ロードバイクの情報を発信しています!

2021英国選手権 雨のサバイバルレースを制して王者となったのは?

海外情報
Photo credit: barnyz on VisualHunt
この記事は約9分で読めます。

英国選手権も2020年はコロナで中止されている。そのためイネオスのベン・スウィフトが2年連続で英国チャンピオンのホワイトジャージを着ていた。

過去10年の優勝者は

  • 2019 ベン・スウィフト 今回出場
  • 2018 コナー・スウィフト 今回出場
  • 2017 スティーブ・カミングス 2019引退
  • 2016 アダム・ブライス  2019引退
  • 2015 ピーター・ケンノー  2019引退
  • 2014 ピーター・ケンノー  2019引退
  • 2013 マーク・カヴェンディシュ 今回出場
  • 2012 イアン・スタナード 2019引退
  • 2011 ブラットリー・ウィギンズ 引退
  • 2010 ゲラント・トーマス

今回はイネオスのイーサン・ヘイターが木曜日のTT、金曜日のクリテリウムに続いてロードも制覇するのかが注目される。

 

スポンサーリンク

リンカン~リンカン 166km

コースマップ photo velouk

 

イングランドのリンカッシャー州リンカンで開催。男子は、約13kmの周回コースを13周する。

 

コースプロフィール photo velouk

 

高低差は103mなのだが、石畳の登りを13回も登れば、アタックの連続から小集団に絞り込まれていくだろう。

ゴール前500mは、平均9.4%の急な壁となっておりパンチャーが有利だ。

 

注目されるライダーは

  • INEOS Grenadiers ベン・スウィフト、イーサン・ヘイター、オウェイン・ドゥール
  • BORA-hansgrohe マシュー・ウォールズ 
  • Team Arkéa Samsic コナー・スウィフト、ダニエル・マクレー
  • Alpecin-Fenix アレクサンダー・リチャードソン
  • Bahrain Victorious ステューブン・ウィリアムズ、フレッド・ライド
  • Deceuninck-Quick-Step マーク・カヴェンディシュ
  • Israel Start-Up Nation アレックス・ダウセット
  • Lotto Soudal マシュー・ホームズ
  • Movistar Team ガブリエル・クレイ
  • Trek-Segafredo チャーリー・クオーターマン
  • Team Qhubeka NextHash ハーリー・タンフィールド

 

スタート

スタート中央には、マーク・カヴェンディシュの姿が。

 

 

英国はあいにくの雨だ。

 

オフィシャルスタートとなっても、マーク・カヴェンディシュは2番手にいる。チームからは一人の参加なので目だっておかないと。

 

マーク・カヴェンディシュは盛んに先頭でベースを上げている。

 

まずは、Trek-Segafredoのチャーリー・クオーターマンがアタックだ。だが、すぐに捕まってしまう。

 

やはり、差をつけるならば、この狭い500mの登りだ。まずは、Groupama-FDJの開発チームのメンバーがアタックしている。

Equipe continentale Groupama-FDJのルイス・アスキーだ。

 

残り12周

集団の先頭にマーク・カヴェンディシュがいる。

 

ルイス・アスキーは、少しリードしたが、すぐに捕まりそうだ。来年からはワールドツアーチームに昇格するライダーだ。

 

Ribble Weldtite Pro Cyclingのダン・ビンガムがペースアップして、捕まえてしまう。

 

2周目で二人が逃げだすことに成功。

  1. ダン・ビンガム Ribble Weldtite Pro Cycling
  2. サムエル・ワトソン Team Inspired

 

集団先頭にはマーク・カヴェンディシュが出て、逃げを容認だ。

 

残り11周

ダン・ビンガムのハンドルは今日はあまり幅が狭くないように見える。世界選手権タイムトライヤル16位。先日はブラットリー・ウィギンズの英国アワーレーコード記録も抜いており、逃げは長く続きそうだ。

 

集団トップはまたもマーク・カヴェンディシュ。シーズン最後のレースでも調子良い。

 

集団からイネオスのベン・スウィフトがアタックだ。これは、イネオスのエースは完全にイーサン・ヘイターなのかな。ディフェンディグチャンピオンが逃げてはねえ~。

 

ベン・スウィフトは追いつくだろう。

  1. ベン・スウィフト INEOS Grenadiers
  2. ベン・タウナー TRINYTY Road racing

 

先頭二人の後ろに4人の追走が見える。集団もすぐ後ろだ。

 

やはり、ダン・ビンガムはベン・スウィフトに追いつかれてしまう。ただ、人数はこれくらいいたほうが良い。

 

先頭集団は、7人となっている。

  1. ベン・スウィフト INEOS Grenadiers 
  2. ダニエル・マクレー Team Arkéa Samsic 
  3. ハリー・タンフィールド Team Qhubeka NextHash 
  4. ジェイク・スチューワート Groupama-FDJ
  5. ダン・ビンガム Ribble Weldtite Pro Cycling
  6. サムエル・ワトソン Team Inspired
  7. ベン・タウナー TRINYTY Road racing

 

先頭は、後方からさらに追いついてかなりの人数になってきた。

 

後ろは全く見えないので、このまま行くのだろうか。

 

イネオスは、イーサン・ヘイターも追いついた。

 

ベン・スウィフトが先頭で周回をクリアー。

 

アルケア・サムシックは、2018年チャンピオンのコナー・スウィフト、ダニエル・マクレーが先頭集団に入り込んだ。

 

Bahrain Victoriousからは、フレット・ライトが先頭に入り込む。22歳の若手だ。

 

後続の追走に15秒。メイン集団には1分30秒のタイム差をつけている。

 

ベン・スウィフトは、どこまで逃げるつもりだろう。

 

こちらは追走集団。もう人数が少ない。

 

先頭から4人が逃げだしたが、後ろは誰も追わない。取り残されたのは、イーサン・ヘイター、コナー・スウィフト、ダム・ビンガムなど。

 

逃げだしたのは4人。

  1. ベン・スウィフト INEOS Grenadiers 
  2. ダニエル・マクレー Team Arkéa Samsic 
  3. フレット・ライト Bahrain Victorious 
  4. ハリー・タンフィールド Team Qhubeka NextHash 

 

Bahrain Victoriousのフレット・ライトは、今年ツールにも出場して経験を積んでいる。そろそろ勝利が欲しいところか。

 

ベン・スウィフトは後ろにイーサン・ヘイターがいるので理想的だ。

 

登りでは、フレッド・ライト、ダニエル・マクレーが積極的に引く。

 

残り2周

登りで、フレッド・ライトが先頭を引いて、最後尾のダニエル・マクレーが切れてしまう。

 

最終周回

登りで、アルケア・サムシックのダニエル・マクレーが切れて3人の戦いとなる。

  1. ベン・スウィフト INEOS Grenadiers 
  2. フレット・ライト Bahrain Victorious 
  3. ハリー・タンフィールド Team Qhubeka NextHash 

 

ハリー・タンフィールドは何度もアタックをかける。ハリー・タンフィールドは最後までいくと登りでは、かなわないので足を使わせないといけない。

 

ハリー・タンフィールドは、Team Qhubeka NextHashのチーム存続が危ういので頑張らないといけない。

2021年にAG2R La Mondialeとの契約延長が貰えず、イギリスのコンチネンタルチームRibble Weldtite Pro Cyclingと一旦契約。だが、なんとかTeam Qhubeka NextHashから声がかかり契約出来ている。また、契約先がなくなると困ってしまう。

 

追走は3人。

  1. INEOS Grenadiers イーサン・ヘイター
  2. Team Arkéa Samsic ダニエル・マクレー
  3. Equipe continentale Groupama-FDJ ルイス・アスキー

 

さあ、最後の500mの登りに入った。

 

ハリー・タンフィールドが先頭だったが、ベン・スウィフトが前に出る。

 

ハリー・タンフィールドが遅れた。

 

ベン・スウィフトとフレッド・ライトの戦いだ。

 

ベン・スウィフトがわずかに前に出た。腰を下ろさない!

 

ベン・スウィフトがフレッド・ライトを破って英国チャンピオンだ~!

なんと、2連続での英国チャンピオンを勝ち取った。ベン・スウィフトはまだイネオスとの契約延長が得られていない。

噂では移籍と言われているが、英国チャンピオンとなったのでチームも考えるのではないだろうか?

 

リザルト

RnkRiderTeamUCITime
1
 SWIFT Ben
INEOS Grenadiers1000:00:00
2
 WRIGHT Fred
Bahrain – Victorious75,,
3
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers60,,
4
 TANFIELD Harry
Team Qhubeka NextHash50,,
5
 ASKEY Lewis
Equipe continentale Groupama-FDJ40,,

イーサン・ヘイターは登りでハリー・タンフィールドを抜いて3位に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました