ロードバイクの情報を発信しています!

ファビオ・アルの9年 9つの勝利と楽しい顔をありがとう!

海外情報
Photo credit: marcoverch on Visualhunt.com
この記事は約4分で読めます。

ブエルタ・ア・エスパーニャで引退を発表していたファビォ・アル(Team Qhubeka NextHash)。

最後の個人タイムトライヤルを笑顔で締めくくって引退となった。

 

スポンサーリンク

ラストダンス

 

31歳の元イタリア人チャンピオンにとっては厳しい数年だった。

彼のキャリアは2014年から2017年の間にピークに達し、2015年のブエルタで総合優勝。3つのグランドツアーすべてでステージ優勝を果たした。

そして、黄金時代以来、時に輝きを見せてきたが、ファビオ・アルは4年間の間に彼がしたのと同じ高さに完全には達していない。

2018年には、グルテン不耐性(過敏症)、小麦アレルギーを発症。ようやく不調の原因がわかる。

 

2019年には、腸骨動脈手術の手術。復帰に時間を要した。

 

2020年には、エブスタンイン・バー症候群の診断を受ける。

 

だが、2021年はここ数年間で彼のベストシーズンであり、7月のシビウサイクリングツアーと8月のブエルタ・ア・ブルゴスの両方で総合2位となった。

ブエルタでは、胃の問題が計画を狂わせ、総合10位から転落してしまう。リタイヤの危機に瀕していたが、総合51位でレースを終えることが出来きた。

途中では逃げにも乗って楽しませてくれた。

何年もの間、アルは山での爆発的で感情に満ちた攻撃だけでなく、プロサイクリングで見た中で最も表現力豊かな顔のゆがみで私たちを楽しませてきた。

Faces of AruInstagramのインスタグラムが熱狂的なファンを惹きつけたのには理由がある。

ギャラリーは、アルのキャリアからのハイライトと、彼が長年にわたって私たちを楽しませてきた多くの素晴らしい表情のいくつかの選択の両方を特集している。

とても面白いものだ。

 

ファビオ・アルの全ての勝利

 

ファビオ・アルの全ての勝利は

  • 2014  ジロ・デ・イタリア 第11ステージ優勝
  • 2014 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第11ステージ優勝
  • 2014 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第18ステージ優勝
  • 2015   ジロ・デ・イタリア 第19ステージ優勝
  • 2015    ジロ・デ・イタリア 第20ステージ優勝
  • 2015    ブエルタ・ア・エスパーニャ優勝
  • 2016 クリテリウム・ドーフィネ 第3ステージ優勝
  • 2017 イタリア選手権ロードレース優勝
  • 2017 ツール・ド・フランス 第5ステージ優勝

 

2014ジロ・デ・イタリア総合3位、2015年ジロ・デ・イタリア総合2位、2017ツール・ド・フランス総合5位。2014ブエルタ・ア・エスパーニャ総合5位。実に輝かしい。

ファビオ・アルの、すべての娯楽、素晴らしいキャリアを祝福したい。そして次に来るものすべてに最善を尽くしてくれてありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました