ロードバイクの情報を発信しています!

雪中ライドで Rapha #Festive500 任務完了あやうし

チーム朝練その他

昨晩から雪が降っていて起きて見ると路面は真白。

スタート集合時間を10時としたので、なんとか下れました。

Rapha #Festive500に参加しているので、本日のノルマを達成するべく出陣です。

 

スポンサーリンク

目的地は真白

前方に見える山の向こうに行かないといけないので、たどり着けるのか不安です。

市内の路面には雪はないので一安心。気温は6℃。

 

右手の山を見ると、真っ白!

確実に雪がザンザカ降っているようです。とりあえず行ける所まで行くことに。

 

スタートが遅かったのと、寒いので腹がとてつもなく減るのが早い!

途中の田舎のお店で菓子パンをゲット!

さすが田舎のお店です。ストーブの火は入っていて店は開いています。窓のシャッターおりてたけど。

おばあちゃんがいない(?_?)

ようやく裏から入ってきて、私らにミカンをくれました。

ここでは寒くて食べれないので、ジャージのポケットにいれて走ることに。

 

ついに走行困難に

県道から外れると、すぐに車の交通量が極端にすくなくて雪が残っています。

ここからはシクロクロス状態!

ワダチの雪のない所を選んで走るのですが、ズリッズリッと滑るので

「おおっ、ウワー」と声を上げながらのヒヤヒヤ走行。

橋の上はとくにシャリシャリでほどよいシャーベットになっているので難しい!

ここが走行断念地点です。ここからはマウンテンバイクでないと無理ですね!

 

中々スリリングで面白かった!

まあ、こけなかったので良かったです。気のせいかと思っていたら結構雪も舞ってました。

 

近くのコンビニでドリンク休憩。

 

いつも渡る橋は、さすがに真っ白け。

ここは大人の判断で渡りませんでした。ここまで来てこけるのもねえ~。

 

わずか10キロ戻っただけで晴天に。

気温が4℃くらいになって日差しが出ると、

「あたたかいねえ~。」という会話になってました。

すでに、寒さに関する感覚がおかしくなってます。

 

雪の中でも走れるアイテム達

今日の雪の中のライドは大体2℃くらい。

これだと足先と手先、そして顔をカバーしてないと走れなくなってしまいます。

 

まず足

この長靴。じゃなかったシマノのシューズカバーですが中々良い働きをしてくれます。

私の場合には、つま先にもシューズカバーをしてます。

ソックスはボントレガーだったかな、冬用のソックスです。

雪の中を走って、水がかかっても足先がジンジン痛むということはなかったです。

 

指先

雪で運動強度も高くなく、発汗するような走りでない時には手先も冷えます。

ですが、このグローブはインナーなしで大丈夫でした。

気温が2℃くらいまでしか下がらなかったので、マイナス環境ではどうかわかりません。

昨日も雪の中帰りましたが、手先は大丈夫でした。寒い時には手先が冷えてしまうとブレーキ操作も難しくなるので大切ですよね。

若干冷えも感じましたが、前ほどではないです。これでも冷たくなるようならば薄手のインナーをすれば大丈夫そうです。

 

顔と首

イヤーウォーマーとネックウォマーの機能を兼ね備えているのがバラクラバです。

私のは安い職人さん用のものですが、今日も重宝しました。

首から頭まですっぽりと覆うので寒さにはもってこいです。

首を冷やしてしまうと、心臓に血液が集まってしまうので末端が冷えますからね。

 

今日のように、気のせいじゃなくて雪が降っている場合。

前走者の自転車のしぶきがかかる場合には、頭が濡れてしまいます。

降ることがわかっている場合には、私の場合最初からヘルメットカバーを装着してから出かけます。

頭の寒さも防げますし、急に降ってきても大丈夫。水たまりのシブキも気になりません。

 

まあ、これだけ対策していたも私の場合には寒がりなので冬は遅いです。でも、対策してなかった寒さで走れなくなるので充分にしておかないといけません。

 

Rapha #Festive500のゴールは厳しい

https://www.strava.com/

 

あと、2日で163kmはきつい。特に北方面が雪で走れないのでは難しくなりました。

500キロ ÷ 8日 = 62.5km/日
この寒い時期に一日平均62.5km走るというのは難しいですね。
 

 
Rapfa Festive500とは
クリスマスイブから大晦日にかけての 8 日間で 500km をライドするチャレンジで、ラファが始めました。ストラバチャレンジの中に入ってます。

 

チャレンジすることに意義があるので、あと二日外に出てみることにします!

コメント