ロードバイクの情報を発信しています!

ジロの優勝者がTeam Ineosへ移籍 さらにチームは強化される

https://www.cyclingweekly.com/news/racing/richard-carapaz-agreed-move-team-ineos-according-reports-431061海外情報
この記事は約4分で読めます。

2019 Giro d’Italiaの優勝者であるリチャル・カラパスは、MovistarからTeamIneosと2年間の契約を結んでいるとニュースが流れた。

リチャル・カラパスは、今シーズンのGiro d’Italiaで最大の勝利を収めた。

Giroでは、実力者のヴィンチェンツォ・ニバリ( Bahrain Merida)を破っている。

リチャル・カラパスは、Team Ineosの山岳アシストとなるのだろうか?
 
スポンサーリンク

カラパスの役割は?

https://twitter.com/RichardCarapazM

L’Équipeによると、Team IneosのGM、Dave Brailsfordがリチャル・カラパスのエージェントGiuseppe Acquadroと会った。

カラパスは2017年以来、Movistarに在籍。Movistarは、彼の最初のWorldTourチームだが、シーズンの終わりにはTeam Inoseに合流することがほぼ確実となった。

 

リチャル・カラパスについての生い立ちなどは、こちら。

 

かなり前から移籍に関する情報はあった。

だが、6月頃の報道では、イネオスからの150万ユーロの申し出を拒否したとの噂もあった。Movistarで貰えるサラリーの10倍という金額でもチームに残るのかと思われていた時期だった。

Movistarのエースである、ミケル・ランダがヴィンチェンツォ・ニバリの後にBahrain Meridaのエースとして移籍する。

 

ナイロ・キンタナもMovistarを去る。

 

二人が去れば、自分がエースとしてチームの顔になれるとも思ったのだろう。Team Ineosに行けばエースとして走れる確証は全くないのだから。

 

リチャル・カラパスの年齢も関係している

リチャル・カラパスの年齢は26歳。

クリス・フルーム(34歳)やゲラント・トーマス(33歳)と比べて、トップレベルの年齢がはるかに若い。若くて才能のある、エガン・ベルナルよりも多くの経験を積んでいる。

エガン・ベルナルには、まだまだ時間が沢山ある。

リチャル・カラパスをグランドツアーの候補の一人としても、全く問題ないだろう。

 

 

資金が潤沢にあるチームなので、何人ものGC候補を持つことが可能になる。チームとしては、エース級の選手を惜しげもなくアシストとして使えば、より勝利が確実になる。

ミカル・クウィアトコウスキーのように、エースとして走れるにもかかわらずアシストとして走っている。

カラパスも何年か山岳アシストとして、走るようになるかもしれない。

 

カラパスがジロで乗っていた特別仕様のCANYONです。

 

チームイネオスは、クラシックの強化である選手を狙っている。全部揃える気か?

コメント

タイトルとURLをコピーしました