ロードバイクの情報を発信しています!

Team Arkéa Samsicのデビット・デッカーは、コロナにより肺活量の15%を失ったと

海外情報
Image by Wilfried Pohnke from Pixabay
この記事は約5分で読めます。

コロナに感染して影響の残るライダーと残らないライダーがいる。レムコ・エヴェネプールやタデイ・ポガチャルは全く問題ないようだ。

影響があったと言うライダーには、AG2R Citroën Teamのグレッグ・ファンアーヴェルマート、Israel – Premier Techのヤコブ・フルサンなど。

 

また、クリス・フルームも大きな影響を受けたと言っている。

 

30代だけかと思っていたら、若い選手も影響をうけたライダーが多い。

Jumbo-VismaからTeam Arkéa Samsicに移籍したデビット・デッカーも同じだ。彼の場合には、大きくパフォーマンスが落ちたと言っている。

 

スポンサーリンク

失われたパフォーマンス

 

デビット・デッカーは、1992バルセロナオリンピック銀メダリストエリック・デッカーの息子。

コロナ感染症に長く悩まされた挫折だらけの1年を経て、彼は完全復活を遂げている。ツアー・オブ・オマーン開幕ステージの2位を最初のシグナルとして。

 

新しいチームとの最初の出会いはどうでしたか?

まあまあでしたね。マヨルカでシーズンをスタートしたんだ。数日間、チームのアシストで走った。私の主な目標は、ただレースを完走することだった。突然のチャンスがない限りはね。

特に、新しいチームでの最初のレースをあまりストレスなく終えることができたのは良かった。慣れるまでが大変だ。結局は違いがあるのだが、やはりそれはあまり大きなものではない。そうやって乗り込むことができたのはよかった。

 

今年のシーズンの目標は?

シーズン前半は、スプリントに重点を置いている。このオマーンでは1回しかチャンスがなかったけど、そうしている。このレースの後はパリ~ニースのスプリントも狙っていて、その後に春のクラシックが待っている。

この春はドワルス・ドール・フラーンデレンからロンド・ファン・フラーンデレン、パリ~ルーベまで多くのクラシックを走る予定だ。それは必ずしも勝つためではなく、チームを助けるため、将来を見据えて経験を積むためなんだ。

また、今年は大きなツアーに参加し、チームのスプリンターとして活躍したいと思っている。ナセル・ブアニがチームにいるので、ツール・ド・フランスは難しい。

だから、ジロ・デ・イタリアやブエルタ・ア・エスパーニャの可能性が高くなる。ブエルタでは、書類上4つのチャンスがあるが、実際には2つになるでしょう…できればジロに行きたい。

 

リーダーになることが多くなったのは、どんな感じですか?

ちょっと違う。とにかく慣れるしかない。Jumbo-Vismaでは、より大きな利益をもたらしてくれる人が常にいるという事実に慣れていた。多くの場合、クラス分けされたライダーだ。

状況が許す限り……そう、その時は自分もチャンスを狙っていいんだ。その戦略は十分に理解していたが、それが私が去った理由でもある。

ここでは、チームの僕に対する信頼が素晴らしい。それはとてもいいことだ。私はそれで成長することに気づいた。

 

昨年は挫折の多い1年でしたね。終わってよかった?

もちろん。ツアー・オブ・バレンシアでの転倒から始まった。その翌日にはプロトンの半分の選手と同じようにコロナに感染していたことがわかった。

最初は、10日間何もしなかったんだ。ただベッドに横たわっているだけ。毎日10分の1ずつ増やしていった。回復は決して早くはなかった。

ツアー・オブ・カタルーニャでは、非常に大きな挫折を味わった。ドワルス・ドール・フラーンデレンにも参加したが、その後、チームマネージメントが私のところに来て、”もうやめて、よく休め “と言ってきたんだ。

その後、念のために心臓を含むあらゆる種類の検査を行った。その結果、肺活量が15%低下していることがわかったんだ。そうすると、自分の能力から15%差し引いた分がパワーになるわけだ。

感染してからの再スタートが早すぎたのだろう。しかし、コロナとトップレベルのスポーツについては、まだほとんど分かっていない。

結局、その後10日間まったく何もしなかった。バイクのほうは、直後からずっと調子が良かった。10日間何もしないで、気分が良くなるなんてことはありえないけどね。

物事が再び本当にうまくいくまで、長い時間がかかった。ツアー・オブ・ハンガリーの最終日には、またスプリントをすることができたんだけど、その日は車のリアウィンドウを突き破ってしまったんだ。

8月のツアー・オブ・ブルゴスで初めて、良いフィーリングが戻ってきたんだ。

 

挫折の連続は、精神的にもきつかったのでは?

精神的には、かなりきつかったですね。自分自身も辛かった。ベンチで悔しい思いをして、チャンスを逃したことを計算に入れていた。走れるレースがあっても、スプリントで終わってしまったら、それはチャンスを逃したことにしていた。

5月のツアー・オブ・ノルウェーではスプリントを狙ったんだ。それが外れたことで、その後また精神的な打撃を受けている。

 

それをどのように克服したのですか?

2人のメンタルコーチがとても助けてくれたよ。彼らとはすでに一緒に仕事をしていた。そして、ある時点でノブを切り替えることも必要だ。

オランダ選手権では、いいレースがしたかった。レースで戦っているという感覚をもう一度味わうためにね。それがうまくいった。またアタックすることができたし、モチベーションも上がったよ。

経験したくはないけれど、経験した後はそこから多くを学ぶことができる。それが、今シーズンに向けても役立っている。よりリラックスして臨むことができるようになった。

 

コロナの影響は人様々だけど、トップ選手ほどパフォーマンスに響く人もいる。なるべく感染しないのが一番良いのだけど、これも難しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました