ロードバイクの情報を発信しています!

ソーレン・ヴァーレンショルトはUAE Team Emiratesの巨額のオファーを断る

海外情報
UnsplashPriscilla Du Preezが撮影した写真
この記事は約4分で読めます。

8月1日になると移籍情報が解禁となる。

すでに噂で沢山のライダーの移籍情報が入っているけど、エース級のクライマーやスプリンターが移籍することも珍しくはない。

チームのエースでも、他のチームの総合エースを助けるために移籍する選手も沢山いる。資金力のあるチームは多くのライダーを引きよせているのは当然のことだ。

だが、Uno-X Pro Cycling Teamのソーレン・ヴァーレンショルトは、UAE Team Emiratesからの巨額オファーを断ったことを発表している。

 

スポンサーリンク

Uno-X Pro Cycling Teamと契約

 

ソーレン・ヴァーレンショルトは、Uno-X Pro Cycling Teamと2026年まで契約を結び、現在ツール・ド・フランスに出場している。

ソーレン・ヴァーレンショルトは、ツールで2度優勝しているタデイ・ポガチャル、アダム・イェーツ、ジョアン・アルメイダ、フアン・アユソなど、プロトン最大のチームのひとつであるUAE Team Emiratesからの興味を明らかにした。

しかし、彼はこのオファーを断ることを決め、代わりに今年ワイルドカードで招待された後、ツール初参加のチームであるUno-Xに所属することを決めたという。

 

UAE Team Emiratesからのオファーについては?

誘惑に駆られますよね。ノルウェー人がエミレーツ航空などをあまり好まないことは知っている。

もちろん、それは私の決断に一役買った。むしろ道徳的、倫理的に正しい選択をしたいのであって、給料を何よりも優先させたいわけではない。

さらに、Uno-X Pro Cycling Teamも良いオファーを出してくれた。受け入れるのは簡単だった。新興チームの一員であることも素晴らしいことだ。

2017年にスタートしたときは小さなチームだった。今年は初めてツール・ド・フランスを走る。その発展の一翼を担えるのは素晴らしいことだ。セレクションはおそらく来年さらに強化されるだろう。

 

将来の中心選手

 

ソーレン・ヴァーレンショルトは、2022世界選手権U23個人タイムトライヤル優勝。

TT王者は、ついにプロレースでも勝利を上げる。

まずは、2023サウジツアー第3ステージ。登りスプリントでプロ初勝利をあげた。

 

続いて、バロワーズベルギーツアー第3ステージの個人タイムトライヤルで2勝目。元ベルギー王者のイヴ・ランパールトを破っての勝利の意味は大きい。

 

また、2023ノルウェー選手権個人タイムトライヤルでも、タイトルを獲得している。

プロサイクリストは、当然給料を貰って仕事をしている。チームとの契約は活躍しなければすぐに打ち切られる厳しい職業だ。

長期契約で巨額なオファーを受ければ心が動かないはずはない。それでも、母国のチームを優先するという心意気が嬉しい。

まるで、広島東洋カープに復帰するときに、黒田博樹が20億の巨額オファーを断って帰ってきたことを思い出すような出来事だ。チームに対する愛が感じられる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました