ロードバイクの情報を発信しています!

ラファエル・マイカがBORAからUAE-Team Emiratesに移籍 タデイ・ポガチャルを助ける

海外情報
photo majkarafalofficial instagram
この記事は約4分で読めます。

ラファエル・マイカが BORA-hansgroheからUAE-Team Emiratesに移籍する。

現在、マイカはジロ・デ・イタリアで総合6位。今回のジロではBORAでは総合エースを務めている。

このラファエル・マイカがUAEに加わるということは、タディ・ポガチャルのツール連覇のためのアシスト強化となるはずだ。

この移籍により、UAEはより強固なチームとなることは間違いない。

 

スポンサーリンク

2年契約で移籍

UAEもラファエル・マイカの到着を歓迎

 

上の写真は、2016ボーランド国内選手権チャンピオンになった時のものだ。

ラファエル・マイカの山岳での強さは2014・2016ツール・ド・フランスの山岳賞を取っていることからもわかる。

この時にはTinkoff – Saxoから出場していたが、チーム解散に伴い2017年にBORA – hansgroheにサガンと共に移籍。

2019ジロとブエルタで共に総合6位となっている。

 

ラファエル・マイカは、

私は必要に応じてポガチャルをアシストする。だが、できる限り自分自身のためにチャンスを切り開くようにするつもりだ。

それは、ティレーノ・アドリアティコ、ツールドスイス、そしてブエルタ・ア・エスパーニャのようなレースで、良いボジションを見つけようと思う。私は典型的なポーランド人ライダーではない。

私は暑さが大好きだ。

グランドツアーでも十分エースとして走れる実力を持っている。また、1週間程度のステージレースではエースを務めるはずだ。

 

 

 

ラファエル・マイカが加わることで、UAEの山岳アシストはより充実する。タディ・ポガチャルが山岳で孤立することもなくなるはずだ。

逆にBORAは、マイカの代わりにウイルコ・ケルデルマンを変わりに考えている。更にクラシックライダーとしてニルス・ポリッツの加入。更に5人のネオプロを契約している。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました