ロードバイクの情報を発信しています!

タデイ・ポガチャルがUAE-Team Emiratesと異例の長期契約更新

海外情報
Photo tadejpogacar instagram
この記事は約6分で読めます。

UAE-Team Emiratesの若きエースとなったタデイ・ポガチャル21歳。

2022年までの契約だったが、更に2024年まで2年間の契約延長を発表。Ljubljana Gusto Xaurumコンチネンタルチームから、2019年にUAE-Team Emiratesに移籍。

実に25歳までチームに留まることになり、エースとしてチームを率いることになる。

 

スポンサーリンク

2019年の活躍

チームの公式ツイッターでも契約延長を発表。

タデイ・ポガチャルが2019年にチームに移籍してからの活躍は素晴らしかった。

Tadej Pogačar 
2019年主な成績
  • Volta ao Algarve em Bicicleta (2.HC)  総合優勝
  • Gran Premio Miguel Indurain (1.1)  6位
  • Itzulia Basque Country (2.UWT) 総合6位
  • Amgen Tour of California (2.UWT) 総合優勝
  • National Championships Slovenia – ITT (NC) 優勝
  • Gran Premio Città di Lugano (1.1)  7位
  • Tour of Slovenia (2.HC)  総合4位
  • La Vuelta ciclista a España (2.UWT) Stage9・13・20優勝 総合3位

プロデビュー1年目で8勝。

ツアー・ダウンアンダーでプロデビューを飾り総合13位で滑り出し。そこから凄まじい活躍を見せ始め、ツアー・オブ・カリフォルニアでは総合優勝を決めてしまう。

そして、迎えた初めてのグランドツアーのブエルタでステージ3勝。

特に総合3位をたぐりよせた第20ステージの独走は彼の未来を垣間見る走りとなり、自らの足で総合3位を勝ち取った。

このブエルタ出場も、エースとなるはずだったファビオ・アルを助けるつもりでプレッシャーは全くなかったと本人は語っている。

第9ステージで優勝した時点で、タデイ・ポガチャルの表彰台を予測したけど、まさか本当に表彰台にあがるとは思ってもみなかった。

 

この若さでブエルタの表彰台に上がったのだから、当然今年はツール・ド・フランスに挑戦するのも納得だ。

 

2020年も素晴らしい滑り出し

Photo tadejpogacar instagram

Volta a la Comunitat Valenciana 

2020年シーズンデビューのボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナでは第2ステージでアレハンドロ・バルデルデをくだし、第4ステージではワウト・プールスを破って優勝。

第4ステージのパワーデータが公開されているが、アタックをかけた地点で、2分間で474Wで7.5倍という驚異的なパワーを発揮している。

 

シーズン最初のステージレースで総合優勝を決めた。

 

UAE Tour 

Photo uae_team_emirates instagram

第3ステージのジュベル・ハフィート山頂ゴールを制したアダム・イエーツ(Mitchelton-Scott)は過去最速のタイムで走り切った。

さすがに、タデイ・ポガチャルもこの走りにはついていけない。

 

第5ステージは第3ステージと同じジュベル・ハフィート山頂ゴール。ここでは、アダム・イエーツとアレクセイ・ルツェンコと同タイムながら、1位でゴールを駆け抜けた。

結局UAEツアーは、第5ステージが最終ステージとなってしまう。

 

結局、アダム・イエーツに第3ステージでつけられたタイム差のまま推移し総合は2位で終えている。

ここから、自転車界はパンデミックに飲み込まれてしまう。まさか、ここまでなるとは誰も予測してなかっただろう。

 

2020年シーズンも好調なままスタートしたタデイ・ポガチャル。この世代の最高のライダーの一人であることは間違いない。

ツール・ド・フランスでは、これから長くエガン・ベルナルの好敵手となるはず。この逸材をチームが手放すはずもない。

 

タデイ・ポガチャルは今回の契約延長について

UAEチームエミレーツとの関係を継続できてうれしい。私はここでプロに転向し、みんなをとても心地よく感じている。

私はチームを信じており、この野心的なプロジェクトに参加したいと思っている。今後5年間は、チームにとっても私のキャリアにとっても基本的なことであり、両者にとって実りの多い年になることを期待している。

ポガチャルは、改善出来る点は全て改善したいと考えている。その一つがタイムトライヤルの改善。グランドツアー制覇にはTTのタイムが大きく関係してくる。

改善出来る課題が全て解決した時、彼の未来に何が待っているのか、それが彼自身をどこに導くのか冷静に見ている。

まずは、2024年までUAE-Team Emiratesで戦う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました