ロードバイクの情報を発信しています!

アイザック・デルトロはタデイ・ポガチャルの足跡をたどるのか?

海外情報
UnsplashJorge Aguilarが撮影した写真
この記事は約3分で読めます。

2024年シーズンUAE Team Emiratesでワールドツアーデビューする、アイザック・デルトロ。

20歳のメキシコ人で、ツアー・ダウンアンダー前のダウンアンダー・クラシックで印象に残る走りを披露した。

スプリントポイントは4回中3回獲得しており、最終順位も3位となっている。

 

スプリンターなのかと思っていたけれど、マウンテンバイク出身でクライマーだ。タデイ・ポガチャルもツアー・ダウンアンダーからプロデビューしている。

アイザック・デルトロは、タデイ・ポガチャルの足跡をたどることの出来る選手となるだろうか?

 

スポンサーリンク

若手の登竜門ツール・ド・ラヴニール制覇

 

ダウンアンダー・クラシックで優勝したINEOS Grenadiersのヨナタン・ナルバエスが、アイザック・デルトロはツアー・ダウンアンダーの総合候補だとゴール後のインタビューで答えている。

それほど、印象に残る走りを目の前で見せたのだ。

アイザック・デルトロは、幼少の頃より両親の指導もあってマウンテンバイク、シクロクロス、ロードレースと走っていた。ただ、メキシコはあまり自転車が盛んではない。

元プロのピョートル・ウルモフが監督を務めているA.R Monex Pro Cycling Teamに加入。イタリア中北部の山岳地帯にあるミニ国家サンマリノのクラブチームだ。

メキシコでは、マウンテンバイクで天才的なクライミング能力が知られていたが、4シーズンの最後でそれは花開いた。

2023年のツール・ド・ラヴニールの超級山岳ステージで優勝。若手のミニ・ツール・ド・フランスのレースで総合優勝に輝いている。

この時には、ワールドチームからオファーが殺到したけれど、すでにUAE Team Emiratesのスカウトが目をつけていた。

ツール・ド・ラヴニールを走っている時には、すでにチーム支給のColnagoに乗っていたのだ。

 

大腿骨骨折からの復帰

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Isaac Del Toro Romero(@isaac_deltoro_romero1)がシェアした投稿

 

アイザック・デルトロは、キャリアを終わらせたかもしれない事故にもあっている。2022年のことだ。

彼はInstagramで事故の様子を話ている。

「このニュースはあまり好きではないのだが、数日前、トレーニング中に転倒し、不運にも右大腿骨を骨折してしまった。

転倒してから最初の10分間は、これまで努力してきたこと、そして今後の大会出場が遠のき、夢が少しずつ遠のいていくことに涙した。

このような大変な時に助けてくれたチームメイト、いつも一緒にいてくれたチーム@ar_procyclingに感謝したい。」

 

普通大腿骨骨折とかすると、復帰しても中々元の調子には戻らない。それでも復帰出来たのは幸運だ。

タデイ・ポガチャルが、ダウンアンダーでデビューしてから勝ち始めるのに時間はかからなかった。アイザック・デルトロもその足跡をたどることになるだろうか。

まずは、ツアー・ダウンアンダーでの走りに注目しておきたい。

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました