ロードバイクの情報を発信しています!

テイメン・アレンスマンは、ポジションを確立しブエルタに挑む

海外情報
Photo credit: jacilluch on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

ティメン・アレンスマンのINEOS Grenadiersでの最初の数ヶ月は、彼の期待通りにはいかなかった。

  • ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ 総合30位
  • ヴォルタ・アン・アルガルヴェ 総合24位
  • ティレーノ〜アドリアティコ 総合22位
  • ツアー・オブ・アルプス 総合33位

この才能あるクラスライダーに疑念がつきまとい、移籍のせいもあって難しいスタートを切った。

しかし、5月のジロ・デ・イタリアで6位に入賞し、ゲラント・トーマスを2位に導いたことは、彼にとって良いことだった。

ブエルタ・ア・エスパーニャを目指すポーランドで、「このグループのおかげで落ち着いている」と彼は認めている。

 

スポンサーリンク

信号は良好

 

すべてがうまくいけば、ブエルタに乗りたい。もちろん、まずは選ばれなければならないけれど、いい兆しが見えていると思う。

アンドラではジロ・グループの一部と一緒にいいトレーニングができたし、とても楽しかった。だからブエルタにも出たいんだ。

 

昨年、ジロ(18位)とブエルタ(6位)で同じことをしましたね。では、スペインでは何を期待できるのか?最終順位は……?

そうでもないよ。特にG(トーマスの愛称)のために走ったことを考えればね。でも、この6位をトーマスのジロ優勝と交換してもいいくらいだよ。

ブエルタでもそういうことができるといいね。でも、Gが勝って僕がリタイヤするほうがいい。彼と一緒にブエルタで勝てたらとてもうれしいし、そのあとは将来に目を向けるよ。

 

このポローニュでは、良い総合順位ではありませんでしたね。

高地トレーニングの直後は、まだ本調子ではないことが多く、リーダーのミハウ・クフィアトコフスキのために汗を流している。

チームのためにいい仕事ができる。計画通りに進んでいるし、ここでできる仕事に満足している。水曜日はローレンス・デプルスと一緒に先頭でいい走りができた。とてもタフだったけど、楽しかった。

ミハエルのために何かお返しができるのも嬉しい。それに、いいトレーニングにもなったしね。

 

INEOS Grenadiersの現在のブエルタ暫定リストは

  • ゲラント・トーマス
  • テイメン・アレンスマン
  • フィリッポ・ガンナ
  • ローレンス・デプルス

2022ブエルタでは、総合6位。今回はゲラント・トーマスのアシストとして走ると、この成績は難しい。さらに、他チームのライバルも多い。

テイメン・アレンスマンは、どんな走りを見せてくれるだろうか。それは、来年のグランドツアーでのポジションにも関わってくる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました