ロードバイクの情報を発信しています!

Movistar Teamが一気に12人の契約延長を発表 移籍獲得選手は?

海外情報
Photo credit: steeedm on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

Movistar Teamは、2024年に向けて20人の選手登録を確定している。

今回は、12人の契約延長を一気に行っている。その中にはフェルナンド・ガビリア、イバン・ガルシア、エイネルアウグスト・ルビオが含まれる。

 

スポンサーリンク

12名の契約延長

 

契約延長されたのは

  • イバン・ガルシア 2026年
  • エイネルアウグスト・ルビオ 2026年
  • ゴンサロ・セラノ 2026年
  • フェルナンド・ガビリア 2024年
  • マティアス・イェルゲンセン 2026年
  • ヨハン・ヤコブス 2024年
  • アルベルト・トレス 2024年
  • ウィル・バルタ 2025年
  • グレゴール・ミュールベルガー 2025年
  • ホルヘ・アルカス 2025年
  • アントニオ・ペドロ 2025年
  • ネルソン・オリヴィラ 2025年

 

すでに契約を継続しているライダーは8人。

  • アレクサンデル・アランブル 2024年
  • オイエル・ラスカノ 2024年
  • ヴィニシウス・ランゲル 2024年
  • イバン・ソーサ 2024年
  • セルヒオ・サミティエ 2024年
  • ルーベン・ゲレイロ 2025年
  • イバン・ロメオ 2025年
  • エンリク・マス 2025年

20人が確定している。残り10人となる。

 

移籍は

マッティオ・ヨルゲルソンがJumbo-Vismaへ。

 

ゴルカ・イサギレがCofidisに。

 

マックス・カンターはAstana Qazaqstan Team に。

 

カルロス・ベローナはLidl-Trekに。

 

マッティオ・ヨルゲルソンがいなくなったのは、かなりの戦力ダウン。さらに、ゴルカ・イサギレも放出しており、エンリク・マスの山岳アシストが手薄になるのでは。

移籍獲得選手は、これから発表だというけれど、良い選手がこないと厳しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました