ロードバイクの情報を発信しています!

2021ロンド・ファン・ドロンテ シーズン最後のヨーロッパツアーで勝ったのは?

海外情報
Photo credit: blavandmaster on VisualHunt.com
この記事は約7分で読めます。

2021年のヨーロッパツアー最後のレースとなったのがロンド・ファン・ドロンテ。

アムステルゴール以降、ロンド・ファン・ドレンテはオランダで最大のプロのレースだが、常にそうであるとは限らない。

1960年から2004年まで、アマチュアレースとして開催。ロンド・ファン・ドレンテがヨーロッパツアーに参加し、UCIカレンダーで1.1のステータスを獲得したのは2005年になってから。

2018年にコースがアップグレードされ、一時的に1.HCレースになったが、今年は再び1クラスに戻っている。

通常は3月開催だが、昨年は中止。今年は延期でこの時期に行われる。

過去10年の優勝者は

  • 2019 ピム・リヒハルト 引退
  • 2018 フランティシェック・シズール 引退
  • 2017 ヤン・ウィレム・ファン・チップ
  • 2016 イェスパー・アッセルマン 引退
  • 2015 エドワード・トゥーンス
  • 2014 ケニー・デハース 引退
  • 2013 アレクサンダー・ウェッターホール 引退
  • 2012 ベアトヤン・リンデマン
  • 2011 ケニー・ファン・フンメル 引退
  • 2010 アルベルト・オンガラート
 
スポンサーリンク

アッセン~ホーヘフェーン 199.2km

コースプロフィール photo procyclingstats

 

スタートはエメンではなくアッセンに変わっている。これは通常よりも、30km短いこと意味している。

ルート前半には、石畳の区間がありふるい落としが行われる。

  1. Steenhopenweg   1.7km
  2. Houtvesterweg    2km
  3. Voorbosweg   3.6 km
  4. Bosrand    0.4km
  5. Valtherzandweg   3.8 km
  6. Schaapstreek   3.3km
  7. Boswachterij   1.1 km

 

ホーヘフェーンのゴールの前に、ヴァンベルグの山を回る43kmの周回を2周した後に、更に、ヴァンベルグを3回登ってゴールとなる。

注目されるライダーは

  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux タコ・ファンデルホールン
  •  Jumbo-Visma Development Team ディラン・フルネーフェン
  •  Team DSM ニルス・エークホフ

 

スプリントとなれば、開発チームのメンバーと共に出場したディラン・フルネーフェンが最有力となる。

 

スタート

phooto Ronde van Drenthe 以下同様

快晴だけど、気温は10℃と寒い。風もあるので体感温度はもっと低いだろう。

 

街中をローリングスタート。

 

集団から二人がまずは逃げだす。スタートから10kmだ。

 

そして、先頭にルーン・ヘレゴッツが追いついて3人に。

  1. アドリアン・ヤンセン (ABLOC CT)
  2. ピエール・パスカル・クップ(Lotto Kern Haus)
  3. ルーン・ヘレゴッツ (Sport Vlaanderen-Baloise) 

 

 

集団は Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxを先頭に追う。今回ゴールを狙うのは、キャリア6勝をあげているヤン・バークランツか、タコ・ファンデルホールンか。

それとも、スプリンターのアンドレア・バスクアロンかな。

 

Steenhopenweg   1.7km

先頭3人は、すでに2分45秒のタイム差を稼ぎ出している。

 

Voorbosweg   3.6 km

先頭3人は、タイム差を最大4分台まで広げて逃げ続ける。

 

集団も人数を減らして、大集団のまま追っている。

 

3人はスタートから135kmとなっても、まだ逃げ続けている。

追走が Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxだけで、Team Jumbo-Vismaは、ディラン・フルネーフェン以外は、全て開発チームのメンバーで、すでに人数は少ない。

 

この3人から、ピエール・パスカル・クップ(Lotto Kern Haus)が脱落。

 

タコ・ファンデルホールンも集団で追走に手を貸している。すでに集団も35人しかいない。

 

そして、逃げていたアドリアン・ヤンセン (ABLOC CT)も、最後のヴァンベルグの登りで遅れてしまい、後続集団に捕まってしまう。

 

だが、最後までルーン・ヘレゴッツ (Sport Vlaanderen-Baloise)は逃げ続けることに成功。約13kmの向かい風の中を一人で逃げ切った。

当然、後ろではチームメイトが先頭交代を邪魔して助けていた。

ルーン・ヘレゴッツは、13秒のタイム差でゴールを駆け抜ける。23歳のベルギー人で、2020Paris-Tours Espoirsで優勝しており、今シーズンもトップ10フニッシュを繰り返していた。

これが、嬉しいプロ初勝利だ。

集団トップは、 Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxのアンドレア・バスクアロン。キャリア6勝をあげているスプリンターだ。

そして、ディラン・フルネーフェンは集団2位の3位でゴールしている。これで、ヨーロッパツアーの最終ステージも終了だ。

 

リザルト

nkRiderTeamUCITime
1
 HERREGODTS Rune
Sport Vlaanderen – Baloise1254:22:07
2
 PASQUALON Andrea
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux850:13
3
 GROENEWEGEN Dylan
Jumbo-Visma Development Team70,,
4
 VERMELTFOORT Coen
VolkerWessels Cyclingteam60,,
5
 MARIT Arne
Sport Vlaanderen – Baloise50,,
6
 DE JONG Timo
VolkerWessels Cyclingteam40,,
7
 WILLEMS Thimo
Sport Vlaanderen – Baloise35,,
8
 EEKHOFF Nils
Team DSM30,,
9
 KNOLLE Jon
Team SKS Sauerland NRW25,,
10
 BROEX Victor
Metec – Solarwatt p/b Mantel20,,
11
 VAN DER LIJKE Nick
Riwal Cycling Team15,,
12
 HUPPERTZ Joshua
Team Lotto – Kern Haus10,,
13
 VAN ROOY Kenneth
Sport Vlaanderen – Baloise5,,
14
 VAN DER HOORN Taco
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux5,,
15
 FLYNN Sean
SEG Racing Academy5,,

コメント

タイトルとURLをコピーしました