ロードバイクの情報を発信しています!

Shimanoの自転車販売は、過去最高を記録 売り上げに貢献した意外な製品とは?

機材情報
Photo credit: 55 11 99584-3567 on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

自転車ブームの減速と景気後退により、需要が少しずつ鈍化している自転車業界。

だが、自転車パーツをリードするShimanoの売上高は好調だ。

Shimanoの自転車製品部門の売上高は、2022年に前年比16.6%増の5174億円を記録している。売り上げを引っ張った意外な製品とは。

 

スポンサーリンク

自転車部門の売り上げを引っ張る製品

伸び率は鈍化 Image credit: Shimano

 

自転車売上高の推移を見てみると。

  • 2022 : 5174億円
  • 2021:4437
  • 2020: 2978
  • 2019:2900
  • 2017:2702
  • 2016: 2595
  • 2015:3140
  • 2014:2740
  • 2013:2173
  • 2012:1982
  • 2011:1773
  • 2010:1694
  • 2009:1447
  • 2008:1859
  • 2007:1578

 

物凄い伸び率だ。10年前と比べると2.6倍となっている。倍以上だ。

Shimanoの声明だと、エントリークラスに続いて、ミドルクラスの自転車の在庫水準が上昇したと言っている。

さらに、市場で「活発な」注文を集めた2つの製品を選び出している。

それは、 ハイエンド ロードバイク用の新しいShimano 105 グループセットと、そのスポーツ e バイク コンポーネントである STEPS (Shimano Total Electric Power System) だ。

Shimano 105は、電子化されて販売されたが、価格はかなり高い。

 

それでも、新車などには使われているということなのだろう。

多くの自転車ブランドが従業員の削減を進めている中で、Shimanoは2023年も好調に推移すると声明では述べている。

同社の広報担当者は、「多くの人々にセンセーションをもたらす魅惑的な製品の開発と製造に努め、企業と社会の間で共通の価値を創造し続ける。」

魅惑的な製品とは、噂される105の機械式のコンポの販売を指しているのだろうか。

 

それとも、コンポの多段化が進むのだろうか。魅力的で、面白い製品の開発が望まれるのは間違いない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました