ロードバイクの情報を発信しています!

シアン・エイテブルックスは、BORA-hansgroheでいじめにあっていた

海外情報
TumisuによるPixabayからの画像
この記事は約3分で読めます。

シアン・エイテブルックスは、来年シーズンTeam Visma | Lease a Bikeで走ることが決まっているようだが、なぜ彼はそんなにBORA-hansgroheを離れたがっているのだろうか?

理由のひとつは、彼がドイツのチームでいじめを受けていたからだろう。情報筋はそう伝えている。一方、BORA-hansgroheでは、その話を否定している。

 

スポンサーリンク

反シアンのアプリグループ

 

ジャーナリストであり、BEAT Cyclingのレーサーでもある、タイス・ゾンネフェルトがポッドキャストIn het Wielで以下のように語っている。

 

さまざまな情報筋によると、シアン・エイテブルックスはBORAでは異端児のような存在だったようだ。

彼は他のライダーやチームマネージャーからオタク扱いされていた。というのも、彼は特定のことに対して非常にマニアックだったからだ。

タイムトライアルバイクのエアロダイナミクスが十分でないと思ったり、ウェアが十分でないと思ったり、違うソックスを買ったりしていた。また、Jumbo-Vismaのように食事の量を測っていた。

 

BORA-hansgroheでは、そのような態度は奨励されなかっただろう。それどころか。狂信的すぎると思われていた。

彼は高校時代、よく勉強して10点を取ったのに、『ああ、もう10点だ!』と言われた人のようだった。

彼はいじめられた。例えばブエルタでは、『アンチシアン』というアプリのグループがあって、そこに彼自身は入っていなかった。本当に幼稚すぎる。

彼はそのチームに全く馴染めなかった。先輩たちの習慣に従わなかったというだけの理由で、同じようなことが彼に起こるだろう。

 

法律上の問題

ルーヴェン工科大学のフランク・ヘンドリクス教授(スポーツ法)によれば、UCIはシアン・エイテブルックスがBORA-hansgroheを去ることを阻止することはできない。

しかし、契約違反に “緊急の理由 “がない限り、ベルギー人は補償金を支払わなければならないかもしれない。

その場合、深刻な侮辱やハラスメント、暴行、不当な心理的プレッシャーの強要でなければならないという。

この状況について複数の人物に話を聞いたタイス・ゾンネフェルトによれば、シアン・エイテブルックスはこの事実を証明できる「現実的な可能性」を持っているという。

一方、BORA-hansgroheからも反応があった。

スポーツディレクターのベルンハルト・アイゼルは、ブエルタ・ア・エスパーニャでシアン・エイテブルックスがいじめられたというのは事実ではないと言う。

「100%確実に否定できる。それは間違いなく事実ではない。」とGCNに語っている。陰で、悪口を言ったりとか、本当に幼稚過ぎる話ではある。

だが、才能ある20歳の若者をねたむ心があったのかもしれない。すでにJumbo-Vismaのトレーニングキャンプに参加しており、移籍は間違いない。

ただ、ワウト・ファンアールトのように移籍問題で法廷騒動となるかもしれない。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました