ロードバイクの情報を発信しています!

2023 サウジツアー第4ステージ クイーンステージを制したのは?

海外情報
Photo credit: Waleed (@65WZ) on Visualhunt.com
この記事は約16分で読めます。

サウジツアーは、第4ステージがクイーンステージとなる。

砂漠だけど、標高1,166mのハラットウワイリッドの登りで勝負となる。

明日は、平坦ステージなので、このステージで総合順位は決まる。リーダーの、ジョナサン・ミランは、サンティアゴ・ブイトラゴのためにアシストすると言っている。

果たして、総合優勝をたぐり寄せるのは誰か。

 

スポンサーリンク

第4ステージ ウィンターパーク~ハラットウワイリッド  163.4km

コースプロフィール Image credit: thesauditour

 

最後のボーナススプリントが設定されている登りは、2.9kmと短いけど平均勾配12%。だが、最大勾配は22%と殺人級だ。

ボーナススプリントを獲得すれば、ゴールまでは8.5km。やや下っているので少人数でゴールを狙うはず。もしくは独走するライダーがいるかな。

 

  1. スプリントポイント sprint
  2. スプリントポイント sprint
  3. ボーナススプリント 2.9km・12%

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

全面ガラス貼りの、マラヤ・コンサートホールからスタート。選手の待機している場所の椅子も豪華なソファが用意されている。

 

ブジャの巨人ことジョナサン・ミランは、今日はサンティアゴ・ブイトラゴのアシストだ。

 

第4ステージの4賞のジャージを着用しているのは

  • 総合 ジョナサン・ミラン Bahrain Victorious
  • ポイント賞 ディラン・フルーネウェーヘン Team Jayco AlUla
  • MOST ACTIVE RIDER マーカス・サンダー・ハンセン(Uno-X Pro Cycling Team) 
  • 新人賞 アンドニ・ロペス・デ・アベチュコ Euskaltel-Euskadi

 

スタート

さあ、スタート。

 

4人の逃げ

逃げているのは4人。

  1. フェリックス・エンゲルハルト Team Jayco AlUla
  2. ニコラス・ズコウスキー Q36.5 Pro Cycling Team
  3. Antonio Barać (TeamCorratec)
  4. MOHD ZARIFF Muhammad Nur Aiman(Terengganu Polygon Cycling Team)

 

スプリントポイント sprint

1回目のスプリントポイント通過。

  1. Antonio Barać (TeamCorratec) 3ポイント
  2. フェリックス・エンゲルハルト Team Jayco AlUla 2ポイント
  3. MOHD ZARIFF Muhammad Nur Aiman(Terengganu Polygon Cycling Team)1ポイント

 

残り59kmで1分26秒差とタイム差はコントロールされている。

 

スプリントポイント sprint

2回目のスプリントポイントを通過。

  1. Antonio Barać (TeamCorratec) 3ポイント
  2. ニコラス・ズコウスキー Q36.5 Pro Cycling Team 2ポイント
  3. フェリックス・エンゲルハルト Team Jayco AlUla 1ポイント

 

Bahrain Victoriousのセルビア王者ドゥシャン・ラヨヴィッチが先頭。後ろは、バーレーン王者のアーメド・マダン。

 

逃げに乗っているTeam Jayco AlUlaのフェリックス・エンゲルハルトは、2022欧州U23ロードチャンピオン。今年からチーム入りしている。

 

残り32.7kmで1分53秒差と広がる。そろそろ他のチームも先頭交代にメンバーを送る時かな。

 

ようやくUAE Team Emirates、Uno-X Pro Cycling Teamなど他チームが先頭に立った。登りまでに、逃げを捕まえたいところ。

 

先頭から一人切れてしまう。

 

残り23.5kmで48秒と射程圏内となった。

 

36秒差。なんとか登りまで逃げたいが無理だ。

 

先頭から、一人ずつ切れていく。

 

Team Jayco AlUlaのフェリックス・エンゲルハルトも先頭からきれた。

 

先頭は、Q36.5 Pro Cycling Teamのニコラス・ズコウスキーのみに。タイム差は17秒しかない。

 

残り12kmでニコラス・ズコウスキーも捕まる。

 

少しずつ登りだした。

 

ボーナススプリント 2.9km・12%

集団が小さくなっていく。

 

ディラン・フルーネウェーヘンも切れる。

 

かなりキツソウだ。

 

時速10kmくらいで登っている。誰がアタックをかける?

 

絞られてきた。

 

22%勾配でダヴィテ・フォルモロが先頭に。

 

サンティアゴ・ブイトラゴは、少し離れている。

 

4人に絞られる。

  1. ルーベン・ゲレイロ Movistar Team
  2. サンティアゴ・ブイトラゴ Bahrain Victorious
  3. ダヴィテ・フォルモロ UAE Team Emirates
  4. グレゴール・ミュールベルガー UAE Team Emirates

 

ここで、ダヴィテ・フォルモロがアタック!

 

これには、フェリックス・グロスチャートナーが切れてしまう。

 

今度は、ルーベン・ゲレイロがアタック!

 

変わって、サンティアゴ・ブイトラゴが前に。

 

ボーナススプリント

スプリントポイント前で、ルーベン・ゲレイロがアタック!

 

ルーベン・ゲレイロが先頭で通過。

  1. ルーベン・ゲレイロ Movistar Team 3ポイント・3秒
  2. サンティアゴ・ブイトラゴ Bahrain Victorious 2ポイント・2秒
  3. ダヴィテ・フォルモロ UAE Team Emirates 1ポイント・1秒

 

 

ジョナサン・ミランは、第3グループ。

 

第2グループはまとまりそうだ。

 

先頭は3人はうまく回らない。

 

ジョナサン・ミランは、第3グループの先頭を引く。

 

残り5kmでフェリックス・グロスチャートナーが先頭に追いつく。

 

すぐに、フェリックス・グロスチャートナーが先頭に。

 

第2グループからMovistar Teamのグレゴール・ミュールベルガーが抜け出す。

 

先頭は残り2km。UAE Team Emiratesは二人いるけど、有利に働けるか。

 

ジョナサン・ミランがいる第3グループは48秒差に。

 

サンティアゴ・ブイトラゴが、ロングアタック!

 

だが、これは無理だろう。

 

ルーベン・ゲレイロに追いつかれる。

 

残り250m。後ろから、グレゴール・ミュールベルガーも追いつくか。

 

 

ルーベン・ゲレイロが前に出た。

 

二人が追い込む。

 

ダヴィテ・フォルモロが粘るが~。

 

 

ルーベン・ゲレイロが、先頭でゴール!

UAE Team Emiratesは、二人いたけどグレゴール・ミュールベルガーが追走に足を使っていたのが痛かった。ただ、スプリントではクライマーのダヴィテ・フォルモロに勝ち目はなかったかも。

ルーベン・ゲレイロは、2020ジロ・デ・イタリア山岳賞を獲得。2021モン・ヴァントゥ・チャレンジでも優勝しており山岳の力はずば抜けている。

EF Education-EasyPostとは2023年まで契約があったが、Movistar Teamに今年移籍している。まずは、移籍しての初勝利だ。

 

スポンサーリンク

リザルト

ルーベン・ゲレイロのコメント

最後の登りは、僕とチームメイトがトレーニングセッションですでに自転車で登ったことがあるので、わかっていた。でも、風が強くて緊張した日々に、脚がどうなるかはわからなかった。でも、素晴らしいチームメイト、チームリーダー、スタッフのおかげでうまくいった。この勝利は彼らのため、そして私の家族のためだ。

秘訣は待つこと、待つこと、待つこと。とても緊張するレースだ。風の影響ですごく早くなったり、すごく遅くなったりする。一週間のうち、この段階では待つしかないんだ。

登りまで3時間、登りでも足が良いのに先に進まなかった。ダヴィデ・フォルモロととサンティアゴを見ていた。サンティアゴはポーカーフェイスで、降りなければならないと思ったからだが、その後、ボニシングスプリントに出た。

フェリックスが復帰したことで、UAE Team Emiratesの2人のライダーが働けるようになったのはいいことだ。サンティアゴは速いので、目を離さないようにしなければならなかった。幸いなことに、スプリントではまだ脚が残っていたんだ。

移籍して最初のレースで結果がでましたね。

入社1年目の私。チームとエウセビオ(チームマネージャー)にはとても感謝している。

総合優勝は目の前ですね。

でも、そんなことはどうでもよくて、とにかく先にゴールすることに集中した。ジャージもあるのはとてもうれしいですね。とても良いチームなので、もう1日頑張るために集中している。

第4ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team 14
3″
3:45:01
2
 FORMOLO Davide
UAE Team Emirates 5
1″
,,
3
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious 3
2″
,,
4
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates     0:04
5
 BARTA Will
Movistar Team     0:22
6
 MÜHLBERGER Gregor
Movistar Team     0:23
7
 MARIAULT Axel
Cofidis     ,,
8
 AZPARREN Xabier Mikel
Euskaltel – Euskadi     ,,
9
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla     0:28
10
 CONSONNI Simone
Cofidis     ,,
11
 HINDSGAUL Jacob
Uno-X Pro Cycling Team     ,,
12
 EDMONDSON Alex
Team DSM     ,,
13
 GIBBONS Ryan
UAE Team Emirates     ,,
14
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team     ,,
15
 TIZZA Marco
Bingoal WB     ,,
16
 SAINBAYAR Jambaljamts
Terengganu Polygon Cycling Team     ,,
17
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious     ,,
18
 PEYSKENS Dimitri
Bingoal WB     ,,
19
 DONOVAN Mark
Q36.5 Pro Cycling Team     ,,
20
 JUARISTI Txomin
Euskaltel – Euskadi     ,,
21
 FERNÁNDEZ Rubén
Cofidis     0:33
22
 SVESTAD-BÅRDSENG Embret
Human Powered Health     ,,
23
 BALMER Alexandre
Team Jayco AlUla     ,,
24
 KEPPLINGER Rainer
Bahrain – Victorious     0:53
25
 NIBALI Antonio
Astana Qazaqstan Team     0:58
26
 ŠTYBAR Zdeněk
Team Jayco AlUla     1:15
27
 FLYNN Sean
Team DSM     1:28
28
 COTÉ Pier-André
Human Powered Health     ,,
29
 VAN DER BEKEN Aaron
Bingoal WB     ,,
30
 ALLEGAERT Piet
Cofidis     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 4 ▲3
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team 3
15″
17:09:51
2 11 ▲9
 FORMOLO Davide
UAE Team Emirates  
7″
0:08
3 12 ▲9
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious  
6″
0:09
4 5 ▲1
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates  
1″
0:18
5 1 ▼4
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious  
16″
0:24
6 2 ▼4
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team  
8″
0:32
7 19 ▲12
 BARTA Will
Movistar Team     0:37
8 16 ▲8
 AZPARREN Xabier Mikel
Euskaltel – Euskadi     0:38
9 6 ▼3
 CONSONNI Simone
Cofidis     0:43
10 7 ▼3
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla     ,,
11 10 ▼1
 TIZZA Marco
Bingoal WB     ,,
12 17 ▲5
 HINDSGAUL Jacob
Uno-X Pro Cycling Team     ,,
13 20 ▲7
 DONOVAN Mark
Q36.5 Pro Cycling Team     ,,
14 21 ▲7
 PEYSKENS Dimitri
Bingoal WB     ,,
15 13 ▼2
 SVESTAD-BÅRDSENG Embret
Human Powered Health     0:48
16 18 ▲2
 FERNÁNDEZ Rubén
Cofidis     ,,
17 23 ▲6
 MÜHLBERGER Gregor
Movistar Team     0:49
18 25 ▲7
 SAINBAYAR Jambaljamts
Terengganu Polygon Cycling Team     1:11
19 8 ▼11
 COTÉ Pier-André
Human Powered Health     1:43
20 14 ▼6
 MEIJERS Jeroen
Terengganu Polygon Cycling Team     ,,

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious 27
2 2
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 27
3 3
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team 22
4 4
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team 22
5 10 ▲5
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team 21
6 14 ▲8
 FORMOLO Davide
UAE Team Emirates 16
7 6 ▼1
 WALSCHEID Max
Cofidis 14
8 5 ▼3
 KANTER Max
Movistar Team 14
9 11 ▲2
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates 12
10 7 ▼3
 RAJOVIĆ Dušan
Bahrain – Victorious 12

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 3 ▲2
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious 17:10:00
2 1 ▼1
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious 0:15
3 5 ▲2
 AZPARREN Xabier Mikel
Euskaltel – Euskadi 0:29
4 6 ▲2
 HINDSGAUL Jacob
Uno-X Pro Cycling Team 0:34
5 7 ▲2
 DONOVAN Mark
Q36.5 Pro Cycling Team ,,
6 4 ▼2
 SVESTAD-BÅRDSENG Embret
Human Powered Health 0:39
7 8 ▲1
 VAN UDEN Casper
Team DSM 2:50
8 18 ▲10
 MARIAULT Axel
Cofidis 3:17
9 12 ▲3
 MACIEJUK Filip
Bahrain – Victorious 3:31
10 10
 ZUKOWSKY Nickolas
Q36.5 Pro Cycling Team 4:07
こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました