ロードバイクの情報を発信しています!

ホイールのリムがいつ磨耗したかを知る方法と長持ちさせる方法

メンテナンス
この記事は約5分で読めます。

チェーンの摩耗などだったら、チェーンチェッカーなどで測ることが出来ますね。

 

では、ホイールのリムの摩耗はどうやって測れば良いでしょうか?

リムが摩耗しすぎるとブレーキ性能が低下してしまうので問題です。

ただ、ディスクブレーキでは関係ないです。

 

スポンサーリンク

アルミリムの交換時期

リムブレーキの場合、ブレーキをかける表面としてリムは使われるので磨耗する。

ディスクブレーキならば、ハブにマウントされたディスクローターがリムではなくブレーキング面なので問題ありません。

 

溝がある場合

https://road.cc/content/feature/238960-how-tell-when-your-wheel-rims-have-worn-out-and-how-make-them-last-longer

多くのリムには摩耗インジケータがある。

リムが寿命に近づいている時期を判断し、いつ交換すべきかについてのリスクを排除することを非常に簡単にするように設計されている。

2つのタイプがあって

  1. 溝がある場合
  2. 穴がある場合

上の写真のような溝が、ブレーキ面の中央でリムの全周に追加されている。

黒い線です。

 

時間が経つにつれて、この溝はより浅くなり、それが消えたら、リムを交換する時期となる。

 

穴がある場合

もう1つの一般的な摩耗インジケータは、リムある小さな穴です。この穴が見えなくなったら、リムを交換する時期となる。

 

アルミホイールを買った場合には、最初にチェックしておく。
 

リムが早く消耗する場合は?

https://road.cc/content/feature/238960-how-tell-when-your-wheel-rims-have-worn-out-and-how-make-them-last-longer

 

リムが早く摩耗する理由は?
考えられる要因
  • ブレーキパッド内の砂利や泥の堆積
  • 磨耗した、または調整が不十分なブレーキパッドの使用
  • 頻繁にブレーキをかける
  • 軽量リムはサイドウォールが薄いため摩耗しやすい

 

リムを掃除する

https://road.cc/content/feature/238960-how-tell-when-your-wheel-rims-have-worn-out-and-how-make-them-last-longer

リムブレーキ面に注意を払う必要があります。

定期的な自転車の洗浄とメンテナンスをスケジュールの一部にするのが有効。

リムとブレーキシューのプロフィールと状態に特に注意を払ってください。リムのブレーキ面を損傷する可能性があるので、ブレーキシューに引っかかる可能性のある破片や屑を取り除きます。 

ホイールリムやブレーキキャリパーの定期的な清掃は、チェーンやディレイラーの清掃と同様に重要。

定期的な目視検査で、リムまたはブレーキシューが磨耗していないかチェック。

リム面を簡単に綺麗にするには、ラバー磁石が簡単で良いです。

 

 

お安いのだったら、こちらもレビューは良い評価されています。

 

ブレーキシューの注意点
破片やゴミを取り除く
  • ホイールを外して点検。もしくはシューを外して点検。
  • ゴムの中に埋め込まれているゴミ、石、ガラスを取り除く。
  • 溝にたまったゴミもすべて取り除く。

 

ブレーキシューはリムよりもずっと早く磨耗する。そのように設計されている。

さまざまな条件に合わせて、さまざまな種類のブレーキシューを選択できます。

一般的に、柔らかいコンパウンドは、硬いコンパウンドブレーキブロックと比較してリム寿命を延ばします。

 

カーボンファイバーリム

カーボンホイールを使用している場合はどうなりますか?

定期的にブレーキシューに引っかかった破片をチェックして、すべての表面がきれいにされていることを確認する。

アルミリムと一緒ですね。

https://road.cc/content/feature/238960-how-tell-when-your-wheel-rims-have-worn-out-and-how-make-them-last-longer

アルミ製のリムと同じように、凹型のリムは、カーボンリムが磨耗していることを示す兆候となるので、確認する必要がある。

しかし、カーボンリムが磨耗していることを目で見分けるのは困難。

 アルミニウムリムのように磨耗インジケータは見当たらないので、カーボン表面に特に注意を払いたい。

一般的に言って、カーボンファイバーのリムは特別な材料の層で構成されて、優れたブレーキ性能を与え、熱の蓄積を防ぎ、リムの寿命を延ばしている。

この最上層の下には、未加工の炭素織物がある。

カーボンホイールを使っていて、この構造層が露出している場合は、リムの交換時期になる。

この領域ではリムが変色したり、最上層のカーボンを通して透けて見えることがあるので要注意。

 

https://road.cc/content/feature/238960-how-tell-when-your-wheel-rims-have-worn-out-and-how-make-them-last-longer

各カーボンリムブランドは特定のブレーキシューを推奨しており、他のカーボン固有のブレーキシューを使用するとリムに悪影響を及ぼす可能性があるため、この推奨事項に従うのが良い。

場合によっては、メーカーの保証を受けられなくなるので注意が必要。

 

私の場合には、ENVEのホイールにはENVE用ブレーキシューではなくて、CORIMAのブレーキシューを使ってます。

こちらは購入店での推奨。コルクのブレーキシュー。

コルクのブレーキシューの場合の再生方法を記事にしてます。

 

ブレーキシューの関連記事。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました