ロードバイクの情報を発信しています!

クリテリウム・ドーフィネの総合2位に失望を隠せないティボー・ピノ

海外情報
Photo by Francisco Gonzalez on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ティボー・ピノにとっては手の中にあった総合勝利がすり抜けてしまった感じだ。

最終ステージをスタートする前に、プリモシュ・ログリッチがリタイヤ。リーダージャージ不在のままレースはスタート。

注意すべき相手は、

  • 10秒差のギョーム・マルタン
  • 12秒差のミケル・ランダ
  • 12秒差のダニエルフェリペ・マルティネス
  • 18秒差のミゲル・アンヘルロペス

この4人だった。早い段階でナイロ・キンタナはリタイヤしているし彼らをマークしていれば良かったのだ。

レース後にインタビューに答えているティボー・ピノの話を聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

失望しかない

 

今回の2位に満足できるのか?

いや、今朝設定した目標を達成できなかったからだ。ただただガッカリした。勝つために必要なことをしていなかった。自分を責めることしかできない。

 

今週の努力の積み重ねに見合ってましたか?

最初の登りからすぐにリーダーの争いが始まってしまった。ここで、多くの足を使っている。

それが最後に見逃したことにつながった。足の調子はいいと思っていたので、そんなに悪くないと思っていたのだが…。

しかし、彼ら(ダニエルフェリペ・マルティネスとミゲル・アンヘルロペス)がドマンシーの登り始めにアタックしても、全く反応しなかった。

急に手を離してしまった。復帰までに時間がかかってしまったが、すでに1分以上遅れていた。自分自身に腹が立つしかない。

 

ドーフィネに勝つ脚がなかった

 

どのようにして行動に移すことができたのでしょうか?

今週私たちが行った仕事について、私をたくさん助けてくれたSeb(セバスチィアン・ライフェンバッハ)のことを考えた。

それからジュリアン(アラフィリップ)がたくさん励ましてくれたし、次に助けてくれたワレン・バルギル。

彼らは、ちょっとした後押しをしてくれた。そして、私は自分の全てを捧げた。こんなに疲れてステージを終えることは滅多にない。

 

このドーフィネからどんな教訓を得ましたか?

知らないし、知らないし、知らないし、知らないし。というか、そうですね、私の状態は良好です。このハードなレースで2位になるのは、良い感覚を持っていないと無理ですよね。

しかし、私には勝つための何かが欠けていて、結局、この(日曜日の)夕方に覚えているのは、このドーフィネに勝つための脚がなかったということです。

 

ティボー・ピノはダニエルフェリペ・マルティネスとミゲル・アンヘルロペスのアタックに反応出来なかった時、明らかにいら立っていた。位置的にも少し後ろだったこともあるだろう。

勝負の分かれ目は一瞬で決まる。逃してはいけない大事な場面で反応出来ない自分に悔やんでいるだろう。

この借りはツール・ド・フランスで返すしかない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました