ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・ポローニュで大けがを負ったファビオ・ヤコブセンが2度目の手術に

海外情報
Image by Myriam Zilles from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

ツール・ド・ポローニュのクラッシュで顔に大けがを負ったファピオ・ヤコブセン(Deceuninck – Quick Step)がインスタグラムに投稿した。

後ろ姿の写真だが、まだ前は見せられる状態ではないのだろう。2度目の手術は10月8日に行われる。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The past 2 months have been dominated by my recovery after my crash in the Tour of Poland. First of all, I had to recover from my brain contusion and other bruises/injuries for a long time. The wounds/scars on my face are healing up well. I would like to thank all the staff of the LUMC and in particular Dr. H. Locher and M. Hendriksma for the good care these past months. On October 8, I will undergo a second surgery to reconstruct my face/mouth. The surgery takes place at Radboud UMC Nijmegen and I am in the hands of Prof. Dr. S. Bergé and Prof. Dr. G. Meijer. The surgery involves placing bone, taken from my pelvic crest, in my upper and lower jaw, because a lot of bone is missing there. This bone will have to heal for several months. After that, another surgery will take place to put implants in my jaw so that I can get new teeth, as I lost them during my crash.

Fabio Jakobsen(@fabiojakobsen)がシェアした投稿 –

 

この2ヶ月間は、ツール・オブ・ポーランドでの転倒からの回復に費やされていた。まず第一に、脳挫傷とその他の打撲や怪我から長い間回復しなければいけなかった。

顔の傷も順調に治ってきています。

LUMCのスタッフの皆さん、特にH. Locher医師とM. Hendriksma医師には、この数ヶ月間のお世話になりましたことを感謝しています。

10月8日、私は顔と口の再建のために2回目の手術を受けることになりました。

この手術では、骨盤から採取した骨を上下のあごに入れることになります。
この骨は数ヶ月間 治療する必要がある。

その後、インプラントを入れる手術をします。事故で歯を失ったので、新しい歯を手に入れることができます。

 

ファビォ・ヤコブセンの投稿によると、骨盤から骨を採取して上下の顎にいれるとある。歯もなくなっているので、インプラントの手術はその後に行われる。

完全に顔を再建するには、あと数か月かかるだろう。

まだまだ長い道のりで精神的にも辛いが、来年の春にはまたゼッケンナンバーをピン止めする時がくると思われる。

順調に回復することを願っておこう。そうすればディラン・フルネーフェンも精神的に回復できるはずだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました