それがチームの強みの1つであるはずだ。

 

個人的には、クラシックのために同質なチームにしようと考えているのでしょうか?

そうですね、リーダーとして周りのチームにも働きかけていくことがいかに大切かということが、年齢を重ねるごとによく分かってきたということもあると思う。

上下関係が紙に書いてあって、みんなに頑張ってほしいと思うだけではダメなんだ。そういう大事なレースに勝つという大きな目標を、みんなが信じられるようにしなければならない。

それは、チームメイトにもっと話しかけ、小さなことにも気を配るということだ。自分自身のプロセスに対処するだけでなく、それ以上のことをしようとする。

 

ストラーデ・ビアンケをパスして、モニュメントを手に入れることが出来るのか。

逃すとまた叩かれるので精神的にもきついかも。ワウトは間違いなくマークされる選手だけど、3人のクラシックスペシャリストの加入はワウトにとって強力なアシストとなるのは間違いない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました