ロードバイクの情報を発信しています!

リッチー・ポートはウィンガヒルの最速タイムを守り切ったのか?

海外情報
Photo credit: babbo1957 on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

ミスターウィランガヒルと呼ばれたリッチー・ポート。

サントス・ツアー・ダウンアンダーの決戦の場、ウィランガヒルでは6勝をあげた。さらにコロナで2021サントス・サイクリングフェスティバルとなった時にも最速タイムで上がっている。

 

今年のサントス・ツアー・ダウンアンダーはウィランガヒルが第5ステージに組み込まれた。ここで勝利したのはTeam dsm-firmenich PostNLのオスカー・オンリー。

彼は、リッチー・ポートのタイムを更新したのだろうか?

 

スポンサーリンク

ウィランガヒルの最速タイム

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@robbiemcewen)がシェアした投稿

 

リッチー・ポートは、今年もウィランガヒルに訪れていた。隣は、ロビー・マキュワン。

リッチー・ポートは、ウィランガヒルでは、1000wで上がっていたのだから凄い。

 

 

第5ステージのプロレースの前に、元プロやアマチュアがウィランガヒルに登頂。リッチー・ポートも参加してトップでゴールしていた。

この様子は、サントス・ツアー・ダウンアンダーの放送中に写されてましたね。リッチー・ポートは、現役を退いているけれど、それでも6分47秒で上がっている。

プロレースでは、Team dsm-firmenich PostNLのオスカー・オンリーがトップで駆け上がったのだけど、過去のリッチー・ポートの記録には1秒及ばなかった。

今年出ていたら勝っていたかも?

2020年のリッチー・ポートの走りはそれだけ凄いということですね。偉大なりミスターウィランガヒル!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました