ロードバイクの情報を発信しています!

ニュージーランドのタイトルも獲得したウルフパック

海外情報
Photo deceuninck_qst twitter
この記事は約4分で読めます。

ニュージーランド選手権ではシェーン・アーチボルト(Deceuninck-Quick Step)がジョージ・ベネット(Team Jumbo-Visma)を破ってチャンピオン獲得。

これでDeceuninck-Quick Stepは合計55人のナショナルチャンピンの誕生となった。

女子の選手権は、Zwiftからプロとなったエラ・ハリス(Canyon SRAM Racing) がU23のTTと合わせて2冠を狙ったが、ロードでは2位となっている。

 

スポンサーリンク

4分差を跳ね返す

Photo Sammmy_Be twitter

レースではジョージ・ベネットが先頭集団からアタックをかけ、ゴール前60キロからソロで独走。

ジョージ・ベネットもシーズンオフに滑りリブ症候群の手術を受けており、今シーズンはグランツールでの復活を期している。

 

最大4分の差をもっていたが、ジワジワとシェーン・アーチボルトに詰め寄られる。ゴール前20キロでは2分30秒。ラスト10キロでは1分15秒の差。

通常プロレースでは10キロで1分縮めることが目安となっており、ギリギリ逃げ切れるかと思われたが。

シェーン・アーチボルトはラスト4キロでジョージ・ベネットに追いつく。こうなっては、トラック競技出身でスプリント力のあるシェーン・アーチボルトには勝てない。

ジョージ・ベネットは追いつかれてから、一度も前に出ることはなかったがゴールでもスプリントのために腰を上げることもなかった。

 

骨盤骨折からの復活勝利

ツール2016 アーチボルトの壊れたArgon 18バイク Photo Tim de Waele

シェーン・アーチボルトは、2015年から3シーズンBORAで走っており、2016年ツール・ド・フランス第17ステージで骨盤骨折するクラッシュをしてしまう。

 

Photo Tim de Waele

だが、シェーン・アーチボルトは骨盤骨折したまま立ち上がり、ゴールしているから驚異的だ。

その代償は大きく成績は低迷し、2018年Aqua Blue Sportに移籍。だがチームは消滅してしまい、約1年間EvoPro Racingのコンチネンタルチームで走ることに。

2019年4月より再び、BORA – hansgroheで走り2019ブエルタではサム・ベネットのリードアウトを務めた。

2020年サム・ベネットの移籍に伴い、Deceuninck-Quick Stepでウルフパックの一員となる。

今回の勝利で、実に4年の歳月を経て、完全に復活出来たと言っても良い。普段はリードアウトをしているので自分の勝利を狙えることはない。数少ないチャンスでもあった。

シェーン・アーチボルトはミケル・モロコフとサム・ベネットと走るスプリントトレインを楽しみにしている。

 

Photo Sammmy_Be twitter

ミケル・モロコフはデンマークチャンピオンのナショナルジャージを着ている。サム・ベネットはアイルランドのナショナルジャージを着ているので、3人でカラフルなトレインが見られるはずだ。

見ているほうも見分けがすぐにつくので助かります。

 

Zwiftからプロとなったエラ・ハリスはロード2位

エラ・ハリス Photo Ella Harris instagram

ヘラルドサンツアーで初優勝した、エラ・ハリス。

 

ニュージーランド選手権のU23タイムトライヤル優勝。続くロードは、TTで3位だったNiamh Fisher-Black(Bigla-Katusha)に敗れて2位。

おしくも、TTと合わせての2冠とはならなかったが、着実に進歩している。

 

こちらは、ニュージーランド選手権のU23とエリート男女のフル動画
Vantage Elite & U23 Road National Championships | Cycling | Sky Sport Next

コメント

タイトルとURLをコピーしました