ロードバイクの情報を発信しています!

2023 クリテリウム・デュ・ドーフィネ第1ステージ ルーン・ヘレゴッツは、がっかりしていない

海外情報
Image by StockSnap from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

クリテリウム・デュ・ドーフィネ第1ステージは、5人の逃げから最後は一人となったIntermarché – Circus – Wantyのルーン・ヘレゴッツ が最後まで逃げ続けた。

残り11kmから逃げつづけ、残り2kmで15秒のリードがあった。ギリギリで逃げ切ったかと思ったのだけど。

わずかにゴールに届かず、無情なゴールシーンに。

 

スポンサーリンク

全てを出し尽くした

 

ルーン・ヘレゴッツは、実に惜しい勝利のチャンスを逃してしまった。逃げ始めたのが、4級山岳の頂上からだったので、下りで雨ということもあり、集団とのタイム差を広げることに成功した。

かなりの差があったので、いけたと思ったのだけど本当に残念。ルーン・ヘレゴッツは、ゴール後のインタビューで以下のように語る。

 

このステージがブレイクアウトのチャンスだと分かっていた。ドーフィネ、特にこのコースでは、アタッカーたちに多くのチャンスが訪れることが多い。強い集団で逃げだしたが、リードはあまり得られなかった。

そのため、序盤からフルスロットルで行かなければならなかった。逃亡者仲間が一人ずつ釈放されたが、全員が100%の力を出した。それも必要だったんだ。

 

最後の登りでは、集団に捕まったように見えましたが。

目標はあの急な登りを一人で乗り越えることだった。それから突然、10秒をつかんだが、まだ与えるエネルギーが残っていた。

2キロで15秒だったそうです。それは可能だ、と当時自分は考えていた。私はすべてを捧げたので、失望するわけにはいかない。

すべてを出し尽くしたので、自分のパフォーマンスには満足できる。しかし、今日はそれだけでは十分ではなかった。

 

プロ3勝

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rune Herregodts(@runeherregodts)がシェアした投稿

 

ルーン・ヘレゴッツは、2023年にSport Vlaanderen – BaloiseからIntermarché – Circus – Wantyに移籍。

2021年欧州最後のロードレース、ロンド・ファン・ドロンテでプロ初勝利。

 

続いて、2022ブエルタ・ア・アンダルシア第1ステージでも、ワールドチームのライダーを押しのけて、逃げ切りを果たしている。

 

2022年には、Sazka Tour (2.1)第1ステージで3勝目もあげている。今年も勝利にあと一歩というレースは何度もあった。

  • Figueira Champions Classic (1.1) 2位
  • Volta ao Algarve em Bicicleta (2.Pro)第2ステージ 6位
  • Volta Limburg Classic (1.1) 4位

逃げて勝つパターンだけど、今シーズンもまだチャンスはあるだろう。今回はステージ3位で、新人賞ジャージも獲得。

総合で残るのは難しいが、直前のツアー・オブ・ノルウェーでも総合6位でゴールしていおり、期待の出来るライダーだ。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました