ロードバイクの情報を発信しています!

テイオ・ゲイガンハートがINEOS Grenadiersに丁寧な別れのメッセージ

海外情報
AlexaによるPixabayからの画像
この記事は約3分で読めます。

大幅な戦力補強となったLidl-Trek。

INEOS Grenadiersからも2020ジロ覇者のテイオ・ゲイガンハートが移籍した。テイオ・ゲイガンハートは、2023ジロ・デ・イタリア第11ステージで総合3位にいながら落車で股関節の骨折。

 

現在は、リハビリとジムトレーニングを経て、12月はすでに460kmもロードトレーニングができるまで回復している。

テイオ・ゲイガンハートは、これまで所属していたINEOS Grenadiersに対して、丁寧なメッセージをSNSに投稿した。

 

スポンサーリンク

INEOS Grenadiersに感謝

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tao Geoghegan Hart(@taogeogheganhart)がシェアした投稿

 

サイクリングに完璧な別れはない。ineosgrenadiersの選手やスタッフのほとんどは、3月か4月以来会っていない。

プロフェッショナルなサイクリングでは、感謝の気持ちを伝えたり、自分たちがやってきたことを振り返ったりする時間は与えられない。それはまさにスポーツであり、人生の良い比喩かもしれない。

人は来ては去っていく。彼らは毎日、思いがけず私たちの前から去っていく。私たちは別れを告げる完璧な方法を思い描くが、それが思い通りにいくことはめったにない。

ライダーがチームで過ごした時間は、冬の数ヶ月の間に、新たな冒険や未来のニュースの影に隠れて、ほとんど霧散してしまうようだ。世界は前進し続けている。

サイクリングでは、過去から未来へ踏み出す明確な瞬間はなく、それは徐々に、そしてほとんど目に見えない変化であり、それは私にとって新しい経験だった。

契約が変わる大晦日の深夜は、新しい仕事を始めようと考える瞬間ではない。他のプロスポーツ選手たちは、次の章に進む前にチームやスポンサーに別れを告げることができるのだから、うらやましい限りだ。

完璧な時など存在しないのだから、2016年以来、私のホームだったチームに別れを告げる時が来た。

素晴らしい思い出、知識、豊かな経験でいっぱいのお別れだ。これほど多くの素晴らしい人たちと一緒に働く機会を持てたことは、特権だった。

特に今年、私が大規模なリハビリを行なっている間、組織をサポートしてくれたことに感謝している。これらの写真を見返してみると、2014年のチームとの最初のトレーニングキャンプからの道のりは、信じられないほど充実したものだった。

すべての用具パートナーやファンにも感謝している。皆さんのサポートにはこれ以上ないほど感謝している。2023年というトリッキーな世界で存在意義を見いだすとき、それは大きな違いだ。

だから、今シーズンの、そして昨年までの@ineosgrenadiersの仲間たち全員に到着した。ハードワークと仲間に感謝します。またレースで会いましょう。⭕️。

 

テイオ・ゲイガンハートは、2月14日のヴォルタ・アン・アルガルヴェでレースを再開する。そして、目標は2024 ツール・ド・フランスとなる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました