ロードバイクの情報を発信しています!

ドメニコ・ポッツォヴィーヴォは40歳でIsrael – Premier Techと契約

海外情報
Photo credit: sarflondondunc on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

Intermarché – Circus – Wantyとの延長契約が得られなかったドメニコ・ポッツォヴィーヴォ。

Israel – Premier Techと3月6日から契約となった。

ティレーノ〜アドリアティコ でレース復帰と噂されていたのだけど、これには間に合わなかった。UCIの手続きとかで遅れたようだ。

 

スポンサーリンク

1年契約

 

ドメニコ・ポッツォヴィーヴォは、Israel – Premier Techの30人目のライダーとして契約。

3月21日のコッピ・エ・バルタリからレース復帰となる。その次はジロ・デ・イタリアが予定されている。

2022ジロ・デ・イタリアでは、39歳で総合8位。十分にチームのエースとして走れる力を持っている。

ドメニコ・ポッツォヴィーヴォは、公式サイトで以下のようにコメント。

チームなしで、辛く困難な数ヶ月のトレーニングだった。チームに参加できたことは大きな成果だ。同時に、非常に良いシーズンに向けて積み上げるためのスタート地点でもある。

いつもより少し遅いスタートだが、モチベーションは同じだ。

ジロ・デ・イタリアは今シーズンのメインゴールのひとつであり、僕にとってはトップ10に入ることが目標となる。

自分の年齢や、これまでのキャリアで起こった事故や回復のことを考えると、とても重要な結果だと思う。しかし、今シーズンの目標はジロだけではない。

シーズン中の重要な1週間のレースではGCに入ることができると思うし、イタリアの最後のクラシック、特にイル・ロンバルディアは私にとても合っているレースなので、良いコンディションで臨むことができると思う。

私を信じてくれたIPTの経営陣に感謝したい。特にFantiniのヴァレンティーノ・スキオッティ(Valentino Sciotti)は、私の才能を認めてくれて、チームへの加入を後押ししてくれた。

 

Israel – Premier Techにとっても、ダン・マーティンの引退以降、総合ではマイケル・ウッズ、ヤコブ・フルサン、ディラン・トゥーンスがいる程度だった。

ただ、彼らもトップ10を狙うという感じではなくステージ優勝狙いだ。

ドメニコ・ポッツォヴィーヴォが、トップ10を狙うのは現実的な目標となるだろう。まずは、コッピ・エ・バルタリでの走りを注目してみておきたい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました