ロードバイクの情報を発信しています!

ウィルコ・ケルデルマンはシアン・エイテブルックスのいじめの話について語る

海外情報
UnsplashMorgan Bashamが撮影した写真
この記事は約3分で読めます。

ウィルコ・ケルデルマンは、Jumbo-Vismaに移籍する前の2022年にBORA-hansgroheでシアン・エイテブルックスとチームメイトだった。

一緒にレースに乗ったことはないけれど、チームキャンプでは同じように走っている。当時から、シアンは、細かいことにも妥協しない上を目指すタイプだったと。

ポッドキャスト “De Rode Lantaarn “で、ケルデルマンはここ数週間のシアン・エイテブルックスに関するすべての話について語っている。

 

スポンサーリンク

シアン・エイテブルックスについて

 

ウィルコ・ケルデルマンは、2021年からBORA-hansgroheで2シーズン走り、2022年にシアン・エイテブルックスが加入した。

ウィルコ・ケルデルマンは、シアン・エイテブルックスについて以下のように語る。

 

シアンがチームに加わったとき、彼はすでに多くの知識を持っていた。知識が多すぎたのだろうか?

彼はとても野心的で、すべてを把握したがるんだ。サイクリングにもそういう人はいるよね。

シアンと一緒にレースをしたことはないけど、トレーニングキャンプで一緒に過ごしたよ。できるだけ早くトップに立ちたいという、とても意欲的な少年を見た。それは悪いことではないよ。

だが、あの若さで、チーム全体と協力しなければならない。もちろん、それは簡単なことではない。

サイクリング界に20年いる30歳、40歳の男たちとコミュニケーションをとることだ。彼が新しいアイデアを思いついたと言っているわけではなく、自分の能力を最大限に引き出すための仕組みが欲しかっただけなんだ。

結局のところ、栄養、トレーニング、休養といったものが不可欠なんだ。

Jumbo-VismaよりBORA-hansgroheの方がそういうことが少なかったのは事実だ。でも、それは結果にも表れている。

Jumbo-VismaはBORA-hansgroheだけでなく、ほとんどのチームより上だと思う。だから、彼のTeam Visma | Lease a Bikeへの移籍は、シアンにとって良い選択だと思う。

 

シアン・エイテブルックスが去った理由のひとつは、BORA-hansgroheのいじめ文化にあったと言われているけど?

この男は早くトップになりたい野心家なんだ。男性の間では、冗談は言われるものだ。18歳の少年はまだ少し自信がなかったり、繊細だったりするかもしれない。

そんな彼が、何年もプロトンにいる30歳、35歳の男たちと接触する。本当のいじめがあったとは思えない。

 

2シーズンBORA-hansgroheに所属していたウィルコ・ケルデルマンだが、シアンがいじめにあっていたというアプリなどの存在については何も語っていない。

本当にいじめがあったのか、嫉妬だったのかそれはわからない。まあ、どちらにしても少し残念な話ではある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました