ロードバイクの情報を発信しています!

ニバリはチームスカイとの将来を考えている。移籍するつもり?

海外情報
https://www.cyclingweekly.com/news

今年のツール・ド・フランスで優勝を目指していたニバリ。

しかし、第12ステージで観客のカメラのホルダーに当たって落車。ブエルタも世界選手権も良い所を見せること出来ずにシーズン終了。

ヴィンチェンツォ・ニバリはなんと、リーダーの役割でチームスカイに移籍することを検討する。

 

スポンサーリンク

ニバリの思い

https://www.cyclingweekly.com/news

2019年までバーレーンメリダと契約を結んでいるニバリ。チームスカイは世界最高のチームの1つであり、英国チームのジャージを着ることを排除しなかったと述べた。

ニバリは、まだ数年はチームリーダーの役割で、乗り続けようとしていると付け加えた。

 

ロンドンのWTM旅行ショーで、ニバリはCycling Weeklyに次のように語っています。

「過去にTeam Skyが私のことを考えてくれてうれしく思っているよ。

これまでのところ、我々は契約してないけれど、確かにTeam Skyは最高のチームの1つで、ツール・ド・フランスと大きなツアー(Giro d’ItaliaとVuelta)を獲得している。

すべてのチームと真剣に話し合うことができるし、チームスカイもその一つだ。

来年のことについて決定を下そうと思っている。

 

グランツールを達成しているニバリは、アスタナから移籍した2017年以来、バーレーン・メリダで走っている。

ニバリは、2009年のチームスカイ創設時にはチームに参加するための交渉の席についていました。

しかし、彼はリクイガスとの契約のためにチームを移籍することができませんでした。

2013年のインタビューで、ニバリはスカイに参加できなかったことに後悔していると認めた。

 

https://twitter.com/Bahrain_Merida

ワンデーレースでも、優秀なライダーであるニバリは、自転車レースで最も高い評価を得ています。
彼は、2017年にイル・ロンバルディアで勝利。春には他のイタリアのモニュメント、ミラノ・サン・レモで勝利を収めました。

ニバリは、2013年と2016年の両方でジロ・デ・イタリアを、2014年にツール・ド・フランス。

そして2010年にブエルタ・ア・エスパーニャアを獲得しました。

 

https://www.cyclesports.jp/articles/detail/29146

 

ニバリは、スカイへの移籍の中で、自分がどのような役割を果たしていけるのかを聞いた時、

「私のサイクリングの歴史は常にリーダーです。今後数年間は自分自身はリーダーだと思う。

チームが私を連れて行くことを望むなら、彼らは勝つために私を連れて行きたいと思うだろう。

しかし、同じチームのライダーが私の助けを必要としていた場合。過去にも、イバン・バッソ

のように別のライダーがジロ・デ・イタリアに勝利したときには助けます。

私にとっては問題ありません。 シーズンはとても長いです。 あらゆるライダーのためのスペースがあり、私は自分の目標に到達するだけでなく、チームの目標にも到達したい」

 

ニパリの2018年シーズンは

ミラン・サン・レモで栄誉ある勝利を収めたニバリ。ツール・ド・フランスをベストな状態で出場することが出来ました。第12ステージのラルプ・デュエズにレースが進んだ時には4位につけていた。

しかし、ファンとの衝突は、リパリをリタイヤさせ、彼は手術を必要とした。

 

ニバリは、ブエルタでレースに戻りましたが、本調子ではありませんでした。イル・ロンバルディアでは、ティボー・ピノとの一騎打ちで2位に終わりました。

LaPresse – Fabio Ferrari

 

ニバリに2019年の目標について質問すると

「グランドツアーのルートを知ったのはこの前だ。

12月には、バーレーン・メリダのコーチ、スポーツディレクター、チーム運営者と会う予定になっている。12月には、すべての計画をテーブルに置くことができ、2019年の目標を決めることができます。

来シーズンのプログラムを決定するには、チーム、ゼネラルマネージャー、トレーナーと話すことが重要です」

 

メリダとの契約が終わったあと、どうなるのでしょうか。本当にスカイに行ってしまうとリーダーだらけになってしまうので、ますますエースを誰にするのか問題になりそうです。

ただ、ニバリが最初からスカイで走っていたとすると、歴史は変わっていたかもしれないですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました