ロードバイクの情報を発信しています!

2024 サントス・ツアー・ダウンアンダー第5ステージ ウィランガヒルの決戦勝負!

海外情報
Photo credit: Dietmar Down Under on Visualhunt.com
この記事は約19分で読めます。

ウィランガヒルが2020年以来ツアー・ダウンアンダーに帰ってきた。

ミスターウィランガヒルと呼ばれたリッチー・ポートの後を継ぐのは誰か。ここで総合順位もある程度決まってきそうだ。

リーダージャージの若き20歳のメキシカン、アイザック・デルトロは山岳でどんな走りを見せるのか。注目に値する。

 

スポンサーリンク

第5ステージ クリスティーズビーチ~ウィランガヒル  129.3km

コースプロフィール photo tourdownunder

 

最初の100kmは、ポートウィランガやアルドリンガビーチなどの海岸沿いの町を通る平坦コース。

残り25kmで、初めてのウィランガ ヒルの登りが始まる。最大勾配は15%。頂上に着くと、ゴールまで22.4km。最後にもう一度ウィランガヒルを登ってゴールとなる。

ここをトップでかけ上がったライダーがウィンガヒルを制することになる。

 

  1. スプリントポイント  Willunga゜
  2. スプリントポイント  Aldinga Beach
  3. 1級山岳 ウィランガヒル  3.4 km・7.3%
  4. 1級山岳 ウィランガヒル  3.4 km・7.3%

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

さあ、リーダーのアイザック・デルトロは真価を問われるステージだ。ウィランガヒルで総合順位がシャッフルされ、最終ステージの山岳コースで総合優勝が決まる。

 

INEOS Grenadiersは、ヨナタン・ナルバエスがインタビューされていた。山岳でのエースはジョナタン・ナルバエスだ。

 

 

Soudal – Quick Stepのジュリアン・アラフィリップは、まだシーズン序盤なので総合に絡むことはないのでは。

 

ニュートラルスタートに。

 

オフィシャルスタートとなったけれど誰もでない。Team Jayco AlUlaの先頭はカレブ・ユアン。今日はサイモン・イェーツのために平坦でのアシストだ。結局このツアー・ダウンアンダーでは勝利は得られなかった。これは熱中症からの回復でしかたない。

 

さあ、お仕事開始だ。まずはウルフパックのキャスパー・ピーダスンが口火を切る。

 

すぐに9人ほどの逃げとなる。

 

人数が多いと判断されたのか、INEOS Grenadiersが引いて捕まえる。捕まる瞬間にMovistar Teamのヨハン・ヤコブスがアタック。

 

さらに、サムエーレ・バスタチッラとキャスパー・ピーダスンがきた。

 

4人の逃げ

これにAustraliaのリアム・ウォルシュが加わって4人の逃げが完成。これは逃がして貰えそう。

  1. キャスパー・ピーダスン Soudal – Quick Step
  2. ヨハン・ヤコブス Movistar Team
  3. サムエーレ・バスタチッラ Astana Qazaqstan Team
  4. リアム・ウォルシュ Australia

 

スプリントポイント  Willunga

キャスパー・ピーダスンが取っていいよと、譲ってリアム・ウォルシュがトップ通過。

  1. リアム・ウォルシュ Australia 3ポイント・3秒
  2. ヨハン・ヤコブス Movistar Team 2ポイント・2秒
  3. サムエーレ・バスタチッラ Astana Qazaqstan Team 1ポイント・1秒

 

残り52.7kmで3分7秒差。美しい海岸線を走っているけど、キャスパー・ピーダスンはチラッと見ただけ。まあ、集中しているから仕方ないですね。

 

スプリントポイント  Aldinga Beach

スプリントポイントを通過。

  1. ヨハン・ヤコブス Movistar Team 3ポイント・3秒
  2. リアム・ウォルシュ Australia 2ポイント・2秒
  3. サムエーレ・バスタチッラ Astana Qazaqstan Team 1ポイント・1秒

 

キャスパー・ピーダスンは先頭から単独アタックに出た。

 

1級山岳 ウィランガヒル  3.4 km・7.3%

登りが始まると先頭は、Soudal – Quick Stepのキャスパー・ピーダスンだけに。

 

集団先頭付近にはTeam Jayco AlUlaのサイモン・イェーツがいる。その後ろはリーダーのアイザック・デルトロだ。

 

残り900mで19秒差しかない。頂上まで逃げれるのか。

 

あ~、キャスパー・ピーダスンに集団が迫る。

 

キャスパー・ピーダスンは山岳ポイントまで逃げれなかった。捕まってしまう。Australiaのダミアン・ホーゾンが先頭を引く。

 

チームメイトのダミアン・ホーゾンのアシストを受けて、山岳賞ジャージのルーク・バーンズがトップ通過。

 

 

コンチネンタルライダーでこれは凄いことではないだろうか。今日も山岳賞ジャージキープとなる。

  1. ルーク・バーンズ Australia 10ポイント
  2. ジャルディ・クリスティアン EF Education-EasyPost 6ポイント
  3. ダミアン・ホーゾン Australia 4ポイント
  4. クリス・ハーパー Team Jayco AlUla 2ポイント
  5. サイモン・イェーツ Team Jayco AlUla 1ポイント

 

残り14.5km。2回目のウィランガヒルに向けて高速で下っている。Soudal – Quick Stepの先頭は逃げていたキャスパー・ピーダスン。

 

残り10.4km。リーダーのアイザック・デルトロは頭から水をかけている。相当暑そう。オーストラリアは夏だ。

 

登りに向けての位置取りが始まる。残り7.4km。

 

マイケル・ヴィングがアイザック・デルトロを引く。

 

1級山岳 ウィランガヒル  3.4 km・7.3%

さあ、2回目のウィランガヒルだ。

 

Team Jayco AlUlaが先頭を引く。

 

クリス・ハーパーが先頭を引いている。

 

残り2.2kmでクリス・ハーパーがアタック!

 

Team dsm-firmenich PostNLのオスカー・オンリーが反応。

 

オスカー・オンリーは前に出ない。後ろは、INEOS Grenadiersが追っている。

 

二人は追いつかれそう。

 

二人が吸収されるが、クリス・ハーパーはかまわず引き続ける。

 

残り1.2km。クリス・ハーパー、オスカー・オンリー、ヨナタン・ナルバエスと続く。

 

まだ、一列棒状で繋がっている。アイザック・デルトロの後ろは、ジュリアン・アラフィリップだ。

 

クリス・ハーパーがまたも、スパートで集団から頭一つ抜け出す。

 

残り1kmだ。

 

クリス・ハーパーが捕まった。Team Visma | Lease a Bikeのバート・レイメンが先頭に。

 

そして、サイモン・イェーツがアタックだ!

 

サイモン・イェーツは、クリス・ハーパーの引きを生かせるか?

 

サイモン・イェーツがガンガンに攻めて先頭は8人に絞られた。

 

サイモン・イェーツが攻撃を止めない。

 

ジュリアン・アラフィリップが腰を上げた。

 

ゴール手前でジュリアン・アラフィリップがアタック!

 

ジュリアン・アラフィリップがゴールを落とすか?

 

あっと、ジュリアン・アラフィリップはギアが入らないのか、一杯なのか下を向いた。そのすきにオスカー・オンリーがスパート!

 

完全にスピードに乗っている。後ろは、Israel – Premier Techのジャスバー・ストゥイヴェンだ。

 

オスカー・オンリーが見事にウィランガヒルが制した!

これは大きな勝利だ。しかも、これがプロ初勝利となった。2022年CROレースでヨナス・ヴィンゲゴーと登りで互角の走りを見せた若者がついに勝利だ。

 

総合リーダージャージは、同タイムながらIsrael – Premier Techのステューブン・ウィリアムズが獲得。ステューブン・ウィリアムズは第2ステージでも3位に入っており、2回目のボーナスタイム獲得。

 

リーダージャージのアイザック・デルトロは、6秒遅れの8位でゴールしている。総合では5秒差の4位。

総合優勝の行方は、明日の山岳ステージで決まる。

 

リザルト

ステージ優勝したオスカー・オンリーのコメント

信じられないよ。調子はいいと思っていた。このような登りステージでは、何かをしたかった。このメンバー相手に?それがうまくいくかどうかはわからなかった。

いい感じだね。それを維持するために、僕とチームは明日、たくさんの仕事をしなければならない。

フィニッシュ後、彼のオーストラリア人チームメイト、クリス・ハミルトンが真っ先に彼を祝福してましたね。

彼は私ができると知っていた。彼は、ここオーストラリアでの混沌としたスプリントで、私が冷静でいられるように助けてくれた。象徴的な登りで、そこに僕の名前が加わるのは特別なことだ。

 

2位のステューブン・ウィリアムズのコメント(公式サイトより)

予想通り、タフな決勝だった。残り500mの時点で、完璧なポジションにつけていた。最終コーナーからゴールまでの距離を少し過小評価していた。理想を言えば、あの最終コーナーに最初に進入し、そのまま逃げ切ることができたのだが……。

自分のパフォーマンスには満足している。チームメイトのことを本当に誇りに思う。みんなが素晴らしい走りを見せてくれた。明らかに、コービン・ストロングは難しい1日だったようで、リタイアせざるを得なくなった。

 

第5ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 ONLEY Oscar
Team dsm-firmenich PostNL 60
10″
2:52:23
2
 WILLIAMS Stephen
Israel – Premier Tech 40
6″
,,
3
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers 30
4″
,,
4
 ALAPHILIPPE Julian
Soudal – Quick Step 25   0:03
5
 LEMMEN Bart
Team Visma | Lease a Bike 20   ,,
6
 YATES Simon
Team Jayco AlUla 15   ,,
7
 PARET-PEINTRE Valentin
Decathlon AG2R La Mondiale Team 10   0:06
8
 DEL TORO Isaac
UAE Team Emirates 8   ,,
9
 HOWSON Damien
Australia 5   0:12
10
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates 2   0:20
11
 MARIAULT Axel
Cofidis     ,,
12
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious     ,,
13
 SCHULTZ Nick
Israel – Premier Tech     ,,
14
 ZWIEHOFF Ben
BORA – hansgrohe     0:27
15
 BERTHET Clément
Decathlon AG2R La Mondiale Team     0:30
16
 ZIMMERMANN Georg
Intermarché – Wanty     ,,
17
 HAMILTON Chris
Team dsm-firmenich PostNL     0:32
18
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates     ,,
19
 MOLLEMA Bauke
Lidl – Trek     ,,
20
 VERGALLITO Luca
Alpecin – Deceuninck     ,,
21
 HARPER Chris
Team Jayco AlUla     ,,
22
 LÓPEZ Juan Pedro
Lidl – Trek     ,,
23
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team     ,,
24
 VADER Milan
Team Visma | Lease a Bike     ,,
25
 ADRIÀ Roger
BORA – hansgrohe     0:37
26
 BARRÉ Louis
Arkéa – B&B Hotels     ,,
27
 STORER Michael
Australia     0:39
28
 TRONCHON Bastien
Decathlon AG2R La Mondiale Team     0:41
29
 HUBY Antoine
Soudal – Quick Step     ,,
30
 KNOX James
Soudal – Quick Step     0:44

総合

リーダーとなったステューブン・ウィリアムズのコメント(公式サイトより)

ツアー・ダウン・アンダーは通常、秒単位で争われるが、明日もあなたとオンリーが同タイムで争うことになりますね。

接戦になることはわかっていた。明らかに僕たちは同タイムだから、カウントバックでは僕がリードしている。第2ステージのスプリントフィニッシュは、4秒のボーナスセコンドを獲得するのに役立った。

このジャージを着ることができて本当にうれしい。明日はタフなステージになるだろうし、コントロールするのが難しい。かなりストレスの多い1日になると思うが、ここにいるメンバーは経験豊富なので、ベストを尽くして戦えると確信している。

 

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 5 ▲4
 WILLIAMS Stephen
Israel – Premier Tech 10
10″
16:08:18
2 24 ▲22
 ONLEY Oscar
Team dsm-firmenich PostNL  
10″
,,
3 12 ▲9
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers  
5″
0:05
4 1 ▼3
 DEL TORO Isaac
UAE Team Emirates  
11″
,,
5 37 ▲32
 ALAPHILIPPE Julian
Soudal – Quick Step     0:13
6 51 ▲45
 LEMMEN Bart
Team Visma | Lease a Bike     ,,
7 58 ▲51
 YATES Simon
Team Jayco AlUla     ,,
8 30 ▲22
 PARET-PEINTRE Valentin
Decathlon AG2R La Mondiale Team     0:16
9 55 ▲46
 HOWSON Damien
Australia     0:22
10 4 ▼6
 MARIAULT Axel
Cofidis  
6″
0:24
11 9 ▼2
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates  
3″
0:27
12 29 ▲17
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious     0:30
13 67 ▲54
 SCHULTZ Nick
Israel – Premier Tech     ,,
14 8 ▼6
 ZIMMERMANN Georg
Intermarché – Wanty  
3″
0:37
15 45 ▲30
 ZWIEHOFF Ben
BORA – hansgrohe     ,,
16 25 ▲9
 BERTHET Clément
Decathlon AG2R La Mondiale Team     0:40
17 17
 VADER Milan
Team Visma | Lease a Bike     0:42
18 18
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team     ,,
19 28 ▲9
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates     ,,
20 39 ▲19
 MOLLEMA Bauke
Lidl – Trek     ,,
21 57 ▲36
 HAMILTON Chris
Team dsm-firmenich PostNL     ,,
22 56 ▲34
 LÓPEZ Juan Pedro
Lidl – Trek     ,,
23 59 ▲36
 HARPER Chris
Team Jayco AlUla     ,,
24 61 ▲37
 VERGALLITO Luca
Alpecin – Deceuninck     ,,
25 10 ▼15
 BARRÉ Louis
Arkéa – B&B Hotels  
2″
0:45
26 52 ▲26
 ADRIÀ Roger
BORA – hansgrohe     0:47
27 69 ▲42
 STORER Michael
Australia     0:49
28 16 ▼12
 HUBY Antoine
Soudal – Quick Step     0:51
29 21 ▼8
 TRONCHON Bastien
Decathlon AG2R La Mondiale Team     ,,
30 14 ▼16
 PITHIE Laurence
Groupama – FDJ     0:59

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 WELSFORD Sam
BORA – hansgrohe 90
2 2
 GIRMAY Biniam
Intermarché – Wanty 77
3 3
 KANTER Max
Astana Qazaqstan Team 54
4 4
 EWAN Caleb
Team Jayco AlUla 52
5 10 ▲5
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers 45
6 5 ▼1
 PITHIE Laurence
Groupama – FDJ 43
7 9 ▲2
 DEL TORO Isaac
UAE Team Emirates 39
8 14 ▲6
 WILLIAMS Stephen
Israel – Premier Tech 39
9 7 ▼2
 BOVEN Lars
Alpecin – Deceuninck 37
10 8 ▼2
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious 36

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 BURNS Luke
Australia 43
2 2
 VAN DER LEE Jardi Christiaan
EF Education – EasyPost 23
3  
 ALAPHILIPPE Julian
Soudal – Quick Step 10
4 3 ▼1
 SAUNDERS Tristan
Australia 8
5 4 ▼1
 BARRÉ Louis
Arkéa – B&B Hotels 6
6  
 ONLEY Oscar
Team dsm-firmenich PostNL 6
7 5 ▼2
 RANGEL Vinicius
Movistar Team 5
8 6 ▼2
 MARIAULT Axel
Cofidis 5
9  
 WILLIAMS Stephen
Israel – Premier Tech 4
10  
 HOWSON Damien
Australia 4

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 5 ▲4
 ONLEY Oscar
Team dsm-firmenich PostNL 16:08:18
2 1 ▼1
 DEL TORO Isaac
UAE Team Emirates 0:05
3 3
 TRONCHON Bastien
Decathlon AG2R La Mondiale Team 0:51
4 2 ▼2
 PITHIE Laurence
Groupama – FDJ 0:59
5 7 ▲2
 GAROFOLI Gianmarco
Astana Qazaqstan Team 1:34
6 8 ▲2
 PALENI Enzo
Groupama – FDJ ,,
7 6 ▼1
 MORGADO António
UAE Team Emirates 2:11
8 10 ▲2
 TARLING Joshua
INEOS Grenadiers 4:04
9 15 ▲6
 VAN BELLE Loe
Team Visma | Lease a Bike 6:37
10 13 ▲3
 BITTNER Pavel
Team dsm-firmenich PostNL 7:27
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました