ロードバイクの情報を発信しています!

2024チャレンジマヨルカ トロフェオ カルビア 第1日目を制したライダーは?

海外情報
Photo credit: Pat Neary on VisualHunt.com
この記事は約13分で読めます。

スペインのチャレンジマヨルカが開催。各チームは暖かいスペインでキャンプしており、そのままレース会場入りというチームが多い。

毎年、ヨーロッパ最初のレースだったけれど、今年はカステリョン・セラミカ・グランプリが最初のレースだった。

まずは、チャレンジマヨルカ第1日目のトロフェオ カルビア Trofeo Calvia(1.1)が開催される。

チャレンジマヨルカはワンデーレースの集まり。今年の日程は

  1. 1月24日 トロフェオ カルビア
  2. 1月25日 トロフェオ  セス・サリーナス ファラニチ
  3. 1月26日 トロフェオ アンドラッチ
  4. 1月27日 トロフェオ セラ・デ・トラムンタナ
  5. 1月28日 トロフェオ パルマ

ステージレースではないので、各ライダーは連続して出場しても良いし、レースを選んで出場することが出来る。

 

過去の優勝者は

 

スポンサーリンク

トロフェオ・セス・サリネス-フェラニクス~セス・サリネス-フェラニクス   158.6km

コースプロフィール photo vueltamallorca

 

パルマノバは、スペインのバレアレス諸島マヨルカ島にある町。各チームがキャンプの場所として使用するマヨルカ島だ。

レースは海岸線を通るのだけど、コースに平坦な場所はない。常にアップダウンの連続できついコースだ。ただ、各ライダーはキャンプで何度も練習している道なのでアタックポイントもわかっているはず。

 

  1. スプリントポイント カルビア
  2. 3級山岳 Col des Tords  7.9 km・2.6%
  3. 2級山岳 Coll den Claret 5.2km・4.7%
  4. スプリントポイント S’Esglaleta
  5. 2級山岳 ColldeSóller 7.5 km・4.4%
  6. 3級山岳 Coll den Bleda 4km・5.2%
  7. 2級山岳 Coll de sa Gramola  3.8km・4.2%
  8. スプリントポイント Andratx
  9. スプリントポイント カルビア

 

注目のライダーは

  • Movistar Team アレックス・アランブル、ホルヘ・ハルカス
  • UAE Team Emirates マルク・ソレル、ブランドン・マクナリティ、ニルス・ポリッツ
  • BORA – hansgrohe アレクサンドル・ウラソフ
  • Soudal – Quick Step ジャンニ・モスコン、イヴ・ランパールト、イラン・ファンワイルダー、マッティア・カッタネオ、マウリ・ファンセヴェナント
  • Cofidis ヨン・イサギレ、ヘスス・エラダ、ステファノ・オルダーニ
  • EF Education – EasyPost ルイ・コスタ、アルベルト・ベッティオール、ミケル・ヴァルグレン
  • Intermarché – Wanty 
  • Arkéa – B&B Hotels ユエン・コスティウ
  • Uno-X Mobility トビアスハラン・ヨハンネセン
  • Lotto Dstny トーマス・デヘント、レナート・ヴァン・エトヴェルト

 

スタート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

オフィシャルスタート。

 

スプリントポイント カルビア

スプリントポイント通過順位は

  1. サイモン・カー EF Education-EasyPost 3ポイント
  2. パブロ・カスティーリョ Equipo Kern Pharma 2ポイント
  3. イバン・ロメオ Movistar Team 1ポイント

 

3級山岳 Col des Tords  7.9 km・2.6%

3級山岳ポイント通過順位は

  1. パブロ・カスティーリョ Equipo Kern Pharma 6ポイント
  2. サイモン・カー EF Education-EasyPost 4ポイント
  3. Joan Albert Riera(Illes Balears Arabay Cycling )  2ポイント

 

2級山岳 Coll den Claret 5.2km・4.7%

2級山岳ポイント獲得順位は

  1. サイモン・カー EF Education-EasyPost 10ポイント
  2. パブロ・カスティーリョ Equipo Kern Pharma 7ポイント
  3. トキソミン・ジュアリスティ Euskaltel – Euskadi 5ポイント

 

スプリントポイント S’Esglaleta

スプリントポイント通過順位は

  1. パブロ・カスティーリョ Equipo Kern Pharma 3ポイント
  2. サイモン・カー EF Education-EasyPost 2ポイント
  3. マッティア・バイス Team Polti Kometa Euskaltel – Euskadi 1ポイント

 

2級山岳 ColldeSóller 7.5 km・4.4%

2級山岳ポイント獲得順位は

  1. パブロ・カスティーリョ Equipo Kern Pharma 10ポイント
  2. サイモン・カー EF Education-EasyPost 7ポイント
  3. マッティア・バイス Team Polti Kometa Euskaltel – Euskadi 5ポイント

 

3級山岳 Coll den Bleda 4km・5.2%

3級山岳ポイント通過順位は

  1. パブロ・カスティーリョ Equipo Kern Pharma 6ポイント
  2. サイモン・カー EF Education-EasyPost 4ポイント
  3. マッティア・バイス Team Polti Kometa  2ポイント

 

先頭集団に追走が合体。これが勝ち逃げとなりそうなメンバーとなる。

  1. ブランドン・マクナリティ UAE Team Emirates
  2. マルク・ソレル UAE Team Emirates
  3. アレクサンドル・ウラソフ BORA – hansgrohe
  4. パブロ・カスティーリョ Equipo Kern Pharma 
  5. サイモン・カー EF Education-EasyPost
  6. マッティア・バイス Team Polti Kometa

 

先頭が割れた。最初から逃げていたサイモン・カーだけがついていけた。

  1. ブランドン・マクナリティ UAE Team Emirates
  2. アレクサンドル・ウラソフ BORA – hansgrohe
  3. サイモン・カー EF Education-EasyPost

 

集団がMovistar Teamのアレックス・アランブルが飛び出している。後ろは、EF Education-EasyPostのアルベルト・ベッティオル。集団も20人しかいない。タイム差は30秒。

 

残り31km。3人はリードしたまま走れるのか。

 

追走グループが3人。先頭から遅れたマッティア・バイスなどはもういない。

  1. アルベルト・ベッティオル EF Education-EasyPost
  2. マルク・ソレル UAE Team Emirates
  3. アレックス・アランブル Movistar Team

 

UAE Team Emiratesは、タデイ・ポガチャルがストラーデビアンケからしか出てこないので、他のライダーはエースを任される。

 

追走は二人になった。

  1. アルベルト・ベッティオル EF Education-EasyPost
  2. アレックス・アランブル Movistar Team

 

2級山岳 Coll de sa Gramola  3.8km・4.2%

アレクサンドル・ウラソフは、左肘に包帯を巻いている。キャンプで落車したのかな。

  1. アレクサンドル・ウラソフ BORA – hansgrohe 11ポイント
  2. ブランドン・マクナリティ UAE Team Emirates 7ポイント
  3. サイモン・カー EF Education-EasyPost 5ポイント

 

追走の二人はペースが上がらない。51秒と離れていく。

 

サイモン・カーは、後ろからアルベルト・ベッティオルが来ているので引かない。最後まで行くと足がためられるかもしれない。

 

追走の二人は残り17kmでタイム差1分と開く。アルベルト・ベッティオルは追いつけば有利だけど、微妙な感じだ。

 

ブランドン・マクナリティがちぎろうとしてるけど、アレクサンドル・ウラソフは離れない。

 

残り15kで1分31秒まで開く。これは3人での争いとなりそうだ。

 

ブランドン・マクナリティがアタック!

 

しかし、これは逃げれない。

 

スプリントポイント カルビア

二人もスプリントポイントを通過。小さな看板があるだけなのでわかりにくい。

  1. ブランドン・マクナリティ UAE Team Emirates 3ポイント
  2. アレクサンドル・ウラソフ BORA – hansgrohe 2ポイント
  3. サイモン・カー EF Education-EasyPost 1ポイント

 

残り5kmまできた。もうこれはスプリントとなりそう。

 

追走2人は1分19秒差に。まあ初戦なので調子もまだ上がっていないはず。

 

あっと、アレクサンドル・ウラソフがアタック!

 

サイモン・カーも小さく見える。ブランドン・マクナリティは下を向いていたので痙攣したのか、マシントラブルでもあったのだろうか?

 

あっと、サイモン・カーが粘って追いついた。

 

こうなるとクライマーのアレクサンドル・ウラソフは厳しいか。

 

サイモン・カーがぴったりと後ろにつけている。

 

残り100mでサイモン・カーが前に。

 

スプリントのスピードが違う。サイモン・カーが爆走だ。

 

アレクサンドル・ウラソフは、必死で追いすがるが離れる一方だ。

 

サイモン・カーがシーズン最初の勝利を飾った。アルベルト・ベッティオルが追走にいたので、ゴール手前まで引かなくてよかったのが幸いした。

それにしても、最初から125kmも逃げての勝利だから素晴らしい。

逆に、アレクサンドル・ウラソフはサイモン・カーを完全に引き離せなかったのが敗因だ。まあ、まだシーズンの初戦だしチャンスはこれからとなる。

 

ブランドン・マクナリティは、3位でゴール。

 

4位はMovistar Teamのアレックス・アランブル。5位はEF Education-EasyPostのアルベルト・ベッティオル。

 

リザルト

優勝したサイモン・カー

長い1日だった。スタート直後から逃げ集団に加わっていたが、2人しかいなかった。だから、バックから参加した選手たちの方がフレッシュだった。

ルイ・コスタとアルベルト・ベッティオルが追走グループにいたから、スプリントに賭けることができた。

フィニッシュまであと5キロのところで、またミスを犯してしまった。そのときマクナルティが痙攣を起こしていたんだ。でも幸運なことにウラソフに追いつくことができた。シーズン開幕にふさわしい勝利だ。

2位のアレクサンドル・ウラソフのコメント

優勝を逃したのは残念だ。今シーズンのいいスタートが切れた。本当にタフなレースだった。終盤は本当にフルレースだった。決勝はできるだけ少ない人数でスタートするつもりだった。ただ自分のコースを走り、道中を楽しんだ。

左肘に包帯を巻いてましたね。

数日前のトレーニングで転倒したんだ。それ以外は大したことはない。

 

3位のブランドン・マクナリティのコメント

決勝で両足が痙攣してしまった。チームは今日、とても力強い走りを見せた。ハードなレース展開と序盤のアタックなど、プラン通りの走りができた。

僕も一日中いいフィーリングで走れたが、最後に痙攣を起こしてしまった。でも次のマヨルカでは大丈夫だろう。

 

Rnk Rider Team UCI Time
1
 CARR Simon 
EF Education – EasyPost 125 3:48:47
2
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe 85 ,,
3
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 70 0:27
4
 ARANBURU Alex
Movistar Team 60 1:32
5
 BETTIOL Alberto
EF Education – EasyPost 50 1:33
6
 COSTA Rui
EF Education – EasyPost 40 2:03
7
 MAYRHOFER Marius
Tudor Pro Cycling Team 35 ,,
8
 PAGE Hugo
Intermarché – Wanty 30 ,,
9
 ALBANESE Vincenzo
Arkéa – B&B Hotels 25 ,,
10
 VAN WILDER Ilan
Soudal – Quick Step 20 ,,
11
 ZOCCARATO Samuele
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè 15 ,,
12
 ROMO Javier
Movistar Team 10 ,,
13
 ROMEO Iván
Movistar Team 5 ,,
14
 POLITT Nils
UAE Team Emirates 5 ,,
15
 ARRIETA Igor
UAE Team Emirates 5 ,,
16
 KULSET Johannes
Uno-X Mobility 3 2:04
17
 MINTEGI Iker
Euskaltel – Euskadi 3 ,,
18
 VAN EETVELT Lennert
Lotto Dstny 3 ,,
19
 MARTÍN Alex
Team Polti Kometa 3 ,,
20
 CASTRILLO Pablo 
Equipo Kern Pharma 3 ,,
21
 HERREGODTS Rune
Intermarché – Wanty 3 ,,
22
 BAIS Mattia 
Team Polti Kometa 3 5:39
23
 VOISARD Yannis
Tudor Pro Cycling Team 3 5:47
24
 BRAET Vito
Intermarché – Wanty 3 5:49
25
 LÓPEZ Joseba
Caja Rural – Seguros RGA 3 ,,
26
 TONELLI Alessandro
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè   ,,
27
 ALEOTTI Giovanni
BORA – hansgrohe   ,,
28
 WENZEL Mats
Lidl – Trek Future Racing   ,,
29
 GAROSIO Andrea
Team Polti Kometa   ,,
30
 ISASA Xabier
Euskaltel – Euskadi   ,,

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました