ロードバイクの情報を発信しています!

2022 世界選手権U23男子個人タイムトライヤル 次代を担うライダーは誰だ。

海外情報
Photo credit: Kaptain Kobold on Visualhunt.com
この記事は約12分で読めます。

男子エリートに続いて男子U23の世界選手権個人タイムトライヤル。

すぐにエリートに進出して活躍するライダーも多いので注目だ。ただ、U23を通り越してジュニアからすでにエリートに出場しているライダーも多いのは事実だ。

すでにワールドツアーチームで走っているライダーもおり、注目のレースとなる。

過去の優勝者

  • 2021 ヨハン・プリースパイタースン
  • 2019   ミッケル・ビョーグ
  • 2018 ミッケル・ビョーグ
  • 2017 ミッケル・ビョーグ
  • 2016  マルコ・マティス
  • 2015 マッズ・ウィルシュミット
  • 2014  FLAKEMORE Campbell
  • 2013 ダミアン・ホーゾン
  • 2012  VOROBYEV Anton
  • 2011 ルーク・ダーブリッジ

デンマークは、UAE Team Emiratesのミッケル・ビョーグから4年連続で世界王者を出している。5連覇なるか?

 

スポンサーリンク

ウランゴン~ウランゴン 28.8km

コースマップ photo procyclingstats

 

エリートよりも距離は短く28.8kmに。

 

コースプロフィール photo strava

 

マウント オースリー(700m・6.7%)の登りはエリートと同じようにある。海岸が近く、風の影響も受けるコースだ。

 

  1. 第1計測 7.2km
  2. 第2計測 21.8km

 

カール・フレデリック・ベヴォール ノルウェー

2022年からUno-X Pro Cycling Teamの開発チームで走っているカール・フレデリック・べヴォール。

 

第1計測9分2秒で暫定トップ。更に第2計測でも27分で暫定トップ。

 

ゴールは34分52秒79のav49.5km/hで暫定トップに。かなり良いタイムで、これが前半の目標タイムになりそう。

 

それにしても最近は、大きなシールドが主流になっている感じ。

 

レナート・ヴァン・エトヴェルト ベルギー

現在、Lotto Soudal U23で走っており、2023年から2年契約でプロとなる。

 

第1計測では、9分10秒で暫定2位。

 

ゴールは35分50秒のav48.2km/hで暫定2位。

 

ハンネス・ウィルクシュ ドイツ

現在、Development Team DSMで走っている20歳。

 

ゴールは36分27秒。av47.407km/hで暫定3位。

 

レオ・ヘイター 英国

さあ、注目のレオ・ヘイターだ。ご存じINEOS Grenadiersのイーサン・ヘイターの弟。8月1日からtrainee(研修生・テスト生)でINEOS Grenadiersで走っている。

 

バイクはBMC。英国U23の2年連続のTT王者だ。世界選手権には初めての出場となる。

 

第1計測で8分55秒56。av47.7kmで暫定トップに。7秒も更新してきた。

 

レオ・ヘイターは第2計測ポイントで、34分37秒56のav49.9km/hで暫定トップに。

 

この記録で上位に残れるか?

 

アレクサンドル・バルマー スイス

2022年からTeam BikeExchange – Jaycoでプロとして走っている。192cmの大型ライダーだ。

 

第1計測9分35秒の暫定9位。ゴールは36分45秒。av47.02km/h。

 

ミックファン・ダイク オランダ

すでにJumbo-Vismaのワールドツアーライダー。勝利こそないけれど、勝利に近い男だ。

 

ミックファン・ダイクのスタート。

 

ミックファン・ダイクは第1計測9分09秒。av47.213km/h。暫定3位だ。

 

なんと、ミックファン・ダイクはパンク。綺麗な道路を走っているのに、これは痛い。

 

第2計測でも暫定3位だったが、ゴールは36分7秒で暫定7位に落ちてしまった。

 

留目 夕陽 日本

2022年EF Education-NIPPO Development Teamで走っている。2022ツール・ド・北海道で山岳賞獲得。
 

第1計測では28分10秒。第2計測28分10秒75。レオ・ヘイターから1分33秒遅れの暫定10位で通過。

ゴータイムは36分33秒。av47.278km/h。これは良いタイムだ。トップ10にあと少しという大記録と言って良い。世界に通用するライダーに是非なって貰いたい。

 

ラウル・ガルシア スペイン

Equipo Kern Pharmaで走るガルシア。2022ブエルタ・ア・エスパーニャに出場して総合47位でゴールしている。

 

第1計測を9分18秒80の暫定6位で通過。

 

第2計測を27分11秒。レオ・ヘイターから34秒遅れの暫定3位で通過。

 

ゴールタイムは35秒15で暫定3位に。

 

マティアス・ヴァチェク チェコ

Trek-Segafredoのスタジェール(研修生)。UAEツアー第6ステージで大逃げを見せてステージ優勝してみせた。

 

暫定6位でフニッシュ。

 

Gazprom – RusVeloで走っていたけど、チームは解散。2023年から3年契約でTrek-Segafredoで走る。

 

ミヘル・ヘスマン ドイツ

Jumbo-Vismaで走る22歳。

 

第1計測9分11秒。

 

第2計測17分7秒の暫定4位で通過。

 

ゴールタイムは34分52秒。暫定2位に食い込んだ。これは良いタイムだ。

 

ソーレン・ヴァーレンショルト ノルウェー

ノルウェーU23TT王者。Uno-X Pro Cycling Teamで走るソーレン・ヴァーレンショルト。

 

第1計測を9分1秒で通過。レオ・ヘイターと6秒差の暫定2位だ。

 

第2計測で26分14秒。av49.9km/hで暫定1位に。しかも、33秒も更新!

 

ついにレオ・ヘイターの記録が破られた。34分13秒40。av50.5km/h。24秒も更新だ。

 

ただ、一人avが50km/hオーバーに。後続のタイムをホットシートで待つことになる。

 

アレック・セガート ベルギー

Lotto – Soudal U23で走るアレック・セガート。ベルギーの期待を背負ってスタートだ。

 

アレック・セガードが、ついにレオ・ヘイターの記録を1秒30更新。8分54秒26。av47.8km/h。

 

これは、ノルウェーのソーレン・ヴァーレンショルトとの戦いとなりそうだ。

 

残り16kmでは6秒負けていたが、10.1kmで6秒逆転に。デットヒートだ。

 

第2計測で26分21秒83の暫定2位で通過。逆に9秒74遅れている。ここからの下りで逆転なるか?

 

ベルギーの期待がかかるアレック・セガートは残り5.4km。平地は速い。

 

アレック・セガードはゴール前で緑!

 

あ~、だがゴールでは16秒34届かなかった。終盤にペースが落ちてしまった感じか。

 

19歳のアレック・セガードは2024年7月からLotto Soudalに昇格することが決定している。それまでに力を蓄えれば良い。

 

この瞬間、ソーレン・ヴァーレンショルトは喜びを爆発!

終わってみると、エリートに続いてU23もノルウェーから世界王者が出るという結果となった。3位にはレオ・ヘイターが入った。

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

ソーレン・ヴァーレンショルトのコメント

誓いを立てる最後の年であり、自分のベストを尽くさなければならないことはわかっていた。今は少し空っぽに感じる。それは大きな安堵です。勝ててとても嬉しい。

プレイステーションでF1をやっていて、そこでたくさんコーナーを回ったんだ(笑)

やっぱり、コーナーが速くないとダメなんだ。トビアス・ファスのからもヒントを得た。登りでは少しセーブして、下りで少し落ち着いて行くようにと。また、最終ラップのために体力を温存するためにも。

トビアス・ファスは、昨日エリートの世界タイトルを獲得しました。なぜ、ノルウェー勢がこれほどまでに活躍できたのですか?

昨日はトビアスが勝つとは思っていなかったが、いい準備ができた。そして、私たちはよく指導された。うまくいった。

全員が入るまで長い間ホットシートで待ちましたね。アレック・セガードは、長い間、脅威の存在でしたか?

スタートが良かったので心配していた。でも最後の1周はうまくいったと思う。いろいろな思いがこみ上げてきた。2位だろう、負けるだろう、と思っても、もしかしたら勝てるかもしれない、とまた考える。

上がったり下がったりする。でも、ゴール前の赤い数字を見て、とても安心した。

RnkRiderTeamUCITimeAvg
1
 WÆRENSKJOLD Søren
Norway1250:34:1350.502
2
 SEGAERT Alec
Belgium850:1650.111
3
 HAYTER Leo
Great Britain700:2449.918
4
 CURRIE Logan
New Zealand600:3349.703
5
 HESSMANN Michel
Germany500:3949.560
6
 BÉVORT Carl-Frederik
Denmark40,,49.560
7
 LE HUITOUZE Eddy
France350:5149.278
8
 GARCÍA PIERNA Raúl
Spain301:0249.021
9
 VACEK Mathias
Czech Republic251:0348.998
10
 MILESI Lorenzo
Italy201:0548.952
11
 MIHOLJEVIĆ Fran
Croatia151:0748.906
12
 WEISS Fabian
Switzerland101:1648.699
13
 HOPKINS Kaden
Bermuda51:3348.313
14
 VAN EETVELT Lennert
Belgium51:3748.223
15
 MIKUTIS Aivaras
Lithuania51:4248.111
16
 PIGANZOLI Davide
Italy31:4448.067
17
 REMKHE Andrey
Kazakhstan31:4947.956
18
 VAN DIJKE Mick
Netherlands31:5447.845
19
 JUSSAUME Tristan
Canada32:0947.516
20
 WILKSCH Hannes
Germany32:1447.407
21
 TODOME Yuhi
Japan 2:2047.278
22
 BRUSSENSKIY Gleb
Kazakhstan 2:2147.256
23
 KURITS Joonas
Estonia 2:3247.020
24
 VAN DER TUUK Axel
Netherlands ,,47.020
25
 BALMER Alexandre
Switzerland ,,47.020
26
 GIERYK Kacper
Poland 2:3946.872
27
 GAJDULEWICZ Mateusz
Poland 2:4446.766
28
 WELCH Patrick
United States 2:5846.472
29
 MILES Carson
Canada 3:0646.306
30
 HOLM JØRGENSEN Adam
Denmark 3:5245.374
31
 MORALES Christopher
Puerto Rico 4:4044.441
32
 MADAN Ahmed
Bahrain 4:5544.157
33
 ORMISTON Callum
South Africa 5:3143.490
34
 NASER Ahmed
Bahrain 5:3543.417
35
 AMARI Hamza
Algeria 5:3943.344
36
 DA SILVA Tiano
South Africa 5:4443.254
37
 CHU Tsun Wai
Hong Kong 5:5343.092
38
 ALMUTAIWEI Mohammad
United Arab Emirates 6:0142.949
39
 MEHARI Amanuel
Eritrea 7:0541.840
40
 BARBOZA Juan Manuel
Colombia 7:2541.505
41
 ANWAR Muhammad Ismail
Pakistan 8:0040.932
42
 TESFAGABER Simon
Eritrea 8:5040.139
43
 BLAS Blayde
Guam 10:0439.021
DNF
 ROMEO Iván
Spain  

コメント

  1. 毎日読者K より:

    セーレン・ワレンスキョルドの国名をデンマークって書いてあるところがありましたよ。

    それから、レオ・へイターって書くべきところで、2ヶ所イーサン・へイターって誤記してますよー

    • ちゃん より:

      毎日読者Kさん、ありがとうございます。
      兄弟だから、良く間違えてしまいますね。これから、二人で同じレースに出たらもっと大変。
      良く気を付けておきます。また教えて下さい<(_ _)>

タイトルとURLをコピーしました