ロードバイクの情報を発信しています!

マーク・カヴェンディシュがツール・ド・ポローニュをリタイヤした理由

海外情報
photo form Mark Cavendish instagram
この記事は約4分で読めます。

ツール・ド・フランスに出場出来なかったマーク・カヴェンディシュ。

現在は、ツール・ド・ポローニュに出場していた。

 

第1ステージでは、チームにアシストされていたのにゴール前でクラッシュ。

そして、第6ステージではスタートせずにリタイヤ。

あららっ。

何故に、マーク・カヴェンディシュはリタイヤしたのか?

 

スポンサーリンク

50%のリタイヤプラン

どうやら、Team Dimension Dataのチームスタッフは「50%のリタイヤプラン」と最初から作成したいた模様。

つまり、日曜日にあるヨーロッパ選手権エリート男子に出場するために調整するつもりだったらしい。

第6・第7ステージはとても山岳が厳しいので疲労するよりは週末のイベントに集中することを選択したようだ。

 

「ヨーロッパ選手権を念頭に置いて、計画は50%でした。

100パーセント確実だったのは、彼が最初の3つのステージ(すべてほぼ完全にフラット)を走ること。
その後、感じ方に応じて、おそらく第5ステージに進み、6ステージDNFは最終的にマークが判断したことです」

とDimension DataのAlex Sans Vegaは、ザコパネのステージ6の開始時にCyclingnewsに語っている。

スプリンター選手が良く使う調整方法ですね。

マーク・カヴェンディシュは、第1ステージではクラッシュしましたが、第3ステージでは6位を獲得。

久々のワールドツアーレースでの6位でカヴェンディシュも手ごたえを感じたようだ。

「彼はレースにとても集中しており、少しずつ状況が改善されています。まだより多くのレースリズムを必要としていますが、状態は徐々に上がっている。

日曜日に彼らの戦略がどうなるかを決めるのは英国代表チームのコーチ次第ですが、彼をゴールに連れて行ってくれると確信しています」

 

イギリスチームのエースとなれるか?

イギリス代表メンバーを見てみると

 

イギリスチーム
スタートリスト
  • アダム・ブライス(Lotto-Soudal)30歳 スプリンター
  • マーク・カヴェンディシュ(Dimension Data)34歳 スプリンター
  • ガブリエル・カリ(Team Wiggins Le Col)23歳
  • アレックス・ダウセット(Katusha-Alpecin)31歳 TTスペシャリスト
  • クリストファー・ローレンス(Team Ineos)24歳 スプリンター
  • ダニエル・マクレー(EF Education First)27歳 スプリンター
  • ルーク・ロウ (Team Ineos)27歳 ルーラー
  • コナー・スイフト (Team Arkéa Samsic)23歳 ルーラー

 

スプリンターが揃ってますね。

コナー・スイフトはTeam Arkéa Samsicに移籍する前には、カヴェンディシュのリードアウト役だったので協力してくれるだろう。

 

実績から言ったら、カヴェンディシュが一番だが、キス病から完全復活している訳ではにない。

なのでエーススプリンターとなれるかどうかは微妙ですね。

 

 

ちなみには、マーク・カヴェンディシュはブエルタ・ア・エスパーニャの暫定リストに入っている。

ツールには出れなかったけれども、ブエルタには出場出来るかもしれない。

ブエルタのスプリントに期待してみたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました