ロードバイクの情報を発信しています!

Enigma Bicycle WorksからグラベルロードバイクEndeavour登場

https://road.cc/content/tech-news/269063-just-enigma-endeavour-new-steel-graveladventure-bike-british-company機材情報
Photo enigmabikes.com
この記事は約3分で読めます。

Enigma Bicycle Worksは、スチール製グラベルロードバイクEndeavourを発表。

Endeavourはイーストサセックスに本拠を置く英国で製造されており、オーダーメイド製品よりも短いリードタイムで手頃な価格のバイクを提供することが出来る。

 

スポンサーリンク

Enigma Bicycle Works Endeavour

Photo enigmabikes.com

英国では、主にコロンバスチューブを使用して手作りで塗装されており、いくつかのデダッチャイとレイノルズが追加されている。

オーバーサイズのチューブプロファイル、広いタイヤクリアランス、フラットマウントキャリパー付き12mmスルーアクスルを使用したディスクブレーキを備えた、完全にモダンな外観のバイクとなっている。

 

Photo enigmabikes.com

ジオメトリの大部分はEscapeチタン製グラベルバイクに基づいており、「快適で汎用性の高いマシンを探しているオールロードライダー」を対象としている。

プロトタイプフレームは、Enigma Bicycle Worksの社員によって、スコットランド、アイルランド、ウェールズを巡る1440マイルの超耐久レースであるパンセルティックレースで試され、バイクの能力とタフさの両方が証明された。

フレームには700cホイールに最大42mmのタイヤ用のクリアランスがあり、最大幅47mmの650bとの互換性もある。

写真のバイクは幅38mmのPanaracerスリックのタイヤで、十分なクリアランスがある。

 

Photo enigmabikes.com

マッドガード、イヤーラック、3本のボトルケージ用のアイレット、および新しいGRVカーボンフォークにはAnythingラックとケージ用のトリプルボスが付いているため、汎用性が確保されている。

 

Photo enigmabikes.com

ケージ用のトリプルボス

機械的なギアケーブルは外部に配線され、電子ケーブルはフレーム内に配置されるため、すべての最新のグループセットと互換性が可能。

 

Photo enigmabikes.com

好みに合わせて1倍または2倍を選択することもでき、ケーブルガイドは不要な場合やワイヤレス接続する場合は削除することも出来る。

フレーム重量は、520サイズで1.85kg、フォークが435g。スチール製なので重量は結構ありますね。

 

Photo enigmabikes.com

Endeavorはフレームセットとして£1,700(約18万円)。

Shimanoの最新のGRX 800グループセットで£3,700(約40万円)となる。

 

こちらのビデオで、詳しくバイクの詳細を見ることが出来ます。
The most beautiful bike I've seen this year – Engima's new Endeavour steel gravel bike

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました