ロードバイクの情報を発信しています!

2021 Cro Race第1ステージ クロアチアの最長ステージを制したスプリンターは?

海外情報
Photo credit: nsavch on Visualhunt
この記事は約9分で読めます。

2018年までは、クロアチアツアーと呼ばれていたCro Race。

レース主催者はTopSport Events社で、6つのステージで構成され、クロアチア全土で1,000 km以上をカバーする。

前回優勝者のアダム・イェーツは参加しないが、Team DSMのサイモン・イェーツが出場する。

 

スポンサーリンク

第1ステージ オシエク~ヴァラジュディン 237km

コースプロフィール photo crorace.com

 

実に長い。初日から237kmの最長ステージ。どう考えてもスプリンターのためのステージだ。

  1. スプリントポイント Siatirna
  2. スプリントポイント   Koprivnica
  3. 山岳ポイント Ludbreski Vinogradi  2.7km・2.6%
  4. スプリントポイント  Finishi Line

 

注目されるライダーは

  •  Team Jumbo-Visma トビアス・ファス、サム・オーメン
  •  Bahrain – Victorious ミケル・ランダ、フィル・バウハウス
  •  Israel Start-Up Nation アレックス・ダウセット
  •  Uno-X Pro Cycling Team クリストファー・ハルヴォルセン

 

逃げは5人

逃げているは5人。

  1. VIEL Mattia(Androni Giocattoli – Sidermec)
  2. OELKE Tim(P&S Metalltechnik)
  3. BOGUSLAWSKI Marceli(HRE Mazowsze Serce Polski)
  4. BENHAMOUDA Mehdi(Team Novo Nordisk)
  5. MIHOLJEVIĆ Fran(Cycling Team Friuli ASD)

 

 

集団は大集団のまま。

 

Bahrain VictoriousとTeam DSMが引いている。

 

残り57kmでタイム差は2分。

 

カメラが切り替わると、 BOGUSLAWSKI Marceli(HRE Mazowsze Serce Polski)が一人で逃げている。

残り50km近くあるのに一人で飛び出るのは無謀だ。

 

後続からMIHOLJEVIĆ Fran(Cycling Team Friuli ASD)が追いつく。

  1. BOGUSLAWSKI Marceli(HRE Mazowsze Serce Polski)
  2. IHOLJEVIĆ Fran(Cycling Team Friuli ASD)

 

だが、ここでコースミスが。

 

  

これで少し差がついてしまう。

 

二人は残り27.9kmで捕まってしまってしまった。

 

Bahrain Victoriousはヒィル・バウハウスで勝利を狙う。

 

残り18kmで二人が逃げだす。

 

Euskaltel – Euskadiの二人。

  1. AZPARREN Xabier Mikel(Euskaltel – Euskadi)
  2. MATÉ Luis Ángel(Euskaltel – Euskadi)

 

二人はかなり頑張って、残り10.5kmで20秒のタイム差となっている。

 

カメラの映像が乱れている間に、二人は吸収されてしまう。集団は一度フニッシュラインを通過。

 

各チームがスプリントの位置取り争いを行う。ゴール前は狭いので前方のポジションを取らないといけない。

 

Israel Start-Up Nationが少しメンバーが多いか?

 

ラスト1.3kmではIsrael Start-Up Nationが先頭。

 

Team Jumbo-Vismaが先頭に立つ。

 

Uno-X Pro Cycling Teamが、クリストファー・ハルヴォルセンのために先頭を引く。

 

Team Jumbo-Vismaは、ミック・ファンダイクがオラフ・クーイをリリース。

 

ゴールが少しカーブしているので、ヒィル・バウハウスが寄ってしまう。

 

   

これに、オラフ・クーイは指を立てる。

 

ヒィル・バウハウスはそのままゴール!

まずは、最長ステージの第1ステージのスプリントを制した。2位となったオラフ・クーイは2021世界選手権U23で3位となっている。

明日からは、ヒィル・バウハウスがリーダージャージを着て走ることになる。

 

こちらはラスト3kmから

 

リザルト

第1ステージリザルト

RnkRiderTeamUCITime
1
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious145:52:06
2
 KOOIJ Olav
Team Jumbo-Visma5,,
3
 HALVORSEN Kristoffer
Uno-X Pro Cycling Team3,,
4
 ANGULO Antonio
Euskaltel – Euskadi ,,
5
 VAN DIJKE Mick
Team Jumbo-Visma ,,
6
 EINHORN Itamar
Israel Start-Up Nation ,,
7
 ASCHENBRENNER Michel
P&S Metalltechnik ,,
8
 MARTÍN Gotzon
Euskaltel – Euskadi ,,
9
 MENTEN Milan
Bingoal Pauwels Sauces WB ,,
10
 PER David
Adria Mobil ,,

総合

RnkRiderTeamUCITime
1
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious35:51:56
2
 KOOIJ Olav
Team Jumbo-Visma 0:04
3
 HALVORSEN Kristoffer
Uno-X Pro Cycling Team 0:05
4
 HOELGAARD Markus
Uno-X Pro Cycling Team 0:07
5
 MIHOLJEVIĆ Fran
Cycling Team Friuli ASD ,,
6
 BOGUSLAWSKI Marceli
HRE Mazowsze Serce Polski ,,
7
 FRANCZAK Paweł
Voster ATS Team ,,
8
 SKAARSETH Anders
Uno-X Pro Cycling Team 0:08
9
 WILLIAMS Stephen
Bahrain – Victorious 0:09
10
 ANGULO Antonio
Euskaltel – Euskadi 0:10

ポイント賞

RnkRiderTeamPoints
1
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious25
2
 KOOIJ Olav
Team Jumbo-Visma20
3
 HALVORSEN Kristoffer
Uno-X Pro Cycling Team17
4
 ANGULO Antonio
Euskaltel – Euskadi14
5
 VAN DIJKE Mick
Team Jumbo-Visma12
6
 EINHORN Itamar
Israel Start-Up Nation10
7
 ASCHENBRENNER Michel
P&S Metalltechnik9
8
 MARTÍN Gotzon
Euskaltel – Euskadi8
9
 SKAARSETH Anders
Uno-X Pro Cycling Team7
10
 MENTEN Milan
Bingoal Pauwels Sauces WB7

山岳賞

RnkRiderTeamPoints
1
 BOGUSLAWSKI Marceli
HRE Mazowsze Serce Polski3
2
 MIHOLJEVIĆ Fran
Cycling Team Friuli ASD2
3
 FRANCZAK Paweł
Voster ATS Team1

新人賞

RnkRiderTeamTime
1
 KOOIJ Olav
Team Jumbo-Visma5:52:00
2
 MIHOLJEVIĆ Fran
Cycling Team Friuli ASD0:03
3
 VAN DIJKE Mick
Team Jumbo-Visma0:06
4
 ASCHENBRENNER Michel
P&S Metalltechnik,,
5
 CARRETTA Riccardo
Cycling Team Friuli ASD,,
6
 BURATTI Nicolo
Cycling Team Friuli ASD,,
7
 AZPARREN Xabier Mikel
Euskaltel – Euskadi,,
8
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team,,
9
 LINDNER Tom
P&S Metalltechnik,,
10
 VAN DER TUUK Danny
Equipo Kern Pharma,,

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました