ロードバイクの情報を発信しています!

2024 マスカット・クラシック 最後に足を見せたのは?

海外情報
Photo credit: travelourplanet.com on VisualHunt
この記事は約10分で読めます。

ツアー・オブ・オマーンの前日に、マスカット・クラシックのワンデーレースが開催。Muscat Classic(1.1)

オマーンで開催される第2回目のレースとなる。

 

過去の優勝者

  • イエンセ・ビエルマンス

 

スポンサーリンク

アル・マウジ・マスカット~アル・ブスタン 173.7km

コースプロフィール photo tour-of-oman.com

 

中東で最も古い都市の1つである首都マスカットのアルムージ地区からスタート。都市はアラビア海とハジャール山脈に囲まれているため、風景は乾燥して砂漠が多い。

前半は平坦基調だけど、後半には6回の登りが待っている。短いけれども、勾配のきつい登りが多く、スプリンターが残るのは難しいかもしれない。

 

  1. 山岳  Jabal Road 3.5 km・9.2%
  2. 山岳 ハムリヤ  0.9km・10.1%
  3. 山岳 アルジサ  1km・10%
  4. 山岳 Wadi Al Kabir  2.1km・7.3%
  5. 山岳 ハムリヤ 0.9km・10.1%
  6. 山岳 アルジサ  1km・10%

 

注目されるライダーは

  • Arkéa – B&B Hotels エリー・ジョスペール、アモリ・カピオ
  • Soudal – Quick Step ヤン・ヒルト、ファウスト・マスナダ、マウリ・ファンセヴェナント
  • UAE Team Emirates アダム・イェーツ、デエゴ・ウルッシ、フィン・フィッシャーブラック、アルパロホセ・ホッジ
  • Intermarché – Wanty ルイス・メインチェス、ロレンツォ・ロタ
  • Team Jayco AlUla カレブ・ユアン、ルーク・ダーブリッジ
  • Team dsm-firmenich PostNL ファビオ・ヤコブセン
  • Lotto Dstny トーマス・デヘント
  • BORA – hansgrohe エマヌエル・ブッフマン
  • Cofidis ヘスス・エラダ、ブライアン・コカール
  • Uno-X Mobility アレクサンダー・クリストフ
  • Astana Qazaqstan Team アントン・チャーミグ
  • JCL Team UKYO

 

スタート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

ニュートラルスタートに。

 

3人の逃げ

残り169kmから3人がアタック。石橋 学が入っているぞ!

  1.   CAHYADI Aiman (Terengganu Cycling Team)
  2.  LAKASEK Irwandie (Terengganu Cycling Team)
  3.  石橋学 (JCL Team UKYO)

 

石橋学は31歳のベテラン。

 

二人はあきらめて集団に戻る。

 

キロ表示はたまにしか出ない。

 

さあ、どこまで逃げれるだろう。

 

集団はCofidisが引いている。上れるスプリンター、ブライアン・コカールでゴールを狙う。

 

残り120kmで11分30秒の大量のリード。これはいいぞ。

 

石橋は、Shimanoカーからボトルをもらっている。

 

残り102kmで9分25秒差。

 

山岳  Jabal Road 3.5 km・9.2%

かなり広い道路の上り。

 

残り90kmで7分差に。

 

誰も観客のいないところが山岳ポイントだった。石橋は2番手。

 

集団はBORA – hansgroheが引いている。

 

集団も下って少し活性化。

 

先頭は2人になった。

 

山岳 ハムリヤ  0.9km・10.1%

上りでも3車線ある。

 

タイム差は中々でない。

 

おっと、石橋が抜け出しそうだ。

 

あ~、あきらめて蛇行だ。これで石橋は単独となる。

 

単独では逃げ続けるのも難しい。

 

タイム差が中々でない。

 

残り46kmで、BORA – hansgroheのエミール・ヘルツォークが抜け出してきている。

 

エミール・ヘルツォークの視界に石橋が入ってくる。

 

残り36kmで二人が合体。

 

石橋はくらいついていく。

 

集団はCofidisが引く。

 

残り30kmでタイム差は3分。これは、まだまだ逃げれる。

 

あっと、石橋がカーブの立ち上がりから遅れてしまう。

 

石橋は粘れるか。

 

石橋は追いつく。素晴らしい粘りだ。

 

Lotto Dstnyのトーマス・デヘントが集団を引く。

 

山岳 ハムリヤ 0.9km・10.1%

あっと、上りで石橋が切れてしまう。

 

あ~、もう流石に追いつかない。

 

残り23.5kmで2分35秒差に。

 

エミール・ヘルツォークは、2023年にはHuman Powered Healthの開発チームで走っていた。2024年からBORA – hansgrohe入りだ。

 

石橋は、残り19kmで集団にキャッチされてしまう。

 

集団から、Soudal – Quick Stepのファウスト・マスナダがアタック!

 

残り10kmで40秒差。

 

山岳 アルジサ  1km・10%

後ろに集団が見えてくる。

 

集団が近づく。

 

エミール・ヘルツォークは残り6kmで捕まった。

 

集団はUAE Team Emiratesが引いている。

 

残り5kmを切った。

 

右側から、UAE Team Emiratesのフィン・フィッシャーブラックがアタック!

 

後ろはTeam Jayco AlUlaだ。

 

フィン・フィッシャーブラックが逃げ切るか。

 

フィン・フィッシャーブラックが単独となった。

 

残り3km。集団は10秒くらい後ろ。

 

残り2km。集団から逃げ切れるか。

 

集団がフィン・フィッシャーブラックに迫る。

 

フィン・フィッシャーブラックは逃げ切った!

 

集団は追いつかない。

 

  

フィン・フィッシャーブラックが見事な逃げ切り勝利!

 

最高の瞬間だ。フィン・フィッシャーブラックは、これがキャリア2勝目。昨年ジロ・デ・シチリア第1ステージでプロ初勝利をあげている。

 

大腿骨骨折など苦難を乗り越えての嬉しい勝利だ。

 

2位には、Soudal – Quick Stepのルーク・ランペルティ。3位はArkéa – B&B Hotelsのアモリ・カピオだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

フィン・フィッシャーブラックのコメント

このような勝利は私に自信を与えてくれる。間違いなくサプライズと呼べるね。昨年は、シチリアで優勝した。それは本当に驚きだった。

自分から勝ちに行ったのは今回が初めて。もっともっとトップ10に名前を連ねられるようになりたい。そうすれば、サプライズでなくなると思う(笑)。

事前にチームから、チャンスを狙っていいと言われていたのですか?

フィニッシュはおそらくディエゴ・ウリッシの方が合っていると思う。ギャップがあれば完走できると思っていた。このような形でシーズンをスタートできたことは素晴らしいよ。

では、この勝利は今シーズンの前兆と呼べるだろうか?

もちろん何が起こるかわからないが、もっと頻繁に優勝争いができれば最高だ。去年はチャンスを逃すことが多かったし、今思えばもっとうまくやれたと思う。今年はもっと違うことができると思う。

では、いつチャンスをつかむのか?

特技がないときは難しい。レースのたびに自分自身について学ぶことができる。このような勝利は私に自信を与えてくれる。そうやってどんどん学んでいくんだ。

Rnk Rider Team UCI Time
1
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates 125 4:27:43
2
 LAMPERTI Luke
Soudal – Quick Step 85 0:04
3
 CAPIOT Amaury
Arkéa – B&B Hotels 70 ,,
4
 COQUARD Bryan
Cofidis 60 ,,
5
 BUSATTO Francesco
Intermarché – Wanty 50 ,,
6
 BARGUIL Warren
Team dsm-firmenich PostNL 40 ,,
7
 BLUME LEVY William
Uno-X Mobility 35 ,,
8
 LIVYNS Arjen
Lotto Dstny 30 ,,
9
 KUDUS Merhawi
Terengganu Cycling Team 25 ,,
10
 DE PRETTO Davide
Team Jayco AlUla 20 ,,
11
 ADRIÀ Roger
BORA – hansgrohe 15 ,,
12
 ROTA Lorenzo
Intermarché – Wanty 10 ,,
13
 HERRADA Jesús
Cofidis 5 ,,
14
 CHARMIG Anthon
Astana Qazaqstan Team 5 ,,
15
 BERCKMOES Jenno
Lotto Dstny 5 ,,
16
 PESENTI Thomas
JCL Team UKYO 3 ,,
17
 DE POOTER Dries
Intermarché – Wanty 3 ,,
18
 PALZER Anton
BORA – hansgrohe 3 ,,
19
 IRIBAR Unai
Equipo Kern Pharma 3 ,,
20
 VANHOUCKE Harm
Lotto Dstny 3 ,,
21
 KULSET Johannes
Uno-X Mobility 3 ,,
22
 CARBONI Giovanni
JCL Team UKYO 3 ,,
23
 ANDERSEN Idar
Uno-X Mobility 3 ,,
24
 VERRE Alessandro
Arkéa – B&B Hotels 3 ,,
25
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates 3 ,,
26
 ELISSONDE Kenny
Cofidis   ,,
27
 VANSEVENANT Mauri
Soudal – Quick Step   ,,
28
 MASNADA Fausto
Soudal – Quick Step   ,,
29
 RODRÍGUEZ Cristián
Arkéa – B&B Hotels   ,,
30
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe   ,,

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました