ロードバイクの情報を発信しています!

セップ・クスはブエルタ第12ステージのアングリルの登りをどう感じたのか?

海外情報
Image by Free-Photos from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

セップ・クス(Team Jumbo-Visma)はクライミングが大好きで、いつかアングリルで優勝したいと思っている。

セップ・クスは、最も難しい登りのアングリルで、ステージ優勝のチャンスがあったにもかかわらず、チームを忠実に守り続けた。

セップ・クスがいなかったら、プリモッシュ・ログリッチのタイムは、どうなっていたかわからない。

アングリルでの戦いについてインタビューに答えているで見てみよう。

 

スポンサーリンク

セップ・クスへのQ&A

 

アングリルでの最初の走りはどうでしたか?

超タフ。比較しないといけないけど、ツールで走ったコル・ド・ラ・ロゼとよく似ている。

まあ、おかしいね。通常の部分でもとても急こう配だ。ただ、ずっと登っていると普通の登りのように感じられる。必要なトルクに慣れてしまう。

序盤のスイッチバックは本当に急なんだけど、トップ付近にはスピードが出るスイッチバックがいくつかあって、それは容赦ないんだ。

 

どのようなセットアップでレースをしていましたか?また、急な上り坂でのライバルからの攻撃をどのように管理していますか?

私は34×30でした。これだけ険しいと、目の前で誰もがブラブラしているのが見え、相手はどこにも行かないことがわかる。

パンチは最後の最後まで取っておくことだ。早い段階で使ってしまうと、急勾配の時に本当に落ちてしまうことがあるからね。

土曜日には、5,000m近くの登山を行い、すべての山岳は非常に急だったが、かなり離れていた。アングリルのステージは短くて甘いものだった。日曜日のパワーは良かったけど、個人的なベストなどはない。

 

ログリッチを助けなかったら勝てたはずだという憶測がたくさんありましたが、ヒュー・カーシーを追いかけることができたと思いますか?

とてもいい気分で、プレッシャーを感じなかった。目標はGCに勝つことであり、ステージの前にそれを知っていた。

プリモッシュがスーパーデーだったら、おとぎ話のような結末で、一緒に攻撃してフィニッシュラインを越えて手をつなぐことができたかもしれない(笑)。

彼の力になれたことが嬉しかった。ハードな登りでも、彼の調子が悪くでも、カラパスとのギャップを10秒に抑えたので、文句は言えません。

 

アングリルやゾンコランのような非常に難しい登山についてどう思いますか? それらのコースは実際にどれだけGCを決定しますか?

急な登りは本当に好きなんだけど、あの超急な登りで大量のタイム差を求めても、ただただゆっくり走っているだけなので難しいんだよね。

あの急な登りでは、自分の努力を測るのはとても簡単だ。勢いがないので、戦術が通用しない。

だから、自分の倍のスピードで攻撃してくる人がいても、彼らは遠くまでは行かない。自分の周りのレースは常にコントロールできる。

彼らには彼らの戦術があると思うが、もし仮にアタックしたのが、その日の最後から2番目の登りで、簡単なフィニッシュが待っていれば、もっと差がつくかもしれない。

このような超急勾配の登りは、いくつかのステージにあってもいいと思う。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Enjoyed the day in the 🔵⚪️🏔 Jersey @lavuelta

Sepp Kuss(@seppkuss)がシェアした投稿 –

 

ツール・ド・フランスでチームが直面したものと比較して、ここブエルタでのレースはどうですか?

ツールと比べると、ここでは違うスタイルだ。コントロールされていない。ここではGCに参加するチームが少ないので、どのステージでもブレイク争いが繰り広げられる。

ブレイクがなくなったと思ったら、それを逃した2つのチームがいて、すべてがまた始まるんだ。

コントロールは難しいが、ステージは少し短くなっていて、ダイナミックになっている。

予測がつかないので、レースをするのも楽しい。コントロールするのは難しいけど、いいレースができるのもいいね。

 

ツールを終えてブエルタに直行した後、シーズンをどのように感じていますか?

本当に気分がいい。ドーフィネではすでに素晴らしい気分だったし、この調子でツールに臨みたいと思っていた。

ツールでは、かなりいい感じだった。今回のレースでは、ツールよりもさらに良くなっているかもしれない。

レースを比較するのは難しい。僕にとっては、シーズンを重ねるごとにいつも良くなっていく。多分、この先何年か後には、シーズン後半にレースをしてスタートを遅くしても問題ないだろう。

今は天気が良かったからそう言っているのかもしれない。毎日雨が降っていたら、そうは言わないかもね。

 

セップ・クスがアングリルに勝利する日は何年後だろうか?   TTが改善されればエースもあるんでしょうけど。軽々と登って勝利する姿を早く見てみたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました