雨の日通勤の決定版 レインヘルメットカバー

皆さんは、雨の通勤とか、雨の日ライドの時の装備はどうしてますか?

私は長年自転車通勤してきて、頭の部分だけはレインヘルメットカバーが一番だと思ってます。

これにたどりつくまでには、ヘルメットキャップやレインカッパのフードを利用してました。これらのメリットやデメリットをレビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

最初はレインジャケットのフード

通勤ではモンベルのレインジャケットを長年使ってます。このレインジャケットについているフードを頭にかぶってからヘルメットをしてました。

モンベルのレインジャケットというかカッパですが、少しレビューすると。

横にもジッパーがついていて蒸れることを防ぐことが出来るので中々良いです。運動量と気温にあわせて調節出来るのは考えられていると思います。リュックを背負ってからカッパを着てます。私は細身なので、そんなことも可能です。

ゴアテックスを使用してあるので撥水機能があって通勤ならば十分の性能です。

フードで頭が濡れないのですが、困ることがあります。それは振り向いた時に、後ろが見えないのです。

これは結構問題で、市街地を走る時にはとても危険です。やはり視界は良好にしておきたいですよね。それと暑い時期は使えません。フードだと蒸れます^^;

下もモンベルの製品で、サイクルレインパンツはいてます。のぼり坂は暑いです^^;

レインキャップも使用

パールイズミのレインキャップも使用していた時期がありました。これはヘルメットの下にかぶります。2回ほど購入しました。

使わなくなった理由

  • バイザー部分に細かい傷がついて見えなくなります。
  • バイザーについた水滴で前が見えにくい。
  • 荷物と一緒に入れておくとバイザーが割れます。
  • 完全防水ではないので髪が濡れます。
  • あまり雨が防げない。

これは、私が長い間使うからだと思うことかもしれません。例えば、行きが雨で使用。帰りはリュックサックの中にいれて帰るとします。

そうすると、他の荷物や、入れ方によって透明のバイザー部分が割れてしまうんです。セロハンテープで補修したりしましたがダメでした。

それと、ヘルメットは普通に濡れるんです。これは結構イヤです。ヘルメットの中とあご紐も濡れるので困りものでした。

年に数回しか使用しないのならばOKな製品だと思います。

※私のは随分と前の製品なので、現在は改善されている可能性があります。

レインヘルメットキャップ

そして現在はパールイズミのレインヘルメットキャップを使ってます。ヘルメットにそのままかぶせて使用します。

昨日、雨の中走って、そのまま使って置いておいた写真です。

こんな感じにかぶせておきます。

裏側です。

折りたたむこともできます。ジャージのポケットに入ります。

製品の詳細

重さですが3gしかありませんでした。

サイズはフリーサイズです。大抵のヘルメットにかぶせることが出来るのでは。

ヘルメットキャップに書いてある、注意点を書きうつしますね。

  • 素材は、ナイロン80%・ポリウレタン20%
  • 洗濯ネットにいれて洗ってください
  • 中性洗剤を使用してください
  • ドライクリーニングはできません
  • 洗濯機で水洗い。30℃くらいまで。回転は弱
  • 漂白剤は使用しないでください
  • 色ものは他の衣料と分けて洗って下さい。色移りすることがあります。
  • 水又は汗を含んだ状態で長時間の放置や、袋にいれたまま放置されたり、洗濯液に長時間浸けておいたりすると汚染することがあります。
  • 回転式乾燥機を用いた場合、縮みが発生するので使用しないで下さい
  • アイロンは低温でかけて下さい。

アイロンがけ出来るとは、長年使用してますけど私も知れませんでした。

洗濯自体あまりしたことないです。夏などで連続使用すると汗臭くなるのでその際には手洗いしてます。それで十分OKです。

メリットは

  • 信号の待ち時間で装着可能。あわてなかったら^^;
  • 悪天候が予想される時にポケットに入れておける
  • 頭が直接濡れないのは、精神的にとても楽
  • 何年も使える。私は2個目。1個目はたぶんポケットから落ちた^^;
  • 冬の寒い時には防寒用としても重宝。エアロ効果ありかも(笑い)
  • 連日使用の際には扇風機で乾かせることでOK
  • 少しの雨ならば、自然乾燥で十分

デメリットは

  • 完全防水ではないので、裏側が濡れてます。
  • 雨が止んだと思って外すと、絶対また雨が降る(笑い)
  • 乾かすのを忘れると臭くなる。
  • アセかきの人は夏場だと蒸れるので暑く感じると思います。

寒さ対策にとても有効

気温5℃以下だと、寒さ対策にとても有効だということがわかりました。

しかも、頭皮に直接触れないので汗で湿ることもありません。試しに朝練の帰りに4℃くらいでヘルメットキャップをはずして走ったら、頭の寒いこと寒いこと。

まあ、ヘルメット自体に風を通す穴があいているのだから当然ですよね。特に長い下り坂の場合の効果は素晴らしいです。距離が長いほど冷えますから当然ですよね。

色は、真黒以外にもこんなシルバーが真ん中に入ったものもあるようです。

まとめ

長年このヘルメットキャップだけは使ってますが、不満はないです。収納も小さくなるし、使いやすいので便利です。ただ完全防水ではないです。30分くらい乗っていると、裏側が湿ってます。

レースでも使用したことがありますが、髪が直接濡れるのと、濡れないのでは身体の冷えにも影響してくるのでかぶっていたほうが良いと思いました。

雨の日通勤の決定版と題してますが、頭についてはこのヘルメットカバーで決定してます。その他については、特にレインシューズカバーについては、まだまだ探求中です。また良いものがあったら紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする