ロードバイクの情報を発信しています!

台風で1m飛ばされた! 走るのが悪い?

チーム朝練その他

台風が来るので、間違いなく雨だと思っていた土曜日。

しかし、起きてみたら降っていない。

ならば、海まで走ろうと思って走ってみたところ。

 

スポンサーリンク

台風をなめたらいけない

とても気に入った重信サイクリングロードを25キロほど走って折り返すことに。

川下に向かって走るので、たいてい追い風なのですが、台風の関係は最初は向かい風。

途中から追い風となって、海までまっしぐら。

少し工場の海岸線を向かい風に向かって走ると時速13キロ(>_<)

これは、ひょっとして帰りは大変なんじゃあ~  ??

 

ヤツパリ吹っ飛ばされた

予想は現実に~。帰りは猛烈な横風と向かい風。

下ハンドル持って、トルクかけならがら走ってたのですが、ついに

1mほど吹っ飛ばされた!

河川敷の自転車道なので、右端を走ってマージンを取ってたのですが~

吹っ飛ばされて、草の上にダイビング!

写真では、わかりずらいけども凄まじい突風。

しばらく悶絶したあと、またソロソロと発進。

 

土手下が良いかも

何キロか、進むと土手下の道があったので、そちらを走行。

そういえば、行きに土手下を走っている自転車を見ていた。

風をさけてたんですね。嘘のように進めるので、こちらを選択して正解。

 

しかし、それにしても気温が36℃もあるんですけど~。

風が吹いてるからよいですが、普通なら干からびて死亡してますね。

 

地形によって、違うかも

土手下の道がなくなったので、自転車道を走ることに。

しかし、右手に山が見えてくると、嘘のように風が弱まった。

やっぱり、平地の吹きっさらしとは違いますね。

 

わずか50キロなのですが、かなりの疲労感満載になりました。

まあ、走れただけよかったです。

 

風の強いときに走る注意点としては
  1. 下ハンドル持ったほうが風を受ける面が少なくなる
  2. エネルギー配分に注意。
  3. 追い風で使い切らない。
  4. 飛ばされるマージンを取っておく。
  5. まあ、台風の日には走らない

一番良いのは、登り坂に行くのが良いかもしれないですね。ただ、山方面は雨が降りやすいので、これまた注意必要です。

今日も、行きは雨に追いかけられながらの走りでした。

台風の日には、追い風でストラバKOMを狙うお仲間もいますが、一方方向に風が吹かないと無理ですね。

へたすると、私みたいに吹っ飛ばされるので~。

 

ただ、小学生の時にも台風の日には外で遊んでいたような記憶が。中身はあんまり変わってないのかも知れないです。

 

 

 

コメント