ロードバイクの情報を発信しています!

Orbeaから調整可能なモノライザーハンドルバーを備えたOrduタイムトライアルバイク登場

https://experience.orbea.com/en/what-makes-ordu-unique?utm_source=orbea.com&utm_medium=home&utm_campaign=what%20makes%20ordu%20unique機材情報
photo experience
この記事は約4分で読めます。

Orbeaから再設計されたエアロフレームセットと、高度に調整可能な新しい統合エアロハンドルバーを備えた、Orduタイムトライアルバイクが発表。

2,500時間以上の計算流体設計の結果、Orduはプラットフォームの完全なオーバーホールを行い、抵抗を減らし、重量を減らし、速度を向上させるために、バイクのほぼすべてのコンポーネントが考慮されたと主張している。

 

スポンサーリンク

Orduタイムトライアルバイク

こちらはプロモーションビデオ。ロードをぶち抜いているけど、それはやり過ぎではないかな?
NEW ORBEA ORDU. NEVER THE SAME AGAIN.

主張されているタイム短縮は、180kmで43km/hで走った場合に41秒。

Orbeaはトライアスロンのアイアンマンに焦点を当てている。このため180kmという距離が出てくる。

 

photo experience

Orbeaは、従来のモデルよりも43km/hで11.5%空気力学的に効率的であり、約700g軽量化されたと主張している。

  • フレーム: 1,130g
  • フォーク: 440g
  • シートポスト: 180g
  • ベースバー: 245g

 

photo experience

ダウンチューブに取り付けられているのは、収納ボックス。

 

photo experience

取り外しは可能なので、UCI公認レースでもバイクは使用可能。

 

アームレストの調整範囲も広く、ベースバー自体を反転させることができ、2つのブレーキレバーの高さオプションとさらに30mmの操作が可能となっている。

 

photo experience

Orbeaは、「フロントポスト」システムと呼ばれるものを使用して、エクステンションの下に140〜150mmのスタック調整を提供する。

15°の回転も利用できるため、今日の最速トライアスリートの多くが好むハイアームポジションを見つけることができる。

 

photo experience

ホイールは、Vision 55SCディスクカーボンTLRCL。リムハイトは55mm。

リムの内部幅19mmに外部幅25mm。リムはフック付きでチューブレス対応で、25mm Vittoria Rubino Pro IV G2.0TLRタイヤが付属している。

 

Orbea Ordu M10iLTD スペック

photo experience

  • フレーム: OrbeaOrduカーボンOMXディスク
  • フォーク: Orbea Ordu OMX ICR 2021
  • ハンドルバー: Orbea Ordu OMX
  • サドル: Fizik Vento R5
  • ドライブトレイン: Shimano Dura-Ace 9150 Di2
  • クランクセット:ローターALDHUラウンド36 / 52t
  • ホイール: Vision 55SCディスクカーボンTLRCL
  • タイヤ: Vittoria Rubino Pro IV G2.0 TLR、700 x 25c
  • 価格: £7,999(約108万円)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました