ロードバイクの情報を発信しています!

ミケル・ランダがレムコ・エヴェネプールのアシストに

海外情報
Photo credit: waterboyzoo on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

Bahrain Victoriousのミケル・ランダが噂通りにSoudal – Quick Stepに移籍発表となった。

Team SKY時代には、クリス・フルームのアシストとして貢献。2017年には自らも総合4位に入る好走を見せている。

Soudal – Quick Stepでは、2024ツール・ド・フランスで総合優勝を狙うレムコ・エヴェネプールのアシストとなる予定だ。

 

スポンサーリンク

2年契約

ミケル・ランダが出てこない小芝居のお知らせ

 

ミケル・ランダは、2011年Euskaltel – Euskadiでプロデビュー。プロ初勝利は、2011ブエルタ・ア・ブルゴス第5ステージ。

ジロ・デ・イタリアではステージ3勝。2017年にはジロ・デ・イタリア山岳賞も獲得している。2021ジロ・デ・イタリア総合3位。キャリア16勝をあげている。

 

2023年シーズンの勝利はないけれど堅実な走りをしている。

  • ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ 総合7位
  • ブエルタ・ア・アンダルシア 総合2位
  • ティレーノ〜アドリアティコ 総合7位
  • ボルタ・ア・カタルーニャ 総合5位
  • イツリア・バスクカントリー 総合2位
  • フレッシュ・ワロンヌ 3位
  • クリテリウム・ドーフィネ 総合22位

ただ、ツール・ド・フランスでは総合19位と期待外れの結果に。Bahrain Victoriousのエースだったミケル・ランダがSoudal – Quick Stepに移籍するのは、全て2024年ツール・ド・フランスのレムコのアシストのためだ。

 

ミケル・ランダのコメント

Soudal – Quick Stepは、いつも尊敬している素晴らしいチームだ。外から見ていて、選手たちがどんな状況でも団結し、常にリーダーをサポートする姿にいつも感心していた。

これまでイタリアのチーム、スペインのチーム、イギリスのチームに在籍してきたが、今はベルギーの文化を発見するのが楽しみだ。

この新たな挑戦と、レムコの目標をサポートできることを嬉しく思うし、モチベーションも上がる。

特にグランツールでは、表彰台争いをしたり、他の選手の勝利を手伝ったりした経験がある。若いライダーをサポートするのはいつも心地よかったし、ここでの生活に溶け込めると思っている。

次のシーズンでは自分のベストを尽くしたいし、レムコを大いに助けることができると確信している。同時に、チャンスを与えられたら、自分自身でも良い結果を残せる自信がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました