ロードバイクの情報を発信しています!

ミハウ・クフィアトコフスキは肋骨骨折したままミラノ~サンレモを走っていたことが判明!

海外情報
Photo by Vicky Sim on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ミラノ~サンレモを17位でゴールした、ミハウ・クフィアトコフスキ(INEOS Grenadiers)は、骨折したまま、レースを走っていたことを告白している。

骨折したのは、3月3日に行われたイタリアのセミクラシックレース、トロフェオ・ライグエーリア。

落車した時に、肋骨骨折していたようだ。

 

画像引用 PHOTO NEWS

この時、すでに折れていたのだけど気付かなかったのだろうか。多分、病院でレントゲン撮影をしなかったのだろう。

ミハウ・クフィアトコフスキは、最高の状態に戻るために少し休憩するとツイッターで述べている。

 

スポンサーリンク

ミラノ~サンレモではイネオスはベストではなかった

こちらはトロフェオ・ライグエーリアで落車したあとに投稿された写真。これはひどい。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Michał Kwiatkowski(@kwiato)がシェアした投稿

 

この後、ストラーデ・ビアンケはDNF。落車から1週間後にはティレーノ・アドリアテッコに出場して総合51位でゴールしている。

続いて、ミラノ~サンレモにも出たのだから凄い。イネオスは、まずフィリッポ・ガンナがティレーノ・アドリアテッコ以降、インフルエンザで万全ではなかった。

それでも、最後のボッジョではチームのために引いてたけど。

 

トム・ピドコックは1週間ほど膝の軽度の腱炎でトレーニングセッションを切り上げている。決してベストではなかった。

更に、ミハウ・クフィアトコフスキも肋骨骨折が完全に治っていない状態では、ゴールに絡むことが難しいのは当たり前だろう。

イネオスは決勝には残ったが、ベストな状態のライダーは一人もいなかったことになる。

 

ミハウ・クフィアトコフスキは休憩に

 

ミハウ・クフィアトコフスキは3月22日にツイッターに投稿。

今日判明したのは、肋骨を骨折しているということです🙃

トロフェオ・ライグエーリアでのクラッシュ以来、肉体的にも精神的にも、イタリアのキャンペーンは簡単ではありませんでした。

「最高の状態になるための休息」モード ON

多分、あんまりにも痛いので病院に行ってみたということだろう。

ミハウ・クフィアトコフスキの次のレースは、ドワーズ・ドール・フラーンデレンだが、石畳のレースは肋骨骨折しているのだから、スキップしたほうが良いのではないかな。

これまでは、舗装道路だったので良かったけれど、振動の多いレースは厳しいだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました