ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-VismaはMovistar Teamのマッティオ・ヨルゲルソンも獲得

海外情報
Photo credit: Martino Photography on Visualhunt
この記事は約2分で読めます。

Jumbo-Vismaは、Movistar Teamの期待の若手、マッティオ・ヨルゲルソンを獲得した。

逃げに良く乗っており、将来性は非常に高いライダーだ。

 

スポンサーリンク

3年契約

 

マッティオ・ヨルゲルソンは、2019年AG2R Citroën Teamのtrainee(研修生)を経て2020年Movistar Teamと契約している。

プロ初勝利は2023ツアー・オブ・オマーン第3ステージ。Soudal – Quick Stepのマウリ・ファンセベナントとの登りスプリント決戦を制している。この走りで総合優勝も勝ち取った。

 

その後も2023年シーズンは好成績

  • 2023 パリ~ニース総合8位
  • 2023 E3 サクソクラシック4位
  • 2023 ロンド・ファン・フラーデレン9位
  • 2023 ツアー・オブ・ロマンディ 総合2位

ツール・ド・フランスでも第9ステージ4位、第12ステージ3位。これほど、将来性の高いライダーを何故、Movistar Teamは手放すのかわからない。

 

マッティオ・ヨルゲルソンのコメント

このチームに参加した多くの選手が、その後良いパフォーマンスを見せるようになった。すべてのフィールドで勝利を目指して走るチームの一員であることが、私が最も楽しみにしていることだ。

それが自分のためであれ、チームメイトのためであれ、私には関係ない。勝利のために戦うこと、それが僕のモチベーションなんだ。

これまでの話し合いで、僕はこのチームにとても合っていると思う。この決断を慎重に考えたし、Jumbo-Vismaの一員になることをとても楽しみにしている。

このチームに加入した多くのライダーが、その後良いパフォーマンスを見せるようになった。それはチームについて多くのことを物語っている。私は自分自身と自分のキャリアから最高のものを引き出したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました