ロードバイクの情報を発信しています!

サガンは世界選手権4勝目はあきらめたのか? クラッシックハンターになるのか

海外情報
https://twitter.com/petosagan

元世界チャンピオンのピーター・サガンは、イギリスのヨークシャーで行われる来年の世界選手権で、レインボー・ストライプを取り戻すことを考える前に、クラシックに集中したいと語った。

サガンは、パリ・ルーベやフランドルのクラッシックツアーを彼の輝かしいパルマーレ(獲得リスト)に加えることを望んでいる。
それにクライマーのクラシックでもチャンスがあるんじゃないかと考えている。

 

スポンサーリンク

4度目の世界選手権優勝を考えていない

https://twitter.com/UCI_cycling

先週末にアレハンドロ・バルベルデにレインボー・ジャージーを渡したサガンは 、まだ4度目の世界選手権優勝を考えていないと述べた。

木曜日の夜、ロンドン中心部のハングスローエのショールームにいた。

サガンのチームスポンサーのハングスローエは水洗器機のメーカーです。

 

集まったファンに彼の2019年の目標について語った。

「まだ来年のヨークシャーの世界選までは長い道のりさ。」

“オーストラリアに始まり、次にクラシック、次にツール・ド・フランスだろ。何が起こるかわかんないよ。

“クラシックはとても重要さ。シーズンの初めからクラシックに挑戦してたら、世界選手権について考えるてる場合じゃない。」

と語ってます。

 

世界選って、どんどんサガンの得意なコース設定ではなくなっているように感じるのは私だけでしょうか?

今年なんか完全にクライマーコースでしたからね。

来年のヨークシャーもサガン向けではないように見えます。山を越えるには少し体重落とさないと厳しいかと。

つまり、世界選を最優先するのではなくて、クラッシックをメインに来年は狙っていくようです。

サガン自身も冗談で、世界選が終わってから「おれは太りすぎだ。」と言ってましたしね。

 

Q&Aイベントに出席

サガンは、今週ロンドンで、木曜日にリリースされた彼の新しい本My World発売を発表しました。

https://twitter.com/petosagan

ラジオ局と新聞のツアーの後、サガンはハングスローエのショールームでQ&Aイベントに出席しました。

クラシックについて尋ねると、Saganはこう言った。
「イル・ロンバルデア(落ち葉のクラッシック)は私には難しいと思うんだけれども
、みなさんはどう見るかな?」

 

「フランダースやルーベックスに再び勝つことを望んでいる。 私はミラノ・サン・レモを獲得しようと思っているんだ。」

 

「アムステル(ゴールドレース)やリエージュ(バストーニュ=リエージュ)に出るとのは本当に厳しいだよ。私はそのなハードなスケジュールには決してしなかったさ。」

「サンレモからリエージュに向かうのは本当に難しいと思う」

 

サガンは、ティンコフチームが崩壊した後、2017年からボーラ・ハングスローエに所属しています。

28歳の若者は以下のように語った。

「ティンコフが崩壊した時、クイックステップとBMCと取引していたのさ。メカニックとかも連れていかないといけない。いろんな問題はあったよ。」

「ポーラはスタッフも少なくて小さいチームだったんだ。だからワールドツアーチームになったとき、ティンコフのスタッフも連れて行ったのさ。」

サガンは、ティンコフから8人の選手とともにボーラ・ハングスローエに移籍。

 

オーストリアのインスブルックで開催された2018年世界選手権の前夜に、サガンとハングスローエは2021年まで契約を延長を発表。

https://twitter.com/petosagan

彼は次のように付け加えた。

「チームと一緒に解決することが重要だと思う。」

「ティンコフからハングスローエに来たとき、私は以前とまったく変わらないように感じたのさ。それは本当に良いことだったよ。」

サガンの自叙伝では、そこらへんのことも語られているのでしょうか?

 

サガンの自叙伝 MY WORLD

https://twitter.com/petosagan

サガンの自叙伝 MY Worldではこれまでのレースでの秘話や日々のトレーニング。活躍していくにしたがって増えていくプレッシャーなど色々と書かれているようです。けど、全部英語みたいですね。

まだまだ活躍しているので、次の本も何年後かに出すんでしょうね。

翻訳本がほしいのは、私だけではないはず。

 

アマゾンでは10月4日から発売!

本屋でのサイン会でしょうか。サガンもうけてまんなあ~。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました