ロードバイクの情報を発信しています!

プロサイクリングチームのスポンサーシップの変貌

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6122/the-changing-face-of-pro-cycling-team-sponsorship海外情報
この記事は約9分で読めます。

プロサイクリングチームでは、名前の変更や早期閉鎖が頻繁に発生します。

しかし、主要なスポンサーを維持するためのより良い方法を検討している人もいます。

チームスカイが来年の新しいスポンサーを見つけたようです。 しかし、最近のサイクリングでスポンサーシップを確保することは実際にはどれほど難しいのでしょうか?

シーズンごとにチームの存続を確保するためにチームマネージャーは何をする必要がありますか? スポーツが見るべきで別のモデルがありますか?

 

スポンサーリンク

大変な仕事です…

https://twitter.com/borahansgrohe?lang=da

「スポンサーを見つけるのは非常に難しい。なぜならそれは多額の資金と予算が高いからだ」と語るのは、ドイツのBora-​​Hansgroheチームリーダー、Ralph Denk氏。チーフライダーとして元世界チャンピオンのピーターサガン 。

Denk氏はまた、投資家の具体的な目標やモデルに応じて、チームマネージャとチームは、彼らにアプローチするための具体的な方法と、投資収益率(ROI)を示すために様々な方法を考え出す必要があると述べています。

「すべてのスポンサーはユニークで異なります」とDenkは説明します。

しかし、過去5年から10年の間に予算は大幅に増加しました。 私たちがWorldTourチームと言えば、予算は2000万ユーロです。 WorldTourチームの平均は約16〜1700万ユーロであると報告されています。ROIはまだ良好です。

ですが、2000万ユーロを超える投資収益率は、スポンサーにとってはそれほど魅力的ではありません。」

2010年にTeam NetAppとして設立されたBora-​​Hansgroheは

  1. 2013年から2014年にTeam NetApp-Endura
  2. 2015年から2016年にBora-​​Argon 18
  3. 2017年からBora-​​Hansgrohe

と変わっています。

https://twitter.com/borahansgrohe?lang=da

創業以来のチームのビジョンと目標は、常に投資家にグローバル規模での良好なROIを保証することであったが、メディアへの露出と優れた内部コミュニケーションとホスピタリティポリシーの良好な組み合わせも保証することでした。

Bora-​​Hansgroheは、他の多くのサイクリングチームと同様に、年間予算の実際の数字を共有していませんが、Team Skyの数字に近くないことは明らかです。 Bora-​​Hansgroheは他のWorldTourチームの平均に近いです。

 

ROIとは

ROIとはReturn on investmentの略で、投資した資本に対して得られた利益のことを指す。投資利益率のこと。

 

…しかしチームはより安定しています

https://twitter.com/JumboVisma

オランダのチームJumbo-Vismaもこの5年間で多くのスポンサーとチーム名を変えました。

  1. 1996年から2012年までRabobank
  2. 2013から2014年のBelkin
  3. 2015-2018 LottoNL-Jumbo

彼らは、昨年の○○○チームのとして紹介されてますが、面倒ですよね。

2012年にサイクリングジャーナリストのRichard Pluggeがチームを統括しました。

彼らの予算はラボバンクがこれまで持っていたものに匹敵するものではありません(PluggeはWorldTour平均チーム予算の低い範囲の予算を持っていると言いました)

しかし、過去10年間でサイクリングチームはますます安定するようになり、彼らは長期間生き残ることができると示しています。

「もちろん後援者を見つけるのはまだ難しく、スポンサーが立ち去ったためにチームを閉じなければならないこともありますが、いくつかのチームは生き残れました」とPlugge氏は言います。

「今ではより安定した構造になっています。チームによって多くの作業が行われており、一般により安定しています。」

Plugge氏によると、優れた構造を持ち、社内でプロ意識を示し、高い評判を得ていることは、投資家をスポーツに引き付ける重要な要素です。

https://twitter.com/JumboVisma

「私たちは自分たちがしていることを彼らに伝え、サイクリングチームが彼らにとって何を意味するのかを説明する必要があります」と彼は言います。 ‘2012年の私たちの主な目標は生き残ることでした。 それを終えて、私たちが持っている若いライダーの上にチームを作り、それらを発展させることを目的とした5年計画を楽しみにし始めました。

「私の哲学は、結果を得るために私たちは毎日一生懸命努力しなければならないが、若い才能を見つけてそれを大スターに発展させるのにも、賢くそして効率的でなければならないということです。」

 

勝つことだけではありません

https://twitter.com/UCI_cycling

サイクリングにはさまざまな種類のスポンサーシップがあります。 最も一般的なものは、個人投資家が大きなチェックを入れてジャージにその名前を付ける「商業的なもの」です。

あるいは、サイクリングチームは、全国および全国連盟(アスタナ・メリダ・UAE・カチューシャ・アルペシンなど)、または裕福な民間のドナー(自転車好きの大金持ち)を見つけることで支えられることもできます。

https://twitter.com/UCI_cycling

最後に、これら2つのアプローチを組み合わせた混合モデルがあります。 しかし、どのような状況でも、チームはフィニッシュラインでの勝利で手を空に上げただけでなく、投資家に何かを返す必要があります。

「私たちはスポンサーと非常に密接に協力して彼らの投資の良い成果を得ています。そして私たちは彼らの投資のテレビ、メディア、そしてオンラインでの価値観を見ています。コストを抑制するために。

サイクリングチームの予算の最も高価な部分は、合計で全体の75〜80%を占めるライダー(およびスタッフ)の給与です。

スポンサーがこれらの側面をカバーしていない場合、残りは旅費、宿泊費、インフラストラクチャ、ハードウェア、およびさまざまな機器に費やされます。

支出総額のうち、スポンサー投資は通常予算の95%までをカバーしますが、商品化のような他の収入源からカバーされるのは5%だけです。

https://twitter.com/TeamSky

チームスカイモデルが教えているように、市場で最高のライダーに支払う(または維持する)余裕があれば、レースに勝つ可能性も高くなります。 しかし、サイクリングのビジネスでは、勝つことがすべてではありません。」

とPlugge氏は言います。

しかし、ほとんどの場合勝てません。 昨年のQuickStepの70勝も、285日間のレースから生まれました。

https://twitter.com/deceuninck_qst

それでも70勝を挙げても、彼らは将来を確保するのに、aututmnnまで2019年のメインスポンサーを見つけるのに苦労しました。

「だからこそ、チーム全体のマーケティングが順調に進んでいることを確認するための準備が必要です」とDenkは言います。

他のビジネスモデル?

https://twitter.com/UCI_cycling

ロシアの銀行家ティンコフが2016年の終わりにサイクリングを去ったとき、彼はスポーツのビジネスモデルが変化を必要とすると言いました。 それ以来、ビジネスモデルをより有益にすることについて多くのことが言われてきました。

主催者とチームの間でテレビの権利を共有する。給与と予算の上限などの選択肢が提案されています。 スポーティなチームはそれぞれ異なる意見を持っていますが、彼ら全員がシステムを改善することができ、また改善すべきであることに同意しているようです。

テレビの権利を主催者と共有することに関して、DenkもPluggeも、それにチームが注力すべきではないという点を認めています。

https://twitter.com/UCI_cycling

「第一に、サイクリングレースのテレビ放送の制作費は他のスポーツよりも高いです。レースにはヘリコプター、たくさんのバイク、そしてたくさんの装備を必要としています」とDenkは言います。

私はこれが何人かの人々が考えるほど役立っているとは思わない。

「私たちが話しているのは巨額のお金ではありません。私たちは現実的でなければなりません。 私たちがすでに米国のスポーツで行ってきたように、 UCIからの予算上限がもっと役に立つと私は思います。

UCIは、ライダーの給料を管理し、超裕福なチームと平均的なチームとのバランスをとるために、もっと努力しなければならないと思います。」

https://twitter.com/UCI_cycling

Pluggeは、テレビの権利は主催者によって保持される可能性が高いと考えています。

しかし、予算の上限を設定すべきではないと考えています。 チームが成長できる場合は、成長させてください。 それはプロのスポーツで、成長させるべきです。

Plugge氏によると、今後の方向性は、新しいシリーズやレースに関するチーム、オーガナイザー、UCIの間の緊密な協力関係が必要であり、より多くの利益を共有し、より多くのお金をサイクリングにもたらす可能性を考えています。

「私たちは正しい道を進んでおり、UCIのボスであるDavid Lappartientもそれを約束しています」とPlugge氏は言います。

「それはすでに始まっており、ゆっくりと進行しているので時間がかかるでしょうが、時代は変わりつつあります。」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました